ボーナスで買い物するときの注意点。お金が貯まる人が全員やってるお金の使い方。

節約上手な人の「お金の使い方」
B子さん
もっとボーナスが欲しい~!
C子さん
ボーナスが全然足りないよ~!!

って思ってるのに、そういえば同僚は「ボーナスがもっと欲しい!」ってあんまり言わないかも?

「物欲がないのかな?」

今回は、そんな風に同僚に対して思ったことがある方向けの記事です。

実は、同じボーナスをもらって同じモノを買ったとしても、お金の使い方が「少し」違うだけで、幸せの感じ方は大きく違うって知っていますか?

もしかしたら、それが原因であなただけ「ボーナスが足りない~!」って思っているのかもしれません。

そこで、どうして同じモノを同じボーナスで買っているのに差が出てしまうのか?について、例を出して説明したいと思います。

スポンサーリンク

ボーナスでお買い物をしたA子さんとB子さんの話

登場人物は A子さんと B子さん。同じ会社で同じお給料をもらっています。

ふたりはボーナスのお金でずっと欲しかった○○を購入することにしました。

A子さんは○○はボーナスが入ってから買おう!と思っていました。そして、ボーナス支給日に

A子さん
あ、○○買いに行こう~♪

と仕事を定時で切り上げ、いそいそとショッピングに行きました。


一方、B子さんはボーナスの支給前に、すでにボーナス払いで○○を買っていました(ちなみに、金利手数料はかからなかったので、損はしていません)。

ボーナス支給日、B子さんは

B子さん
もう、○○買っちゃったから使えないなー。はぁ……。

とため息をついていました。

B子さんも○○を買った当時はすごくうれしかったのですが、その気持ちはボーナス日には薄れていました。

なぜなら、ボーナス日には、また新たな「一番欲しいもの」が出てきてしまったからです。

むしろ、○○の支払いのことばかりが頭に浮かびます。

ボーナスの使い方一つで、ボーナスの満足度が変わる

A子さんとB子さんは同じボーナスをもらって、同じモノを買ったのに、ボーナスをもらった満足感が全然違います

A子さんも欲しいものがいっぱいありますが、その中で一番欲しい○○がボーナスで買えて大満足です。

そして、ボーナスがもらえてよかったな。と心から感謝しています。

一方、B子さんはボーナスが出る前に欲しい○○を買ってしまいました。

その結果、ボーナス日には、また新たな「一番欲しいモノ」が出てきました。

ボーナスが出たのに欲しいモノが買えず、ボーナスが少ないせいで買えないと思っています。

分かりやすいように A子さん&B子さんの例にしましたが、これはどちらもわたしが体験したことをベースにしています。

さくら
自分のお金の使い方ひとつで幸せ度が全然違う!!

そう気づいたのは、わたしにとってとても驚いた出来事でした。

幸せなお金の使い方ができるとお金が貯まりやすい

A子さんのように、お金を使って「幸せ~♪」「うれしい!」って思っている人は、貯まりやすい人です。

よーく考えればわかるけれど、幸せだからストレスが貯まらないので、ストレス買いをしません。

ボーナスで素敵なモノを買えてとっても嬉しい気持ちが強いので、仕事だって前向きに頑張れます。

そう考えると、「お金が入ってから使う」って実は前向きな気持ちになれる使い方なのです。

さくら
特にお金が入る前に使っていた人は、やってみると実感できるはず♪

今は、ボーナス一括払い、リボ払い、分割払い、キャッシングなどのおかげで、手元にお金がなくても買えてしまう時代です。

だからこそ、意識しないと「お金が入る予定があるから、買っちゃおう!」って誘惑に負けてしまいます。

せっかく働いて稼いだ大事なお金。

「欲しいものを買えて幸せ」と純粋に喜べるように、「手元にお金が入ってから」使うようにしてみてくださいね。

そうすると、いつも足りない足りないって思っていたボーナスも、ちょっと見方が変わってきますよ♪

さくら
参考までに、我が家のボーナスの使い方について下の記事で紹介しているので、興味があったらどうぞ!
我が家のボーナスの使い方。ボーナスが下がっても対応できる使い道に!
...