挫折しない予算の決め方1:先取り貯金のススメ&「先取り」貯金を成功させるコツ




家計の予算を決めるときには、初めに毎月の貯金額を決めるのがおススメです。(つまり、先取り貯金)

「先取り貯金」は給料が振り込まれたらまず貯金を行い、残ったお金で次の給料日まで生活をするという方法です。

なぜなら、先取り貯金は思っている以上に「貯金」にとって大事だからです。(理由は後で説明します。)

ただ、先取り貯金は「失敗しやすい」落とし穴があります。昔のわたしはその穴にすっぽり入ってました。

そこで、この「先取り貯金」を成功させるちょっとしたコツを紹介します。




先取り貯金で失敗しやすい考え方と成功する考え方

先取り貯金の「残りのお金で生活する」っていう響き、浪費家さんならあんまり素敵なイメージを抱く人はいないと思います。

我慢するとか、苦しくてつらーい道のりの始まりって感じです。

全然楽しくなさそうです。

そして、このイメージを持っていたら、まず成功しません。そのため、ここでぐるりと考え方を変えましょう。

先取り貯金というのは、「先に貯金さえしてしまえば、残りのお金については好きなように使っていいということ」

つまり、その範囲内なら自由に使ってもいい!という楽しいことなのです。

こう考えると、前向きに楽しくなりませんか?

なので、まずは先取り貯金に対して「楽しい」イメージを持つことが、簡単でシンプルだけど、絶対に大事なコツです。

先取り貯金が「貯金」するために大事な理由。

実は先取り貯金は、あまったお金を貯めるよりも精神的に楽な貯め方。

だから、先取り貯金に挫折したことがある人でも、もう一度、頑張ってみてほしいと思ってます。

なぜ、精神的に楽かというと…

年間を通して同じ金額を貯めたとしても、あまったお金をためる場合、貯金が少ない月があると「今月はこれしか貯められなかった。来月頑張らなくっちゃ」と焦りがちになります。

そのため、何かに追われているような感じになってしまいやすく、ストレスがたまりやすいのです。

でも、毎月一定の金額ならば、とりあえずやるべきことはやってる!という気持ちを持ち続けることができるので、精神的にも楽になりやすいのです

つまり、精神的に楽=「貯金が成功しやすい」こころを続けやすいのです。

給与からの先取り貯金は、安全な貯め方だから。

また、毎月の給与からの先取り貯金は、ボーナスだけから貯金するよりずっと安定的。

なぜなら、基本給よりもボーナスの方が増減が激しいからです。ボーナスが減っても、毎月必ず貯金できていれば心の支えになり、必要以上に追い詰められません。

そのため、毎月、先取り貯金をするのは本当におすすめなのです。

ただし、最初から大きい金額では挫折しやすいので、その点も気を付けてくださいね。

最初は、特に気合が入っているので目標を高くしがちなのですが、貯金は「一時的」なものではなく、「ずーっと」続くもの。

今までの自分を大きく変えようとすると、一時的ならなんとか頑張れても、半年、一年となると難易度はすごく上がります。

そのため、一見、回り道に思えたとしても、徐々に金額を増やした方が結果的にうまくいきやすいです。

もし、お金が余った時は、あまり貯金として別に貯めておけばいいし、たくさんあまるのであれば、そこで先取り貯金をふやせばいい。

貯金額を一度決めても、決めたことをずっと守るわけではなく、あとから増やせばいいだけので、まずは無理のない金額から始めてみてくださいね。

少しでも参考になったと思いましたら、応援クリックをしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

フォローする