現在、ブログリニューアル中なので雰囲気の違う新記事と旧記事が混じっています

実家暮らし独身OLさくらの家計簿公開。リアルな支出と家計簿のコツをまとめました!

家計簿と電卓 無理なくできる「しくみ」を作る

このページでは、実家暮らし独身OL時代の家計簿と、その時にやっていた家計簿のコツについて紹介しています。

当時のわたしはこんな感じでした。

  • 彼とは遠距離?中距離?恋愛中(月1-2回会う)
  • お洋服を買うお金は、セールの時は主にボーナス、セールじゃない時は毎月のお洋服代から
  • 美容院は2.5か月に1回ぐらい
  • 仕事のランチは、お弁当かコンビニか外食
スポンサーリンク

実家暮らし独身OLさくらの家計簿公開

さくらの収入

残業によって大きく違うのですが、わたしの収入は

  • 手取り月収21~30万円(差がありすぎ💦)
  • ボーナスは月2回

です。基本的に残業が多かったので平均すると月25万ぐらいかも?

さくらの支出

独身時代の最後の方(やりくりに慣れた頃)の予算は20万円だったので、その支出の内訳を公開します。

固定費(105,000円)

項目予算(円)
家に入れるお金20,000
奨学金の返済25,000
医療保険3,000
携帯代4,000
純金積み立て3,000

家に入れるお金が少ないんだけど、奨学金の返済があるからいいよっていうことでこの金額になってます。

変動費(95,000円)

項目予算(円)
お昼代5,000
おこづかい(雑費)6,000
スキンケア代8,000
メイク代5,000
美容院代6,000
ジム代7,000
病院代3,000
お洋服代10,000
デート代25,000
交際費10,000
プレゼント代10,000

実家暮らし独身OLさくらの家計簿のコツ

実は、上の表にはわたしが家計簿でやりくりできるようになった4つのコツが隠れています。

表を見ただけでは全然わからないので、紹介すると……

  • 一部の予算は繰り越し型予算で管理している
  • 家計簿は手抜きのつけ方を愛用している
  • 美容費が妙に細かく分かれている理由
  • スライド貯金をやってる

一部の予算は繰り越し型予算で管理している

実は、固定費とお昼代、お小遣い以外の予算は、あまったら次の月に回す「繰り越し型予算」で管理しています。

なぜなら、繰り越し型予算だと月ごとの支出の波が抑えられるので赤字にならないからです。

例えば、スキンケアって、運が悪いと同時になくなって買わなきゃいけなくなったりしませんか?

そんな時でも、繰り越し型予算で管理していれば買わなかった時の予算を回せるので、同時にスキンケアがなくなっても赤字になりません♪

繰り越し型予算(予算の決め方)は下の記事で紹介しているので、気になる方は読んでみてください☺

家計簿の正しい予算の立て方。予算が守れない家計から抜け出す方法
...

家計簿は手抜きのつけ方を愛用している

家計簿をきちんとつけてるのは、変動費の

  • スキンケア代
  • メイク代
  • 美容院代
  • ジム代
  • 病院代
  • 被服費
  • デート代
  • 交際費
  • プレゼント代

だけ。

細かく分けると続かない、でも、ざっくり5つに分けると今度は予算がぐちゃぐちゃになって失敗……と

ちょっと問題児だったわたしでも、この方法でようやく続けられるようになりました!

何でこれらの項目だけなのか?については下の記事で説明しているので、興味があったらどうぞ♪

家計簿がめんどくさい人必見!月数回書けばOKのずぼら家計簿のつけ方とは?
...

美容費の分け方が妙に細かい理由

美容費だけ妙に細かく分けているのは、全部まとめると予算が混じりすぎて、何にどれぐらい使えるか?がすっごくわかりにくいからです。

そのせいで、美容費が赤字になることが多かったので、細かく分けるようにしたら突然の赤字が激減!

昔のわたしみたいに、予算が大きくて読めきれなくて赤字になる……っていう人は、わたしの項目の決め方が参考になるかも?

項目の数はちょっと増えるけど、家計簿が手抜きのせいでそんなにめんどくさくないですよ♪

これですっきり☺︎家計簿の項目の決め方。家計管理が楽になる費目の分け方一覧。
...

スライド貯金をやってる

実は、自分のごほうび用の予算のために「スライド貯金」をやっていました。

スライド貯金って知ってる?6回成功したわたしが語る1ヶ月分の生活費が貯まる秘密を一挙公開♪
...

スライド貯金のおかげで、ちょこちょこ欲しいものが買えてストレスなくやりくりできたのかな?って思ってます。

実家暮らし独身OLさくらの家計簿まとめ

最後に、収入ー支出=月1~10万円ぐらいあまるのですが、それはすべて「あまり貯金」として貯金しつつ、赤字になった項目があれば、赤字補填用の予算として使っていました。

(赤字補てんは繰り越し型予算のおかげで月1万円もつかうことはなくて、数千円ぐらいでした。)

また、ボーナスについては記録してないので、細かいことは忘れちゃったんだけど

  • 貯金(50%~)
  • 冠婚葬祭費
  • セール代
  • 旅行代

に使っていました。

以上、わたしの独身時代の家計簿が参考になったらうれしいです。