現在、ブログリニューアル中なので雰囲気の違う新記事と旧記事が混じっています

セールで無駄な洋服を買いすぎない三つのコツ。後悔しない服だけ買ってセールを楽しもう♪

無駄遣いしない!上手にお金を使うコツ
B子さん
ついついセールだと洋服をたくさん買っちゃう。
C子さん
この服、かわいくて安い!って買ったけど結局着てない(涙)。これってお得じゃなくて逆に損だよね…。

こんな風に悩んでいる人向けに、セールやアウトレットで服をたくさん買わない、買い過ぎない方法について紹介します。

時々、節約の本とか雑誌では「セールに行くと買い過ぎるから行かないようにしましょう」って書いてあるけど、

さくら
やっぱりセールは大好き!!やめられなーい!!

だけど、そんなわたしでも「三つのコツ」がわかってからは、セールに行っても無駄な洋服を買わなくなりました

コツといっても難しくなくて誰でもできるとっても簡単なコツです(本当に簡単だから拍子抜けするかも?)。

もうセールで損したくないー!!かわいいお洋服だけ欲しいー!!っていう人はぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

自分の本音を知ると、セールで洋服を買いすぎない自分に変わります

そもそも、セールで服を買いすぎるのは、どうしてもお得!安い!っていうところに気持ちが集中してしまうからです。

だけど、本音は「お得」な物じゃなくて、

さくら
自分が「本当に」欲しい服を「お得に」買いたい

じゃないですか……?

そう考えると「お得」だけじゃちょっと条件が足りないんですよね。

そこで、これから紹介する三つのコツを使うと

さくら
今、買おうと思っているのは、自分が「本当に」欲しい服?

って自分に確認できるようになるので、セールの誘惑に負けずに洋服をたくさん買わなくなりますよ♪

後悔する服はもういらない。セールで洋服を買いすぎない3つのコツ

1. 買いたい物リストを作る

自分の欲しい物・買いたい物についてノートを作ると、実は洋服の買い過ぎををグッと減らせるようになります。

とはいっても、ただ「なんとな~く」書くだけじゃ無駄遣いは減らせません

買いたい物リストを作るときは、自分の欲しいものの優先順位を考えながら作ることがとっても大事です。

C子さん
優先順位がわかると、どうして無駄遣いが減らせるの?

なぜなら、セールやアウトレットに行って、「あ、これカワイイ!安いし、買っちゃおうかな♪」って思ったとき、

さくら
これを買うと、買いたいものリストにある○○を買うのが遅くなっちゃうけど、本当にいいの?

と自分に質問できるからです。

リストにある「買いたい洋服」がセールに出ているなら絶対おトク!

だけど、リストにない洋服って自分にとって本当におトクなのかというと、ちょっと違います。

なぜなら、今、手に持っている物を買っちゃうと使えるお金が減って、リストに書いた「買いたい洋服」が買えなくなるからです。

つまり、買いたいものリストと比較することで、

「お得!」「カワイイ!」っていう気持ちだけだったのが

さくら
自分にとって本当に欲しい物?

って冷静に考えることができるようになるので、無駄なお洋服を買わなくなるんです。

さくら
ちなみに、リストに載ってる物よりも欲しい!と思ったら買ってOK。それは無駄遣いじゃないです。

ところで、買いたい物リストを作ってみるとわかるんだけど、自分の欲しい物についていろいろ書くのはかなり楽しい♪

専用のノートでなくても手帳のメモページとかでも十分だし、雑誌の切り抜きを貼ったりして、こういうのが欲しいな~って楽しく作ってみてくださいね。

さくら
ちなみに、買いたいものリストを作るときのコツは、具体的に書くのがおすすめです。

例えば、トレンチコートだけ書くのではなくて、具体的にどういうトレンチコートが欲しいのか?(ライナー付きorなし、色、丈など)までしっかり書くとより成功しやすいです。

2. 買いたいと思ったら、自分に「ある質問」をする

安い!オトク!と思って買いたくなったら、下の質問を自分にしてみてください。

「これを買うと同じアイテムはしばらくの間買えないけれど、本当に後悔しない?」

この言葉を使うと、

  • 同じような感じで
  • いまいち気に入っていない

という服が大量増殖するのを防げるようになります。

6年ぐらい前、わたしはこの言葉のおかげで無駄遣いをしなかったので、その話をしたいと思います。


アウトレットで、すごく安くなってるパンツ(ズボン)がありました。ただ、正直、完璧?と言われるとちょっと違います。

でも、その値段を考えるとものすごくいい商品でした。

夫にも聞いてみたんだけど悪くないって感じで、購入を特に反対されませんでした。

普段だったら買っちゃってたと思います。すごく安かったから。

それなのに思いとどまれたのは、下の台詞が頭の中にふっと浮かんできたからでした。

さくら
これを買うと、同じ感じのパンツ(ズボン)はしばらくの間は買えないよ。本当に後悔しない?

その時、わたしの心の中に浮かんだのは、「もっと似合って着心地がいいのがあったら、ちょっと高くてもそっちがいい。」だったのです。

そのため、買わないという決断をすっきりすることができました。

さくら
一方、同じアウトレットで買ったトレッキングシューズは、「これを買ったら、数年間、同じアイテムを買えなくても後悔しない」と思ったので買ったところ、3年経った今もお気に入りです。

「こんなにお得なのはない!」と思うと判断が鈍ってしまうけど、

「これを買ったら同じようなアイテムはしばらくの間、買えないけどいいの?」

という気持ちを持つと、同じような感じの、いまいち気に入っていない服が増殖するのを防げます。

3. 「着回せる」「安い」に買う基準をもう一つプラスする

セールで失敗する原因の一つが、「着回せる」「安い」だけで買ってしまいやすいからなんです。

もう一つ買う基準を足すと、着回せるはずなのに着回せない服を撲滅することができます。

もう一つの基準は、試着した時に

着てきたお洋服と同じくらいorよりかわいく、キレイに自分が見える」服を買う

と決めることです。

そもそも、本音は、今、着ているお洋服より似合わないものなんて、わざわざお金を払って買いたくないですよね?

わたしたちが本当に買いたい服は「よりかわいく・きれいに見える服」

だけど、つい「値段」だったり「着回し」だったりの理由で本音を忘れてしまうんです……。

さくら
特にセールやアウトレットで安くなっているときは!!(……って実体験だけど(苦笑))

だから、試着でしっかり「よりかわいく・キレイに見える服」以外はいらないって思い出すことが大事。

ちなみに、このコツのいいところは、着ている洋服と比較するから似合うかどうかがはっきり分かりやすいところ。

店員さんが「お似合いですね~。」と言っても、着てきた服より似合ってないならそれは似合ってません(苦笑)。

試着が苦手で店員さんに断れない……っていう人は下の記事を参考にしてください♪

試着が苦手な人へ。試着したけど買わない時の断り方。店員さんにサラッと伝えるには?
...

まとめ:上手にお買い物をしてセールを楽しもう♪

セールを我慢しなくても、上手にお買い物ができればセールに行っても大丈夫!

そのためには、「自分が本当に欲しい服」を忘れないように「安い!買いたい♪」と思ったときほど三つのコツを使ってみてくださいね。

自分が「本当に」欲しいお洋服ってどういう服?って疑問に思った人は、下の記事も一緒に読むともっと理解が深まります。

「買ったけど着ない服」「捨てるだけの服」はもういらない!着る服だけ買う方法
...

ちなみに、三つのコツのうち、二つのコツはお洋服以外でも使えるコツなので、雑貨とか食べ物などほかのことにも応用してみてください♪