【いいモノを長く】に疲れた人へ。【好きなモノをしっかり使う】にチェンジしませんか?

シンプルライフ

わたしはシンプルライフ、持たないくらし系が大好きです。

なぜかというと「管理が楽だから」。

お部屋がすっきりしていると、こころもすっきりします。

だから、持つものは厳選したい。物が少ない分「いい物を買って長く使いたい」とずっと思ってきました。

だけど、「いい物」を求めることにちょっと疲れてしまいました。

そんなわたしの話です。

スポンサーリンク

いい物を求めると疲れる理由

さくら
「いい物」を求めるときりがない

あるとき、わたしはそう思いました。

例えば、タオル。

あるブランドでそろえたとしても、もうちょっと値段を出せばもっと素敵なタオルになります。

例えば、コート。

長く大切に着たいと思うからこそ、いい物を買おうと思っていました。

でも、「いい物」って、もっとお金を出すともっといい物が出てきます。

結局、どこまで「いい物」を求めればいいの?

それって、結局、収入によって「いい物」って違うっていうこと?なんだかよくわからなくなってきました。

その時「いい物を長く大切に」って、何か疲れちゃうな~と思ったんです。

お買い物を失敗できないプレッシャーもすごいし。

だから、「【いい物を長く使う】はもう止めよう!」そう思いました。

いい物を長く使うではなくて、好きな物をしっかり使う

そうはいっても、スッキリした部屋に暮らしたいし、お洋服もたくさんはいりません。

そんなときにひらめいたのが「自分の好きを大切にする」「好きな物をしっかり使う」でした。

「自分の好き」の基準なら、「いい物」っていう、わかるようなわからない、あいまいな基準に振り回されないですみます。

それに「いい物」でも「自分に合うかどうか」は別物。

大事なのは「いい物を長く」使うことよりも、「自分に合う物をしっかり」使うことだよね?と思ったんです。

自分に合うものだと、時にリーズナブルな値段な物もあります。

だから、長くは使えなくてもしっかり使っていれば、それはそれで十分って思うようになりました。

いい物じゃなくても、宝物。

そう考えたら「いい物」じゃなくても、自分に合った物なら「宝物」

わたしがとっても愛用している、セリアで買った計量スプーンも宝物。

ダイソーで買ったシャンプーボトルも宝物。100円でわたしのストレスをなくしてくれた一品だから。

そう考えたらなんかすっきりしたんです。

いい物、素敵な物じゃなくてもいいんだ!って。自分の大好きが一番だねって(当たり前だけど(笑))

好きな物探しなら、ゆっくり探せて焦らない

いい物探しをしていた時は、すぐにいい物が欲しくなりました。

だけど、「好きな物」と思ったら、そんな気持ちがちょっと変わったんです。

わたしの好きな物ってなんだろう?って。

それには、今使っている物を大事に使うことが大事。そうすることで、はじめて自分に合った好きな物がよくわかるようになるから。

さくら
もうちょっと○○だったらいいのにな。でも、△△の点はすごく使いやすいんだよね、これ!

っていう感じに。

だから、すぐに買い替えるよりも、今使っているものにもちゃんと向き合おうって思ったら、焦っていた気持ちがちょっと収まりました。

ゆっくり自分の好きな物探しをしようって。

Instagramやブログで素敵なおうちを見ると、「ああいう風になりたい」という気持ちがつよすぎていつの間にかわたしは焦っていました。

だけど、「自分の好きを大事にする」「急がなくていい。自分の好きな物を選ぶための勉強も大事」って思うようになったおかげで、すごく楽になれました。

もし、わたしのように焦ったり、時に辛く感じちゃっている人がいたら、この考え方で少しでも楽になれたらうれしいです。