先取り貯金(天引き貯金)ができない方へ。先取り貯金(天引き貯金)を成功させるコツ

スポンサーリンク

先取り貯金(天引き貯金)、大事なのは知っているけどできないよ~!

その気持ち、よくわかります。わたしも昔はできなかったから。

そんなわたしが、どうしたらできるようになったか?を紹介しますね。

先取り貯金(天引き貯金)が成功する考え方vs失敗する考え方

先取り貯金(天引き貯金)は「先に収入から貯金額を引いて、残りのお金で生活する」方法です。

この「残りのお金で生活する」って、なんか「我慢する」とか「苦しくてつらーい道のりの始まり」って感じで、全然楽しくなさそうな感じがしませんか?

昔のわたしは、我慢しなきゃばっかり考えていました。

そして、先取り貯金(天引き貯金)ができない人は、大抵この考え方を持っています

このイメージを持っていたら、まず成功しません。だって、我慢、我慢ばっかりじゃ楽しくないから。

そのため、ここでぐるりと考え方を変えましょう。

先取り貯金(天引き貯金)というのは、「先に貯金さえしてしまえば、残りのお金については好きなように使っていいということ」

つまり、その範囲内なら自由に使ってもいい!という楽しいことなのです。

こう考えると、前向きに楽しくなりませんか?

なので、まずは先取り貯金(天引き貯金)に対して「楽しい」イメージを持ってくださいね。

先取り貯金(天引き貯金)は、実は「精神的に」楽な貯金方法です。

実は先取り貯金(天引き貯金)は、あまったお金を貯めるよりも精神的に楽な貯め方。

できない人にとっては「どこが楽?」って感じだと思うんですが、楽な理由を知ると意識が変わるので、説明します。

なぜ、精神的に楽かというと…

年間を通して同じ金額を貯めたとしても、あまったお金をためる場合、貯金が少ない月があると「今月はこれしか貯められなかった。来月頑張らなくっちゃ」と焦りがちになります。

そのため、何かに追われているような感じになってしまいやすく、ストレスがたまりやすいのです。

でも、毎月一定の金額ならば、とりあえずやるべきことはやってる!という気持ちを持ち続けることができるので、精神的にも楽になりやすいのです

つまり、精神的に楽=「貯金が成功しやすい」こころを続けやすいのです。

先取り貯金(天引き貯金)を成功させるコツは?

最初は、「ちょっとだけ」頑張ればできるぐらいの低めの目標にするのがポイントです。

なぜかというと、最初は気合が入っているので目標を高くしがちなのですが、貯金は「一時的」なものではなく、「ずーっと」続くもの。

今までの自分を大きく変えようとすると、一時的ならなんとか頑張れても、半年、一年となると難易度はすごく上がります。

すると、やっぱりできない……となって挫折して、辞めてしまいます。

一方、低めの目標でも続けられれば、「もうちょっとこれを頑張ってみようかな?」と思うようになり、結果的にどんどん先取り貯金(天引き貯金)の金額を増やせるようになります。

だからこそ、一見、回り道に思えたとしても、最初は低めの目標の方が結果的にうまくいきやすいです

なので、ちょっと頑張ればできそうな金額でまずは設定してみてくださいね。

もし、うまく頑張れてお金が余った時は、あまり貯金として別に貯めておけばいいのです。

何か月もあまり貯金がたくさんできるようだったら、そこで先取り貯金(天引き貯金)の金額を増やせばいいとわたしは思います。

焦る必要はありません。

先取り貯金(天引き貯金)って「楽しい!」「楽!」「できた!」と感じることがまずは大事なので、無理のない金額から始めてみてくださいね。

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
スポンサーリンク

フォローする