スライド貯金を楽しむ3つのコツ。数日だけ頑張ればOK!なごほうび貯金をやってみよう

スライド貯金は1ヶ月+数日でやりくりすることを説明している図 無理なくできる小銭貯金&ちりつも貯金

「スライド貯金」って知っていますか?

A子さん
楽しくやりくりしながら貯金できる方法ってないかな?

そんな風に思っている人にめっちゃぴったりなやりくり方法なので、紹介します♪

「スライド貯金」とは、1ヶ月分のお給料で、毎月「数日分」を余分にやりくりして貯金する方法です。

例えば、毎月、3日分だけ余分にやりくりしていくと、10ヶ月後には1ヶ月分のお給料が貯まります。

3日だけ余分に頑張るだけでいいので、特別なコツもいらないので簡単にできるんです♪

このページではスライド貯金のしくみやコツについて、まとめました。

スライド貯金を6回達成したわたしの経験が参考になったらうれしいです。

スポンサーリンク

スライド貯金のしくみ(例:5週間やりくり)

スライド貯金のしくみは、カレンダーを使うとわかりやすいと思うので下の図で説明します。

5週間スライド貯金カレンダー

最近人気の「5週間スライド貯金(5週間やりくり)」の場合、1月1日をスタートとすると

  • 1月分の給与で1/1~2/4まで(5週間=35日)
  • 2月分の給与で2/5~3/11まで(5週間)
  • 3月分の給与で3/12~4/15まで(5週間)
  • 7月の給与で7/30~8/31まで(5週間)やりくりします。

つまり、8/1~8/31は7月の給与で過ごすので、8月分のお給料があまる=お金がたまります♪

さくら
毎月、お給料日がズレていく(スライドしていく)ので、スライド貯金と呼ばれています

スライド貯金をはじめる人必見!スライド貯金が成功する3つのコツ。

スライド貯金は固定費を除いた「変動費」で行う

スライド貯金は「日々のやりくり分のお金(変動費)」が対象です。

というのも、家賃や水道光熱費などの固定費は毎月決まった日に支払いが来るので、スライド貯金をしてしまうと、支払えなくなっちゃうからです。

さくら
変動費の予算によるけれど、スライド貯金を達成すると数万円~10万円ぐらい貯まります。

スライド貯金を成功させるためのマインドの持ち方

頑張ろうと思うとつい肩に力が入っちゃうけれど、スライド貯金を成功させるには「楽しむこと」が一番大事です。

そこで、楽しむための二つのコツを紹介します。

コツ1:スライド貯金で貯まったお金の使い道

スライド貯金でたまったお金の使い道って考えていますか?

スライド貯金で貯まったお金は一部でもいいので「自分のご褒美の」使い道を考えてくださいね。

さくら
ちなみに、わたしは100%自分のご褒美のためでした(笑)

日々、節約を頑張っている自分にごほうびをあげたくて始めたからだけど、それが結果として大成功!

自分のためのご褒美がある!って思うからこそ、ちょっと苦しくても頑張ろう♪って頑張れました。

特に主婦さんは、家族のためや子供のための使い道しか考えてなかったりするので、自分のご褒美も意識してみてくださいね。

さくら
派遣OLさんは「マイボーナスづくり」にやっていることがとっても多いです♪

コツ2:やりくりが苦しくなった時

やりくりが苦しくなった時は、「もうこれだけしかない。どうしよう」って悩むよりも、「よし!何とか乗り切るぞ~♪」ってゲーム感覚で考える方が成功します。

家の中にあったあんまり使ってない食材を使ってみたり、買わなくても乗り切れないか?って考えたり。

お金がないと思った時ほど、この状況をどう乗り切ろう?って楽しみながらやると、グッと成功します!

5週間やりくり以外でおすすめのスライド貯金の日数

今人気なのは「5週間スライド貯金」だけど、スライド貯金は好きな日数でできるので、5週間スライド貯金以外にもやり方があります。

スライド貯金を成功させるためには、自分にあったやり方を見つけるのも大事なので、5週間スライド貯金以外のおすすめの日数も紹介します。

方法1:基本の「3日スライド貯金」方式

3日間頑張る場合のスライド貯金カレンダー

最初に紹介したけれど、初心者さんには3日スライドがとってもおすすめ。

なぜなら、3日の日数は今より10%頑張る=ちょこっと頑張るだけでいいので、成功しやすいんです♪

3日スライドさせる方法は、いちごちゃん発案のやり方なんだけど、

  • 1月分の給与で1/1~2/3まで(31+3日)
  • 2月分の給与で2/4~3/6まで(28+3日)
  • 3月分の給与で3/7~4/9まで(31+3日)
  • 10月の給与で10/28~11/30まで(31+3日)やりくりします。

3日ずつ頑張ると11月は10月分のお給料で過ごすので、11月分があまるようになっています。

5週間スライド貯金よりもちょっと時間がかかってしまうけれど、日数が少ない分、初めての人には無理なくできるのでおすすめです。

さくら
わたしも最初は3日スライド貯金から始めました♪

方法2:スライドする日数は自由!頑張る分だけ進むスライド貯金

スライドする日数を決めずに、ゲーム感覚で日数をのばすやり方はりんごちゃん発案のやり方です。

りんごちゃんは、お給料スライドの日にちを3日と決めずに、「1ヶ月のお給料であと何日伸ばせるか?」っていう感じでゲーム感覚で楽しんでやっています♪

これはいいですよね~!!!やる気が出ます!

わたしも途中から「いちごちゃんの3日スライド方式」から「りんごちゃん方式」にしました。

さくら
生活費がかからない実家暮らしOLさんは日数を伸ばしやすいので、実家暮らしさんには特におすすめなやり方です

方法3:出費が多い月の赤字を防ぐやり方

スライド貯金は1か月分浮かそうと思うと、(繰り越す日数にもよるけど)大体6か月~1年ぐらいかかります。

やっぱり、ちょっとハードルが高いかなぁ。もっと気軽にできる方法ってないかなぁ……って考えたのが

スライド貯金を2-3ヶ月だけ頑張って、出費が多い月をサポートする方法です。

例えば、12月は忘年会が多くなってどうしても出費が多くなります。

そこで、2-3か月前から前もってスライド貯金をはじめます。

例えば、お給料日が1日と仮定して10/1から始める(3日スライド)とすると……

赤字防止用のスライド貯金の解説図

  • 10月分の給与は10/1~11/3まで(31+3日=34日)
  • 11月分の給与は11/4~12/6まで(30+3日=33日)
  • 12月分の給与は12/6~12/31まで(31-6日=25日)

こうすると、出費の多い12月はやりくり日数が減るから赤字になりにくくなります。

つまり、支出が少ない月を頑張る分、支出の多い月をサポートする方法です

ご褒美はないけれど、赤字が出ないのでやりがいもばっちり。

しかも、短期間なので成功率も高くなります。

さくら
ある特定の月だけ赤字になりやすい!という方におすすめの方法です。

5週間スライド貯金(5週間やりくり)以外にもいろんなやり方があります。

他の日数で楽しくやってみるのもありなので、自分に合った方法でやってみてくださいね。

実は簡単!スライド貯金の家計簿の書き方

スライド貯金は、今使っている家計簿でも使い続けることができます。

ただし、ちょっと工夫する必要があって

  • スライド貯金しない固定費は今まで通り普通に書く
  • スライド貯金する項目については「スライド貯金の日に合わせて」記入

この二点を守る必要があります。

実際にどんな風に家計簿をつけるか?というと……

スライド貯金の家計簿のつけ方

図のように、固定費とスライド貯金をする項目の書くタイミングをずらせばいいだけです。

ただ、タイミングをずらすと、「スライド貯金はいつまで……?」と思ったりするので、スライド貯金の期間も一緒に書いておくのがおすすめです。

B子さん
スライド貯金が満期になったときはどうなるの?

スライド貯金が満期になると、下のような家計簿になります。

スライド貯金で満期になった時の家計簿のつけ方

右の欄が空欄になるのは、スライド貯金の部分は先月に書いているから。

なので、スペースが空いてOKです。

そして、次の月からは、固定費もスライド貯金の項目も新しいページから始めます。

これで、今使っている家計簿でもそのまま活用することができます。

【おまけ】スライド貯金のごほうび報告

わたしは、スライド貯金でgetしたお金はごほうび代として、自分の好きなことに使ってました。

そんなわたしのご褒美についての記事です。興味がある方は下のリンクからどうぞ♪