節約している自分をみじめと思っちゃう人へ。みじめと思わなくなったきっかけを紹介します

貯金・節約に挫折しそうになった時

B子さん
自分だけが節約している気持ちになってきた。周りは楽しそうでいいな。なんか、ちょっとみじめ……

わたしは浪費家時代、「隠れ」見栄っ張りな女子でした。

「お金があるように見せたくて」お金を使っていたので、お金が使えないってなるとやっぱりみじめな気持ちに。

今思うと、何回も貯金に失敗した原因の一つは「どうしてもみじめに思ってつらかったから」かもしれません。

だけど、よく考えると節約中の自分をみじめだと思うのは、頑張っているからこそ

でも、頑張っているせいでみじめな気持ちになるより、頑張っているからこそ、気持ちが明るくなれたほうがいいですよね。

そこで、昔のわたしがどうやってみじめって思う気持ちを乗り越えられたのか?について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

節約している自分をみじめと思う原因

突然ですが、一つ質問です。

節約って「お金がないから」するものだと思っていませんか?

……

普通、「お金がないから」って思いますよね。

昔のわたしもお金がないから節約をはじめました。

でも、節約する本当の理由は「お金がないから」じゃありません。

節約を頑張っている本当の理由は「叶えたい夢、守りたいもの」のためなんです。

今、節約を頑張っているのは

  • ステキな結婚式をあげたいから、お金を貯めたい
  • 夢を叶えたいから、お金を貯めたい
  • 将来が心配だから、お金を貯めたい
  • 家を買いたいから、子供の学費を用意したいからお金を貯めたい

こういう理由だと思います。それって、自分の夢や守りたいもののためっていうこと。

「収入が少なくて、やりくりしないと厳しいから」っていう理由でも一緒。

なぜかというと、家庭を守りたいっていう気持ち(夢)があるから、やりくりしようって思うんです。

家族なんてどうでもよかったら、やりくり頑張ろうなんて思えません。

だって、毎食カップラーメンとか菓子パン1個だっていいわけです。どうでもよければ。

だけど、なるべく栄養があるものを、おいしいものをとか家族のことを考えるからやりくりが大変になります。

なんでこんなことを言うのかというと、「お金がないから節約」「夢のための節約」じゃ気持ちが全然違うからです。

「お金がないから節約」って思っていると

「節約しているのはお金がないから」
「お金がないわたしはみじめ、つらい」

って思ってしまうので、どうしてもみじめな気持ちになります。

でも、「叶えたい夢や守りたいもののための」節約だと、

「節約しているのは夢に向かって頑張るため」

「夢に向かって頑張っているわたしは…、みじめ?!、つらい?!」

って思うの、変ですよね?

だから、「みじめ」とか「つらい」って思いにくくなるんです。

つまり、同じ節約をしてても気持ちが前向きになれます。

ブログでよく見る上手に節約している人たちも、実はこんな風に思っているから楽しく節約しています。

節約=みじめじゃない、節約=夢を叶えるもの

「夢をかなえるために」「守りたいもののために」節約してるっていうのは、当たり前すぎてなかなか意識しにくいです。

意識しにくいから、「節約=お金がない=みじめ」って思ってしまいます。

だけど、本当は「節約=夢を叶えるもの」

そして、夢に向かって、守りたいモノのために一生懸命頑張っていることは、客観的に見てステキなこと。

「今は」お金がつかえなくてちょっとみじめに思っても、数年後は夢のために頑張った自分が誇らしくなります。

ただ、そうはいっても、時にはやっぱりちょっとつらくなっちゃうときがあるかもしれません。

そういう時は、このページに来てゆっくりしていってくださいね。