【超簡単】お金が貯まる家計簿のつけ方。臨時出費があっても赤字にならない家計の作り方

お金が貯まる家計簿のつけ方 家計簿で貯金するコツ
さくら
今月は余裕があったはずなのに、「○○」のせいでまた今月も苦しくなっちゃった……。

こんな風に臨時出費のせいで貯金ができない人向けに、赤字にならない家計簿のつけ方を紹介します。

普通に暮らしていると急な出費ってどうしても出てきませんか?

しかも、そういう出費に限って必要で削れない……(涙)

そのせいでせっかく家計簿づけを頑張ってちょこっとお金が貯まっても、結局崩してしまってやっぱり貯金ができない。

昔のわたしはずっとそんな感じでお金が貯まりませんでした。

だけど、ある時

さくら
「臨時出費」さえコントロールできればわたしも貯金できるんじゃない?

って思って家計管理の方法をいろいろ考えてみたら、本当に貯金ができました。

そこで、臨時出費をコントロールしてお金が貯まる家計簿を作る方法について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

家計簿をつけても赤字になるのは臨時出費に対する誤解が原因

臨時出費っていうと、多くの人は、

  • 冠婚葬祭
  • 車検代
  • 家電代
  • 旅行代

などを年に1~数回(あるいは数年に1回)の頻度で、まとまったお金が出ていく予算を思い浮かべます。

だけど、現実はそれだけじゃありません。

「変動が激しい」予算項目(=臨時出費になる家計簿の項目)はもっとたくさんありました。

  • 美容費
  • 被服費(洋服代)
  • 医療費
  • プレゼント代
  • 交際費
  • 趣味費(月謝じゃない場合)
  • 交通費
  • 光熱費(季節変動が大きい)
  • 外食代
  • クリーニング代など

これらの家計簿の項目は変動がとても激しいので結局「臨時出費」になります。

これらの予算は一生懸命やりくりしていても、ある時、設定した予算を超えるお金が出ていきます。

その結果、頑張っているのに赤字になってしまい、ストレスがすごくたまります。

ストレスがたまるから、ストレス発散のためにちょっとした無駄遣いもしがちです。

さくら
昔のわたしの話です……

そう考えると、家計管理で一番大事なのは、臨時出費を減らして出費の多い月を作らないことなんです。

そうすれば、

  • 赤字が減るからストレスが貯まらなくて幸せ。
  • ストレスが貯まらないから、ストレスが原因の衝動買いもしなくなる。
  • 黒字の月に支出を分散するので、「お金があるから買ってみた」系の無駄遣いも減らせる

ので、赤字にならないし貯金もできるようになります。

だけど、そうは言っても支出を均一にはできないので家計簿の予算を工夫することで解決します。

意外と簡単!お金が貯まる家計簿にする方法

臨時出費をなくすためには、二つの予算のやり方を使って家計管理をします。

  • 目的別貯金(積立)をする方法
  • 繰り越し型予算にする方法

そこで、この二つの方法について使い分けも含めて紹介したいと思います。

目的別貯金(積立)をする方法

毎月コツコツ貯金したり、ボーナスであらかじめ準備しておく方法です。

節約雑誌でもよく見かける「車検代積立」「家電代貯金」「旅行貯金」などのこと。

これらの予算は

  • かかるお金を12で割って、毎月コツコツ積立する
  • かかるお金を2で割って、ボーナスで準備しておく

といった方法でお金を貯めてから支払います。

あらかじめ準備しておけば、支払いの時にあわてないので精神的にとってもラク。

やったことがないと面倒くさいと思うかもしれないけど、

A子さん
どうせ払わなきゃいけないんだから、用意しとこ~。

ぐらいの軽い気持ちではじめてみませんか?

はじめは車検代とかの絶対に必要な予算一つだけでもOK。

一度やってみると、「お金がない~!!」って焦らないのが快感になって、「旅行代」「冠婚葬祭代」とかもやりたいな♪って自然と思うようになります(笑)

さくら
目標金額がはっきりしているので、目的別貯金は年に1回、数年に1回支払う項目にピッタリな方法です。

繰り越し型予算にする方法

繰り越し型予算とは、予算があまったら次の月の予算にそのまま組み込む方法です。

たとえば、洋服の予算(10,000円)を繰り越し型予算にする場合……

1月はたまたま何もお洋服を買わなかったため、10,000円がそのままあまりました。

2月にお給料日が来ると、1月分のあまった10,000円と2月分お給料からの10,000円を足した、20,000円が2月に使えるお洋服代になります。

積立とちょっと似ているけれど、違う点は目標金額は決まってなくて「常に貯めながら使っていく」予算という点です。

こうすると、急に美容液と化粧水がなくなった!という状態になった時でも、赤字にならず予算内で買えるようになります。

なぜなら、同時になくなるっていうことは他の月の予算はあまっているので、そのお金を回せるからです。

さくら
特に単価が高かったり、予算を使う時期が読めない/乱高下が激しい予算などに向いています。

たとえば、美容費、被服費、医療費、プレゼント代、交際費、趣味費(月謝じゃない場合)、冠婚葬祭費、光熱費、まとめ買い費などです。

予算というと1ヶ月使い切り予算ばかりを思いうかべるけれど、繰り越すことで赤字にならない家計を作れます。

【実践】お金が貯まる家計簿のつけ方。簡単です♪

実は繰り越し型予算の家計簿のつけ方はとっても簡単で

「先月に余った予算+今月分の予算」を、家計簿の今月の予算に書くだけ

です。

今月分の予算があまったら、次月の予算は「あまった今月分の予算+次月分の予算」を次月の家計簿に書きます。

これを繰り返すだけなので、市販の家計簿でも、今書いている家計簿にもすぐに対応できます。

さくら
目的別貯金については、家計簿につけるよりも袋に貯めていく方法が一番シンプルでわかりやすいです。

わたしが実際にやっていた、手書き家計簿ノートのつけ方

手書き家計簿ではじめてみたい!と思った方向けに、実際にわたしがつけていた家計簿の方法を紹介します。

家計簿のつけ方(繰り越し型予算)

市販のノートを見開きで使い、上の図のように最初の行に左から日付ことがら金額各項目を書きます。

(参考:ノートは方眼タイプや補助線をひきやすいノートだと簡単にきれいに書けます。)

次の行にそれぞれの予算がいくらあるかをつけます。

出費があった時は「ことがら」に内容、「金額」に使ったお金、対応する予算項目には残ったお金(予算-使ったお金)を書きます。

次の給料日には

  • 残金として先月末に残った予算
  • 今月の予算
  • 総予算(先月末の残った予算+今月の予算)

の三つを記入します。

わかりやすいように連続で書いたけれど、次の月(図で言うと12月)からはページを切り替えます。

その後はまたいつもの通り家計簿をつけていきます。

ズボラでも続けられた!家計簿を簡単にした3つのコツ

できることならなるべく楽したい!ズボラなわたし。

そこで、わたしはできる限り手を抜いて家計簿づけができるようにしていたので、その工夫をちょこっと紹介します。

毎月定額の固定費については家計簿を書かない。

市販のノートを見開きで使い始めると、ちょうど1ページ目が余ります。

そこに、毎月定額の「固定費」について記入します。

ポストイットで書いておくと、後で変更があった時もカンタンに変えられるので便利!

そもそも、決まっている出費については家計簿をつけても見直さないし、毎月同じことを書いてもそれで貯金はできるようにはなりません。

わたしは家計簿をつけていて、

さくら
毎月おんなじことを書いてるな~。面倒くさいな。

と気がついたことがきっかけでこの方法にしました。

ちなみに、独身時代のわたしの場合、家に入れるお金や貯金、保険代、ジム代などはこの方法でつけていました。

(一人暮らしの方だと、家賃、駐車場代なども入ってきます。)

あえて家計簿をつけない項目も作る

例えば、独身時代のわたしはランチ代やおこづかいは家計簿に記入しないと決めました。

(「おこづかい」は、わたしが決めた項目(洋服・美容費・交際費等)に含まれない、交通費などの雑費系の支出です。)

おこづかいは自分の自由に使っていいお金、また、ランチ代はほぼ毎日の出費。

使うたびに書くのは少し面倒なのと、予算を大きく超えなければ見直す必要はないと思ったからです。

書かない代わりに、ランチ代はランチ代専用のお財布、おこづかいは普段のお財布と分けて管理して、常に残金がわかるようにして、使うたびに残りの予算を意識するようにしました。

さくら
お財布のランチ代が少なくなると「ちょっと節約しよう」「お弁当作ろう」って思うので、使い過ぎを防げました。

ちなみに、専業主婦の今は買い物の回数が多い食費・日用品費は家計簿をつけるのが面倒なので、専用お財布で袋分けしています。

【12年以上継続中!】袋分け家計簿のやり方。袋分けで楽しく家計管理&項目決めするコツ
...

100 円、1000円単位で予算を管理。

例えば、1,980 円を支払ったら2,000 円を使ったことにして家計簿に記入します。

残りの20円はどうしているかというと小銭貯金に回します。

そうすることで、家計簿と予算のお金があわないっていうことがなくなるし、小銭貯金の金額が多少ズレてもまあ、別にいいかって感じなので、ストレスフリーになれるんです。

+小銭貯金もできるし……と、この手抜き方法は実はいいことづくめです♪

さくら
他の家計簿づけでもおすすめな手抜き方法なので、ぜひやってみてください♪

【おまけ】最後のページ:貯金の管理

基本的に見開きで使うので、最後のページがあまります。

そこで、最後のページは貯金の管理をしていました。

家計簿(貯金の項目)

ここでは、毎月の各口座の状況と合計を記入しているので、推移がかんたんにわかるようになっています。

少しずつだけど、確実にたまっていくのが分かるので励みになりました。

お金が貯まる家計簿にするには「つけ方」+「○○」が大事

お金が貯まる家計簿にするためには、家計簿のつけ方も大事なのですが「見直し方」もものすごく大事です。

わたしの場合、最初に「見直し方」がわかったので、家計簿で節約できるようになったので余計にそう思ってるのですが……。

とはいっても、「見直し方」って言われてもピンとこないと思うので、下の記事で詳しく書いているので、よかったら見てみてください。

家計簿で貯金するコツ。10冊以上無駄にしたわたしでも楽しく続けられたきっかけ。
家計簿をつけても貯金ができない原因は、家計簿のつけ方じゃなくて家計簿の見直し方に原因があります。どんな家計簿づけでもダメだった人は「見直し方」に気をつけてみませんか?