現在、ブログリニューアル中なので雰囲気の違う新記事と旧記事が混じっています

【意外と知らない】性格を変えなくてもお金が貯まる人になるコツ。浪費家のわたしでもできました

やる気が続く「こころ」を作る
さくら
お金が貯まらないのは性格のせい?どうしたら、お金を貯められる性格になるの?

昔のわたしは、貯金に挫折するたびにそう思ってきました。

だけど、いろんな幸運に恵まれて貯金ができるようになって分かったのは、「貯金ができないのは性格のせいじゃない」っていうことでした。

実際、貯金0円の時のわたしと、1,000万円のへそくりを持っているわたしの性格は変わっていません。

友人たちからも「さくらは変わらないねー。」

っていい意味なのかどうかはさておき(苦笑)、言われています……。

そもそも、性格ってそんな簡単に変えられないから、変えようとする=難しいことをやる=挫折しやすいんです。

そこで、わたしが見つけた『性格を変えなくてもお金が貯まる人になる方法』を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

性格はそのままで、お金が貯まる人になる方法

わたしが、性格を変えずにお金が貯められるようになったのかというと、実は「正しい目標」が立てられるようになったからでした。

実は、目標って立て方にコツがあるんです。

それがわかってないと適当な目標になってしまってお金が貯められません。

その結果「誘惑に弱い自分の性格が悪いんだ……」って思ってしまいます。

だけど、3つのコツを意識して目標を立てるとお金が貯まる自分に変われます。

そこで、この3つのコツをリアルに感じられるように嵐の櫻井翔くんを題材にした小話を作ってみました。

せっかくなので、コツを探しながら読んでみてください♪


例えば、あなたは嵐の櫻井翔くんのファンだったとします。

ある日、3か月で5キロ痩せたら嵐の櫻井翔君と付き合えます!と言われました。

櫻井翔くんのファンのあなたなら、もう必死に頑張りませんか?

今までダイエットに成功したことがなくても。

だって、あの憧れの櫻井翔君と付き合える!

いつもならつい食べちゃうお菓子も、櫻井翔君が頭に思い浮かぶからやめられます。

面倒くさい運動だって、櫻井翔君のためなら頑張れます。

リバウンドしたとしても、絶対あきらめないで頑張ります。

今まで頑張れなかったことでも、櫻井翔君と付き合えると思ったら頑張れませんか?

さて、お金が貯まる目標に必要な三つのコツって何か、この例でイメージできましたか?

ではでは、答え合わせをしてみましょう。

1:高すぎない目標を立てる

3ヶ月で5キロ痩せるって「絶対無理!」っていう目標じゃなくて、ちょっと手が伸ばせばできそうな目標だと思いませんか?

だからやる気が出るんです。

これが、3ヶ月で15キロとか言われたら、そもそも無理でしょって我に返る人も多いはず。

そのため、高すぎない「ちょっと手を伸ばせば届く」目標にすることが大事なんです。

いろんなところで書いているんだけれど、最初はとにかく気合が入っているので高い目標を立てやすいです。

だからこそ意識して下げてみてください。

慣れてくれば貯金のスキルが上がって貯金額を増やせるようになるので、最初は低くても大丈夫です。

大事なのは「わたしでも頑張ったら成功できる!」っていう気持ちを作ること。

そう思うからこそ、やる気がさらに出ます。

貯金に慣れていない人は「達成すること」が大事なので、ちょっと手を延ばせば届くぐらいの目標にしましょう。

2:貯金をしよう!ではなくて「○○を叶えたい!」という夢ベースの目標を立てる

あのエピソードを読んでダイエットが成功しそうだなって思ったのは、絶対に櫻井翔君と付きあいたい!っていう強い気持ちを感じたからじゃないでしょうか?

目標を達成するには「強い気持ち」が必要なんだけれど、気持ちの持ち方にコツがあります。

どういうことかというと「痩せたい!」じゃなくて「櫻井翔君と付き合いたい!」

だから、成功する人がググーっと増えます。

これを貯金に応用すると「貯金したい!」じゃなくて「○○を叶えたい!」

さくら
例えば、素敵な結婚式をあげたいとか、無駄遣いをしてるお金を大好きなアーティストのライブ代にしたいとかです。

人は義務感(「貯金しなきゃいけない」)では頑張れなくて、叶えたい夢だからこそ頑張れます。

だから、叶えたい夢をしっかり考えることが大事。

これについては、下の記事でもうちょっと詳しく書いたのでよかったら読んでみてください。

【実体験】引き寄せの法則がうまくいかない!から、お金の引き寄せに成功した?話
...

3:目標は行動じゃなくて金額にする

櫻井翔君と付き合える条件が「3ヶ月5kg痩せる」じゃなくて、例えば

「3ヶ月間、毎日ヘルシーなお弁当を作ること(体重は減っていればいい)」

だったらどうでしょうか?

もちろん、達成しちゃう人もいるだろうけれど3ヶ月5kg痩せるよりも挫折する人が増えます。

なぜかというと、行動を目標にするとその行動がとれなかっただけで終了になるからです。

でも、5kgという数字(金額)の目標なら途中でリバウンドしても最終的につじつまが合えばOKだし、たまにはおいしいランチを食べたっていいんです。

息抜きしたって、時に失敗しちゃっても復活できます。

なので、貯金目標を立てるときは「金額」にしましょう。

行動はあくまで手段。

そう考えると、行動がうまくいかなくても気にしなくていいんです。

代わりの行動を探せばいいだけだから。

例えば、節約しようと思うと「早起きしてお弁当作りする」っていうのを目標にしがちだけれど、行動は失敗してもいいんです。

なぜなら、

  • お弁当作りじゃない方法で何か節約できないかな?
  • 早起きしなくてもお弁当作りができる方法はないかな?
  • おにぎりだけ持って行って、おかずだけ買う(あるいはその逆)にしてみようかな?

っていくらでもリカバリーの方法を考えられるから。

さくら
行動(手段)がダメな時に諦めちゃうのは、本当にもったいない!!

行動(手段)で失敗した時にあきらめないようにするためにも、貯金の目標は行動じゃなくて「金額」にします。

この三つのコツを守った目標を作るとお金が貯まりやすくなります。

お金を貯めるには、性格を変えるよりも生かすことが大事。

つまり、お金を貯めるには目標を自分を合わせるのではなくて、自分に「目標」を合わせていくようにすると成功率がグンとアップします。

つまり、自分の性格を変えるのではなくて、自分を生かすことが大事なんです。

だから、「義務感」ではなくて「自分が本当に叶えたい夢」がベースになる目標が大事だし、

無理して息切れしないために「ちょっと手が届く」ぐらいの目標にすることが何より大切です。

人は「義務感」だけじゃ頑張れません。

自分の好きなことや夢のためだから、頑張れます。

それを忘れずに自分を生かした目標を立ててみてくださいね。

そうすれば、1年後「あれ?わたし、お金が貯められるようになってる……!!」って変わった自分にびっくりしますよ♪