現在、カスタマイズ中のため表示が乱れることがあります。

セールやアウトレットで無駄遣いをしない3つのコツ。後悔しない買い物のコツを紹介します

洋服代を節約するコツ

セールやアウトレットって安く買えてうれしいけど、無駄遣いになっちゃうことってありませんか?

昔のわたしは、セールやアウトレットで大成功な買い物もあったけど、同時に「無駄遣いなモノ」も同じぐらいたくさん買ってました(苦笑)

さくら
だから、全体的に見るとそこまでオトクじゃなかったかも……(汗)

そんなわたしだったんだけど、三つのコツがわかってからはセールやアウトレットで無駄遣いをグッと減らすことができました

コツといっても難しくなくて、誰でもできるカンタンなコツです(本当にカンタンだから拍子抜けするかも?)。

そこで、わたしが変われた三つのコツについて紹介します。

スポンサーリンク

セールやアウトレットで無駄遣いしないコツ1:欲しい物リストを作る

実は、自分の欲しいモノについてノートを作ると、無駄遣いをグッと減らせるようになります。

というのも、欲しい物リストを作ると、自分がしたいこと・欲しいモノの優先順位がはっきりわかるからです。

C子さん
優先順位がわかると、どうして無駄遣いが減らせるの?

なぜなら、セールやアウトレットに行って、「あ、これカワイイ!安いし、買っちゃおうかな♪」って思ったとき、

「これを買うと、欲しい物リストにある○○を買うのが遅くなっちゃうけど、本当にいいの?」

と自分に質問できるからです。

さくら
欲しいものリストは作るだけじゃ効果が出にくくて、作った後に自分に質問すると効果が抜群です!

リストにある「欲しいモノ」がセールに出ているなら絶対おトク!

だけど、リストにないモノって自分にとって本当におトクなのかというと、ちょっと違います。

なぜなら、今、手に持っているモノを買っちゃうと使えるお金が減って、リストに書いた「欲しいモノ」が買えなくなるからです。

つまり、リストのモノたちと比較することで、今、買いたいと思っているモノは

「自分にとって本当に欲しいモノかどうか?」

がはっきりわかるようになるんです。

だから、無駄遣いを減らせます。

さくら
ちなみに、リストのモノよりも欲しい!と思ったら、買ってOK。それは、無駄遣いじゃないです。

ところで、欲しい物リストを作ってみるとわかるんだけど、自分の欲しいモノについていろいろ書くのは、かなり楽しい!

専用のノートでなくても手帳のメモページとかでも十分なので、こういうのが欲しいな~って楽しく作ってみてくださいね。

さくら
ちなみに、欲しい物リストを作るときのコツは、具体的に書くこと。

例えば、トレンチコートだけ書くのではなくて、具体的にどういうトレンチコートが欲しいのか?(ライナー付きorなし、色、丈など)までしっかり書くと、さらに成功しやすくなります。

セールやアウトレットで無駄遣いしないコツ2:買うときに、自分に質問する

セールやアウトレットで安い!オトク!と思って買ったんだけど、やっぱりなんか気に入らなくて着ない、使わない。

そんなモノが多い人は、下の質問を自分にしてみてください。

「これを買うと、同じアイテムはしばらくの間買えないけれど、本当に後悔しない?」

実は、2年ぐらい前、わたしはこの魔法のことばのおかげで無駄遣いをしなかったので、その話をしたいと思います。

とあるショップで、すごく安くなってるパンツ(ズボン)がありました。ただ、正直、完璧?と言われるとちょっと違います。

でも、その値段を考えると、ものすごくいい商品でした。

夫にも聞いてみたんだけど悪くないって感じで、購入を特に反対されませんでした。

普段だったら買っちゃってたと思います。すごく安かったから。

それなのに思いとどまれたのは、下の台詞が頭の中にふっと浮かんできたからでした。

「これ買うと、同じ感じのパンツ(ズボン)はしばらくの間は買えないよ。本当に後悔しない?」

その時、わたしの心の中に浮かんだのは、「もっと似合って、着心地がいいのがあったら、ちょっと高くてもそっちがいい。」だったのです。

そのため、買わないという決断をすっきりすることができました。

(同じお得な商品でも、KEENの靴は、「同じアイテムを買えなくても、後悔しない」だったから、買いました)

「こんなにお得なのはない!」と思うと判断が鈍ってしまうけど、

「これを買ったら、同じようなアイテムはしばらくの間、買えないけどいいの?」

という気持ちを持つと、安さに引きずられませんよ♪

セールやアウトレットで無駄遣いしないコツ3:洋服限定。試着の時に絶対必要な基準

安いし、着まわしがききそう……!と思って買ったんだけど、意外と着ていない服が多い人は

試着してお洋服を買うときに、必ず「着てきたお洋服と同じくらいorよりかわいく、キレイに自分が見える服を買う」ようにしてみてください。

そもそも、本音は、今、着ているお洋服より似合わないものなんて、わざわざお金を払って買いたくないですよね?

わたしたちが本当に買いたい服は「よりかわいく・きれいに見える服」

だけど、つい「値段」だったり「着回し」だったりの理由で本音を置いてきちゃうんです……。

だから、試着でしっかり「よりかわいく・キレイに見える服」以外はいらないって思い出すことが大事。

ちなみに、このコツのいいところは、着ている洋服と比較するから、似合うかどうかがはっきり分かりやすいところ。

店員さんが「お似合いですね~。」と言ったって、着てきた服より似合ってないなら、それは似合ってない服(苦笑)。

ちなみに、このルールを守れるようになると、自然と自分に似合う服だけがクローゼットの中に増えていくので、とってもおススメです。

ところで、試着が苦手で、店員さんに断れない……っていう人は下の記事を参考にしてください♪

試着が苦手な人へ。試着したけど買わない時の断り方。店員さんにサラッと伝えるには?
...

三つのコツを使うと、セールやアウトレットで後悔しない理由

三つのコツを使うとセールやアウトレットで無駄遣いが減らせるのは、「今、欲しいと思っているのは、本当に自分が欲しいモノ?」って自分に聞くようになるからです。

というのも、セールやアウトレットで無駄遣いしちゃうのは、お得っていうところに気持ちが集中しちゃうから。

だけど、本音は「お得」なモノよりも、『「本当に自分が欲しいモノ」をお得に買いたい』。

「お得なモノ」だけじゃ、ちょっと条件が足りません。

なので、「本当に自分が欲しいモノ?」って思い出してあげると、無駄遣いを減らせるようになりますよ♪

まとめ

今買うとお得、買わないと損!っていう誘惑はとっても強いです。

正直に言うと、すっかり貯金ができるようになったわたしだって、今も時々グラグラしています。

でも、そんなときはいつも「自分が本当に欲しいモノ」ってなんだろう?「自分が本当に欲しいモノ」を買おうって意識することで、誘惑に負けないでこられました。

なので、「自分が本当に欲しいモノ」を忘れないようにするために、セールやアウトレットを楽しむときは三つのコツを使ってみてくださいね。

P.S. 気に入って買ったはずなのに着ない服が多い人へ

気に入って買ったはずなのに、いつの間にかタンスの肥やしになっている人は、セールやアウトレットに行く前に下の記事も読んでみてくださいね。

きっと、買ったけれど着ない服が減らせます。

買ったけれど着ない服ばかり。着る服だけお買い物をするコツ
...