現在、カスタマイズ中のため表示が乱れることがあります。

【先取り貯金ができない人向け】カンタン&楽しく先取り貯金を成功させるコツ

お金が貯まるしくみの作り方

「先取り貯金、大事なのは知っているけどできないよ~!」

その気持ち、よくわかります。わたしも昔はできなかったから。

先取り貯金って、先に貯金額を引いておくから、使えるお金が少なくて「我慢する」とか「苦しくてつらーい」って感じ。

だから、昔のわたしは、我慢しなきゃばっかり考えていました。

実は、この考え方こそが先取り貯金ができない人の考え方

この考え方を持っていたら、まず成功しません。だって、我慢、我慢ばっかりじゃ楽しくないから、絶対リバウンドします。

となると、逆に「先取り貯金って楽しい!」って思えるようになれば、成功するっていうこと。

そこで、「先取り貯金って楽しい!」って思えるコツを紹介したいと思います。

※いろいろ書いているのでちょっと長いのですが、ゆっくり読んでもらえたらうれしいです。

先取り貯金って楽しい!って思うコツ

先取り貯金は、「先に収入から貯金額を引いて、残りのお金で生活する」方法だけど、先取り貯金を成功するには別の見方をします。

どういう見方をするかというと、

「先取り貯金とは、先に貯金さえしてしまえば、残りのお金については好きなように使っていい!だから、楽しい貯金方法」

こういう風に思うことが大事なんです。

なぜなら、これが先取り貯金が成功している人の考え方だからです。

先取り貯金は、「ガマンができるから」成功しているんじゃなくて、「楽しい」とか「勝手にお金がたまってラク~」って思っているから、できるんです。

「ガマンしなきゃいけない貯金方法」って思っていたら、ほとんどの人が脱落します。

なので、ちょっと強引でもいいから「先取り貯金は楽しい貯金方法なんだ!」って自分に思いこませてみてくださいね。

ただ、楽しい貯金方法って思うためには、上手に先取り貯金ができるしくみ作りも大事。

そこで、先取り貯金が成功するしくみの作り方について、わかりやすく紹介します。

先取り貯金のはじめかた

失敗しない先取り貯金は、金額の決め方にあり!

先取り貯金をはじめるときに大事なのが、実は「先に貯金したい金額を決めない」ことです。

B子さん
え?どういうこと?

つまり、金額を決める前に、家計の見直しをして「どれぐらいのお金」を先取り貯金に回せそうか?を先に考えます。

というのも、先に金額を決めても、自分の実情に合ってない高すぎる目標だったら絶対に失敗します。

今までやったことがない、あるいは成功したことがない人は、まずは自分の実情にあった目標をたてることがとっても大事。

なので、はじめは「家計の見直し」から始めましょう。

先取り貯金のための家計の見直し方

先取り貯金のために家計を見直す場合、固定費から見直すのがおススメです。

なぜなら、

  • 一度見直せばずーっとお得。
  • 今の生活はそのままなので、ガマンしなくていい。

からです。

固定費の見直し

見直す固定費は

  • スマホを格安スマホにする
  • 保険の見直しをする
  • 電力自由化、ガス自由化で光熱費を節約する

などがあります。

最初はちょっと面倒くさいけれど一度やっておけば自動的にお金を貯められます。

とくに努力をしなくても貯められるので、「先取り貯金ってラク♪」「楽しいな♪」って思いやすいので、ぜひやってみてくださいね。

変動費の見直し

変動費の見直しの場合、自分がちょっと頑張る必要があります。

というのも、ムダな買い物をやめるようにしなくちゃいけません。

だけど、それって言いかえると、変動費がうまく見直しできると「上手にお金を使えるように」なるということ。

「変動費」の見直しはちょっと大変だけれど頑張りがいがあります。

なので、固定費の見直しがおわったら、「変動費」の見直しもやってみてくださいね。

変動費の具体的な見直し方(節約方法)については下の記事でまとめています。

【タイプ別】無駄遣いをやめる6つの方法。原因を知って無駄遣いをしない人になろう
...

この無駄遣いを減らせれば○○○○円節約できる!って具体的にイメージすることがポイントですよ♪

絶対に先取り貯金を下ろさないためのしくみ

家計の見直しをして、自分にあった先取り貯金の金額を決めることができたら、次は絶対に先取り貯金を下ろさないためのしくみづくりをします

というのも、一番大事なのが「先取り貯金が自分にもできた!」っていう成功体験。

これがあるからこそ、自信になり、やる気が出ます。

そのために、先取り貯金の金額は、はじめに決めた金額から減らした金額にしましょう

B子さん
え?貯金金額減っちゃうんだけど……。

それでも減らした方がいいです。

なぜなら、はじめる前は気合が入っているのでどうしても目標が高くなっているからです。

実際に、今の「先取り貯金額」は失敗なく行動した前提の目標になっていませんか……?

だけど、貯金は「一時的」なものではなく、「ずーっと」続くもの。

失敗しないでできるって難しいんです。

だから、あえての「ちょっと低めの目標」にします。

実際、わたしが最初に立てた先取り貯金の目標は、「年10万円貯金」(月9万円収入時代)でした。

はじめての節約生活で貯めたお金は1年間で10万円。
...

実は、毎月1万円貯金しているのに目標は12万円じゃなくて10万円。

今まで貯金に成功したことがなかったから2回失敗してもいいようにゆるくしたんだけれど、これが結果として大成功!

自分にもできる!っていう成功体験をたくさん積めたから、1,000万円貯められるようになりました(もちろん収入も増えたおかげだけど)。


低めの目標なら達成しやすいし、達成しやすいからこそ続けられるようになります。

そして、慣れてくれば節約も上手になるから、先取り貯金の金額も増やせます。

だからこそ、一見、回り道に思えたとしても、最初は低めの目標の方がうまくいきます

貯金額が少なくて焦っちゃうかもしれないけれど、先取り貯金をしてない時より貯金はできてるから大丈夫です。

もし、どうしても貯金額が少なくて気になるなら「あまり貯金」として貯めよう!って感じでやってみてくださいね。

さくら
まずは、先取り貯金ができれば大成功!あまり貯金は、残せればいいぐらいのゆるい目標ではじめてみてくださいね

先取り貯金がカンタン&オトクにできる銀行口座

先取り貯金におススメなネット銀行はソニー銀行とイオン銀行です。

さくら
なぜかというと、イオン銀行とソニー銀行は、給与口座が別銀行でも先取り貯金用の銀行口座として使えるからです♪

実は、ソニー銀行、イオン銀行は

  • 自動的に他行の自分名義の口座からお金をうつすサービスがある
  • 自動積立定期預金がある
  • ソニー銀行は「定期預金の金利アップキャンペーン」時に申し込むと、メガバンクよりも金利が高め
  • イオン銀行は「積み立て式定期預金」の金利がメガバンクよりも高め

なので、おススメなのです。

ただし、イオン銀行は手数料無料の条件がちょっと独特

なので、どちらの口座も持っていないなら、ソニー銀行の方が使いやすいかも?

参考までに、その他の銀行(住信SBI銀行、じぶん銀行、楽天銀行、セブン銀行、新生銀行)について書くと

  • 住信SBI銀行とじぶん銀行、セブン銀行、新生銀行には、自動積立定期預金がない
  • 楽天銀行は、自動的に入金できない

ため、先取り貯金には向かない銀行です(2018年5月現在)。

ところで、先取り貯金をするなら、銀行のほかにも「一般財形」「社内預金」があります。

ただ、会社によって全然違うので、このあたりの詳しいことは会社の人に聞くのが一番!

オトクだったら、みんな力説して教えてくれますよ~♪

まとめ

「先取り貯金は楽しい貯め方」「先取り貯金はラク」と思うと、うまく先取り貯金が回るようになります。

そのためには、自分にあった、ちょっと低めの目標ではじめます。

最初は焦らなくて大丈夫です。

さっそく、固定費から見直してみてくださいね♪