【洋服代の節約】月5,000円の予算でも楽しくおしゃれができたコツ

洋服代を節約するコツ

「安くてカワイイ服を探しているけれど、どれもタンスの肥やしになっちゃう……」

「でも、欲しいお洋服はどれも高くて予算内で買えない。」

昔のわたしは、ずっとそんな悩みを持っていました。

特に、わたしが20代だったころは今ほどファストファッションがおしゃれじゃなかった時代。

服選びって今よりも本当に大変でした。

そんなわたしでも、あることをするようになったら、月5,000円の予算で楽しくおしゃれを楽しめるようになったので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

洋服代を節約するコツ。月5,000円の予算でもおしゃれを楽しむには?

話の本題に入る前に、自分のクローゼットやタンスの中をちょっと思い出してみてください。

買った服って全部着てますか?

着てないけど、捨てられないお洋服ってありませんか?

もし、そういう服があるのなら、「少数精鋭」でお気に入りで自分が着る服だけ買うようにすれば、お洋服代をぐーんと減らせます。

ただ、そうはいっても月5,000円じゃ「買えないお洋服」はたくさんあります。

それこそコートなんて買えません。

でも、繰り越し型予算を使うと月5,000円の予算でもコートが買えるんですよ♪

繰り越し型予算とは?

繰り越し型予算とは、毎月の予算があまったら次の月に繰り越して使う予算です。

さくら
ちなみに「繰り越し型予算」はわたしが名付けたので、一般的な名前じゃないです。

ちょっとイメージがしにくいと思うので、具体的な例で説明します。

たとえば、洋服の予算が1万円だったとします。

1月はたまたま何もお洋服を買わなかったため、1万円がそのままあまりました。

2月になってお給料日が来ると、「1月分のあまった1万円」と「2月のお給料からの1万円」を足した、2万円が2月に使えるお洋服代になる

という予算方法です。

つまり、前月のあまったお金を「その月の予算に加える」方法です。

さくら
2月も使わなかったら、2万円+1万円=3万円が3月に使える予算になります。

毎月の予算内でとなると、どうしても「5,000円以内」「10,000円以内」の服しか買えません。

すると、毎月お洋服を買っても「気に入った服を買えた!」っていうより、なーんか「いまいち」な服ばかり買ってしまいます。

いまいちと思っている服ばかりクローゼットにあっても、あんまり着ないんですよね……。結局。

一方、繰り越し型予算だと、2月は20,000円までの服が買えます。

だから、本当に自分の好きな服を買うことができるんですよ♪

C子さん
そんなにうまくいくのかな?本当に楽しいのかな?

そこで、わたしが繰り越し型予算に出会って、実際に楽しく洋服代を節約した話をご紹介したいと思います。

わたしが洋服代の節約を楽しめるようになった話

節約を始めた当初、洋服代の節約には本当に悩んでいました。

当時、お洋服代は月5,000円。

だから、今まで買っていたお洋服屋さんにはいけません。

しかも、当時は今ほど安くて可愛い服なんて全然ありません。

もともと大手アパレルメーカーの洋服が好きなわたしにとっては、これが本当にツラかった。

いつもと違うお店に行って予算内のものを探して買ってみても、やっぱり気にいりません。あとでタンスのこやしになっちゃうんです。

そして、家計簿を見ては、このお金があったら他のが買えたなと思ったり。

我慢しなきゃいけないってわかってるんだけど、でもツライ……そんな気持ちをずっと持ってました。

洋服代の予算が月5,000円なのに、素敵な洋服を買ってる人を発見!

そんな時、あるホームページを見つけました(今は閉鎖されました)。

ここの管理人さんのお洋服は、わたしとは違ってナチュラルテイストなんだけど、すごくおしゃれだなーって思ってよく見てました。

家計簿を公開していたので見てみると、なんと予算は5,000円でわたしと同じだったのです。

わたし、びっくりしました……。

しかも、ジャーナルスタンダードなどのお洋服を買ってるんです。

さくら
同じ予算なのに、全然違う~!!

その方は、繰り越し型予算っていう風には思っていなかったんだけど、やってることは同じ。

(むしろシンプルライフのサイトさんで、お気に入りのお洋服を着回すことをメインにされてました)

その方は、お洋服の予算を「貯めて」使っていたのです。

それを知ったときに目からうろこでした。そうか、貯めてから買えばいいんだ~!!って。

さくら
これなら、洋服代の節約、わたしでもできるかもしれない!

それを知ってから、お気に入りのお洋服を買うために毎月こつこつ貯めることにしたのです。

もともと春・夏服はかなり持ってたので我慢して、秋&冬服に向けて頑張りました。

(お洋服がたくさんあったのは、浪費家だったおかげ(苦笑))

その結果、ひとめぼれ&試着してもぴったりでカワイイ、お気に入りのファー付きニットパーカーを買いました。

当時のお値段でいうと、16,000円ぐらいの服。

1万以上のニットを「定価」で買うなんて、当時のわたしにとっては初めて。

(昔のわたしはニットはセールで買ってたから、高くても1万円前後。)

だけど、勇気出して買ってよかった!!!

本当によく着たし、着るたびに幸せな気持ちになったから。

わたしは、このことがきっかけで繰り越し型予算にはまるようになりました。

繰り越し型予算なら、好きなお洋服がたくさんではないけど買えて、それがとっても楽しかったから。

あのサイトの管理人さんには感謝してもしきれません。

なので、洋服代の節約に悩んでいる人には、繰り越し型予算は本当におススメです。

安くてカワイイ服を買うときの注意点

安くてカワイイ服をInstagramやブログ、雑誌で見つけていいなって思っても、「ちょっと違う……」って思ったことはありませんか?

写真の場合、修正されていたり、光の加減で実物以上にステキに見えちゃうんですよね。

だから、写真でいいなって思ってお店に行ったのに、ちょっとイメージと違ったり。

これも1回ぐらいなら「買わない」で終わるけれど、こんな体験ばかりだと

B子さん
やっぱり安いし、こんなものなのかも。○○さんもいいって言ってたし、これでいいか……

っていう感じの買い物をしちゃって、結局あんまり着ない服が増えてしまいます。

さくら
昔のわたしの話です。本当にいっぱい失敗したので……

でも、繰り越し型予算なら、月5,000円のお洋服代でも自分のお気に入りのお洋服が買えます。

さくら
むしろ、コツコツ貯めた大事なお金だからこそ、本当のお気に入りの服だけを買いたくなります

なので、昔のわたしのような悩みを持っている人は、ぜひ「繰り越し型予算」でお洋服代をやりくりしてみてくださいね。

P.S. 少数精鋭のお気に入りのお洋服を買うコツ

洋服代を節約するためには、失敗しないお買い物も大事。

買ったけれど着てない洋服が多い人は、下の記事を参考にしてみてくださいね♪

買ったけれど着ない服ばかり。着る服だけお買い物をするコツ
...