現在、カスタマイズ中のため表示が乱れることがあります。

急な出費のせいで貯金できない人へ。急な出費があっても赤字にならない予算の作り方

お金がたまる予算の決め方

「今月は余裕があったはずなのに、「○○」のせいでまた今月も苦しくなっちゃった……。」

「そうだ、化粧水と乳液が切れるタイミングだったんだっけ。ヤバイ!二ついっぺんになくなると予算が足りない~。」

昔のわたしは、こんな「急な出費」のせいで貯金ができなくなっていました。

どれも削減できない出費。だから、貯金を削ってました(涙)

だけど、ある時に「急な出費」をコントロールできれば、わたしも貯金できるんじゃない?って思って、実際にやってみたら、

本当に貯金ができました!!

そこで、「急な出費」を上手にコントロールして貯金する方法を紹介します。

スポンサーリンク



そもそも「急な出費」出てくる理由

急な出費が出てきちゃうのは、一部の予算の項目は「月によって変動が激しい」からです。

変動が激しい項目にはどんなのがあるかというと、

毎月、必要な予算が大きく違う項目

  • 美容費
  • 被服費(洋服代)
  • 医療費
  • プレゼント代
  • 交際費
  • 趣味費(月謝じゃない場合)
  • 交通費

年に1~数回(あるいは数年に1回)、大きい金額が出る項目

  • 冠婚葬祭
  • 車検代
  • クリーニング代
  • 家電代

などです。

A子さん
うわー!すごいたくさんある!!
さくら
そうそう、実は、思っている以上にたくさんあるんです。

これらの予算は一生懸命やりくりしていても、ある時、予算を超えるお金が出ていくので、赤字の原因になる項目です。

ということは、赤字を防ぐにはこれらの支出をなるべく均一になるようにすればいいっていうこと。

だけど、支出は均一になかなかできないので、予算を工夫することで対策を取ります。

急な出費に対応するための予算の方法

急な出費に対応するための予算の方法は二つあります。

  • 積立(貯金)する方法
  • 繰り越し型予算にする方法

そこで、この二つの方法について、使い分けも含めて紹介したいと思います。

積立(貯金)する方法。

「車検代積立」「家電代貯金」「旅行貯金」といった感じで、よく節約雑誌でも見かける方法です。

  • かかるお金を12で割って、毎月コツコツ積立する
  • かかるお金を2で割って、ボーナスで準備しておく

といった方法でお金を貯めてから支払います。

さくら
目標金額がはっきりしているので、年に1回、数年に1回支払う項目にピッタリな方法です。

繰り越し型予算にする方法。

繰り越し型予算とは、予算があまったら次の月の予算にそのまま組み込む方法です。

たとえば、洋服の予算(10,000円)を繰り越し型予算にする場合……

1月はたまたま何もお洋服を買わなかったため、10,000円がそのままあまりました。

2月にお給料日が来ると、1月分のあまった10,000円と2月分お給料からの10,000円を足した、20,000円が2月に使えるお洋服代になります。

積立とちょっと似ているけれど、違う点は目標金額は決まってなくて、「常に貯めながら使っていく」予算という点です。

こうすると、急に美容液と化粧水がなくなった!という状態になった時でも、赤字にならず予算内で買えるようになります。

なぜなら、同時になくなるっていうことは他の月の予算はあまっているので、そのお金を回せるからです。

さくら
特に単価が高かったり、予算を使う時期が読めない/乱高下が激しい予算などに向いています。

たとえば、美容費、被服費、医療費、プレゼント代、交際費、趣味費(月謝じゃない場合)、冠婚葬祭費などにぴったりです。

それでは、実際にわたしが独身OL時代にやった急な出費の対応方法について項目ごとに紹介します。

【項目ごとに説明】急な出費の対応方法

被服費&美容費&サプリ代

これらは単価が高い上に、買うタイミングもバラバラ。

そのため、月の変動がとっても激しく赤字になりやすい項目なので、繰り越し型予算で管理していました。

ちなみに、サプリ代は美容費に入れてもいい項目だけど、わたしは分けて管理していました。

というのも、サプリ代が入るとお金の余裕がある~と勘違いして、基礎化粧品代とかの絶対キープしたいお金を使いそうになっちゃうから。

ちなみに、被服費については下で詳しく書いているので、気になる方は見てみてくださいね。

【洋服代の節約】月5,000円の予算でも楽しくおしゃれができたコツ
...

医療費

病院って行くときになると、意外とお財布に痛い!

ちなみに、わたしは月々3,000円の共済保険に入っていますが、民間だと月々6,000円の医療保険に相当しそうでした。

そこで、その差額分の3,000円を繰り越し型予算で管理して、かかった治療費はそこから出すようにしています。

プレゼント代

誕生日、父の日、母の日、クリスマス、バレンタインデー、付き合った記念日など。

大きいお金が動く臨時出費だけど、日付は決まってるので予想可能なモノたちです。

わたしの場合、負担のある月とない月の差が激しかったため、均一化して管理しやすいようにしています。

つまり、年間どれぐらいかかりそうかを考えて、12分割した金額を毎月の予算として考えて、繰り越し型予算で管理します。

正直に書くと、やっぱり支出が続いて金欠だとプレゼント渡すのもちょっと辛かったりするんですよね。

感謝の気持ちや大好きという気持ちを形に表してるはずなのに。

そんな風に思ってしまう自分が嫌で、予算を立てて管理しています。

交際費

交際費も月によって変動が大きいので、繰り越し型予算にします。

この時、友人・職場関係は「交際費」、彼との予算は「デート代」と切り分けて管理していました。

ちなみに、遠距離恋愛の場合、繰り越し型予算はとってもおススメ

遠慮離恋愛の場合、毎回自分が通うパターンじゃなければ、デート代が高い時もあれば、あまりかからない時もありますよね。

そんな時に、繰り越し型予算をしておくと、使わない時の予算を回せるのでとっても楽なんです♪

さくら
ちなみに、名古屋ー東京の遠距離(中距離?)恋愛時代は、月25,000~27,000円を予算として立てていました。

冠婚葬祭費

女性はご祝儀のほかにドレスや髪のセットアップなんかも必要なので、結構お金がかかります。

でも、友人のお祝いには気持ちよく駆け付けたい!

わたしの場合、冠婚葬祭費も繰越型予算で積み立てています。

ただ、毎月のお給料からだと金額が大きすぎて大変だったので、ボーナスから予算をまとめて取っています。

冠婚葬祭の予算が余ったときは、次の冠婚葬祭の予算にあまった分の予算を足して、お呼ばれが続いたときに備えています。

さくら
つまり、ボーナスを使った繰り越し型予算で管理しています。

交通費

交通費については、基本的にわたしは雑費(おこづかい:5,000円)で対応しています。

ただし、お金のかかりそうな交通費は別の予算から出します。

例えば、結婚式で遠方に行くときは冠婚葬祭費から、デートで彼(現在の夫)に会いに新幹線を使うときはデート代から、友人に会いに行くときは交際費から出しています。

そのため、個人的なお出かけの場合がほとんど。

さらに定期券があったため基本的に交通費もほとんどかからず、雑費(おこづかい)で十分対応できます。

クリーニング代

クリーニング代は独身時代、いつもボーナスから出していました。

スーツを着る機会がたまにしかなかったことと、基本的に買う服はおうちクリーニングできるものが多いので、スーツとコートを半年に1回出す頻度。

10,000円/回の範囲で十分収まっていたので、この予算は積み立てずボーナスでそのまま払っています。

さくら
車の免許を持っていない実家暮らしOLだったので、車検代、家電代についてはやってません。

まとめ

急な出費ってあんまりないと思ってしまいがちだけど、実は多いです。

そして、必要経費も多くて節約しにくい項目になってます(だから、貯金を崩しちゃうことに)。

繰り越し型予算の場合、最初はちょっとお金がたまらないから、タイミングが悪いと赤字になることもあるけど、1年も続ければ順調にやりくりできるようになります。

なので、ぜひ「積立(貯金)」と「繰り越し型予算」の二つを使いこなして、急な出費に対応してみてくださいね。