買ったけれど着ない服ばかり。着る服だけお買い物をするコツ

スポンサーリンク

納得して買ったはずなんだけど、なぜかあまり着ないお洋服。そんなお洋服を買うと、かなり後悔しますよね……(涙)

何より、そのお金があったら他のお洋服を買えたのに!って思うとちょっと悔しい気持ちになったり。

節約を始めたころは、わたしはよくそう思っていました。だけど、今は昔に比べるとずいぶん少なくなりました。ここでは、そのきっかけを紹介します。

コツは買う時ではなくて、着ない服を捨てるときに、見つかります。

買い物の失敗を防ぐというと、一見「買う時」に気を付ける方法だと思いがちですが、実は違います。

お洋服を捨てるときに、そのコツが隠れています。

つまり、お洋服を捨てる時に、なんで気に入っていないのか?を考えるようになってから、お買いものの失敗が減るようになりました。

というのも、好きな服のこだわりは誰しもわかっているけれど、「着ない服」のこだわりは意識していないことが多いです。

だけど、買い物の失敗を減らすには、好きなこだわりよりも「着ない」こだわりを知って意識するのがすごく大事。

そして、買った服は基本的には「好き」系統のお洋服のはず。

それなのに、着ない・いらないと言うのは、「一見好きだけど、本当は着ないお洋服」ということなので、それに気がつくのはとても大事なのです。

どうやって、この「一見好きだけど着ない服」の特徴を見つけるか?というと、着なくなったお洋服を処分する時が一番見つけやすいと思います。

そのためには、ただ捨てるのではなく、着なくなった理由を一度よく考えてから捨てるのがオススメです。

わたしが着ない服を整理するときの思考回路。

買ったけどあまり着なかったお洋服を捨てる時、

似合わないからもう捨てちゃおう!→ 何で似合わないのを買っちゃったんだろ? → 気回しがきくと思ったから?or 安さにつられて?

など、買った時の気持ちを思い出します。つまり、このお洋服を着なくなった理由と、買った原因についてよく考えるのです。

ちなみに、私の場合は……

「ちょっとチクチクするけど、我慢できる。」と思ったけど、やっぱり着なくなっちゃった。

「痩せれば入る!セールで安いし、チャンス!」と思ったけど、やっぱり痩せられなくてキツくて着なくなった。など、いろいろあります(苦笑)

結局、着心地がよくないといくら可愛くてもわたしは着ないのです。例え一目ぼれしても。

でも、可愛ければ、多少着心地が悪くても着る!という人もいます。

それはそれでよくて、自分が何を優先するのか?を知ることがとても大事なのです。

見比べることで、つい買ってしまう着ない服の特徴がわかります

また、他には「お気に入りのお洋服」と「捨てるお洋服」を見比べるのも、着ない服の特徴が見つけやすくなります。

昔、お気に入りのツインニットと、捨てようと思ってるツインニットがありました。(同じカテゴリーで比較したほうが分かりやすいと思います。)

なんでこれは気に入ってて、あっちは気に入ってないんだろう?パッと見はそんなに変わらないのに……と自分自身に質問していくと、思わぬ自分の「こだわり」が見つかってきます。

(ちなみに、わたしの場合、袖のゆとりがありすぎるとダメと気がつきました。)

自分の苦手ポイントがわかれば、雑誌でいいって言われても 、自分は嫌いって知ってる。だから、そんな服は基本的に選ばない=捨てるお洋服も減ります。

自分の好みって実は分かっているようで分かっていないことも意外と多いのです。

買ったけど着ない服の特徴を知ると、前よりもお買い物上手になれると思うので、よかったらやってみてくださいね。

わたしもこれで、ずいぶんお買い物の失敗が減りました♪

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
スポンサーリンク

フォローする