二人のOLさんから学ぶ、幸せなお金の使い方。同じお金でもこんなに違います。

スポンサーリンク

同じお給料をもらって同じものを買ったとしても、お金の使い方が「少し」違うだけで、幸せを感じることもあれば、不満を感じたりすることがある、ことを知っていますか?

どうせお金を使うのならば、幸せを感じるように使いたいですよね?

そこで、どうして同じお金の使い方でも差が出てしまうのか、一つ例を出したいと思います。

ある会社の二人のOLさんの例

登場人物は A子さんと B子さん。同じ会社で同じお給料をもらっています。ふたりはボーナスのお金でずっと欲しかった○○を購入することにしました。

A子さんは○○はボーナスが入ってから買おう!と思っていました。ボーナス支給日、「あ、○○買いに行こう~♪」と仕事を定時で切り上げ、いそいそとショッピングに行きました。

一方、B子さんはボーナスの支給前に、すでにボーナス一括で○○を買っていました(ちなみに、金利手数料はかからなかったので、損はしていません)。

だから、ボーナス支給日、B子さんは「もう、○○買っちゃったから使えないなー。はぁ……」とため息をついてしまいました。

B子さんも○○を買った当時はすごくうれしかったのですが、ボーナスの給与明細をみると支払いの事ばかり頭に浮かんでしまいます。

A子さんとB子さんは同じボーナスなのに、ボーナスをもらった満足感が全然違います

A子さんも欲しいものがいっぱいありますが、その中で一番欲しい○○がボーナスで買えて大満足です。そして、ボーナスがもらえてよかったな。と心から感謝しています。

一方、B子さんはすでに欲しい○○を買ってしまいました。そして、また新たな「一番欲しいもの」が出てきてしまいました。

しかし、ボーナスはもう使ってしまったので買えません。B子さんはボーナスが少ないせいだと思い、ちょっとボーナスの額に不満があります。

同じことをしても、使い方で満足度は違う

分かりやすいように A子さん&B子さんの例にしましたが、これはどちらもわたしが体験したことをベースにしています。

シンプルにボーナスの例にしましたが、お給料でも考え方は一緒です。ボーナスやお給料をもらったときに、喜びより、「少ないな~」「足りないよ~」なんて思うのはもったいないと思いませんか?

(もちろん、仕事量や質に対して不当なお給料である、という意味での不満なら仕方がないですが)

でも、実は自分のお金の使い方で感じ方が違うということもあるのです。

お給料の額ではなく、自分のお金の使い方で満足度が変わるんだ!!

わたしにとって、とても驚いた出来事でした。

幸せなお金の使い方にとって、大事なこと

つまり、幸せなお金の使い方にとって一番大事なことは、「お金が入ってから使う」ことです。

言われてみれば、当たり前のこと。

だけど、今は、ボーナス一括払い、リボ払い、分割払い、キャッシングなどのおかげで、手元にお金がなくても買えてしまう時代。

だからこそ、(特に手数料無料の言葉にひかれると)引っかかってしまうのです。

せっかく働いて稼いだ大事なお金。

「欲しいものを買えて幸せ」と純粋に喜べるように、「手元にお金が入ってから」使うようにしてみてくださいね。

おまけ

同じような「当たり前」なことだけど意識されにくい、「楽しくお金を使うコツ」について書いてます。

コツコツ貯めて買うって大変!面倒くさい!と思ってる人へ。楽しいと感じるこころの作り方教えます。
「コツコツ貯めて」買うって、どんなイメージがありますか? 昔のわたしは、大変、めんどうくさい、辛い、しっかりしてい...

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
スポンサーリンク

フォローする