現在、カスタマイズ中のため表示が乱れることがあります。

【お悩み相談】貯金が楽しくない。貯金を焦る気持ちはどうしたらいいですか?

節約・貯金の悩み相談

はじめまして。
いつも楽しく、そして沢山勉強させて頂きながら拝読しています…!
30歳を前にして貯金ゼロから本気で貯金しようと思い、今年から100万円貯金目指して頑張っています。
家計簿を付けて、先取り貯金をして、やりくりして……けれど本気で貯金を初めて半年目。そろそろ息切れがしてきました。

気付けばいつもお金の事ばかり考えるようになってしまいました。
切り詰めるところは切り詰めて、使うところは使おうと思っても、上手くメリハリがつけられません。
お金を使うこと自体、辛く感じてしまいます。

さくらさんの最新記事を読ませて頂き、100万までは辛くても頑張ろうっ!と決意を新たにする反面、遅い貯金スペースや思うように貯金できないもどかしさで辛く悲しい気持ちになります。

もっと楽しい気持ちで貯金がしたいです。
貯金を焦ってしまう心や、お金のことばかり考えてしまう心は、どうすればいいでしょうか?

Hさん、ご質問ありがとうございます。

これを読んだとき、原因の一つはわたしのせいだと思いました。わたしは、ブログで「焦る」気持ちを持つと節約できるようになります、と書いています。

目標を立てても貯金できない!もう挫折しないためのこころの作り方(2)

この考えに変わりはないけど、わたしと違って「焦りすぎている」感じがしました。そのせいで気持ちがつらい方向に行ってしまっているのかな?と。

つまり、お金を使うこと自体つらく感じたり、つらく悲しい気持ちになったり、お金のことばかり考えてしまうのは、すべて「焦りすぎている」からと思ってます。

なので、その焦りすぎる気持ちをどうしたらいいのか?について書きますね。

焦る気持ちをなくすには、他人ではなくて過去の自分と比較する

Hさんは本当にまじめに頑張っていますね。だけど、きっと自分を褒めていないんだろうなと思いました。

半年も頑張っている自分を褒める気持ちよりも、昔の自分を後悔している気持ちが強い。だから、ペースが遅いなとか感じてしまうのでは?と思いました。

ペースが遅いって誰と比べているかというと、きっと「他人(理想)」。

今のHさんの自分を褒める基準は「対自分」<<<「対他人」

「対他人」の軸ももちろん必要。客観性はとっても大事です。だけど「対自分」の軸もなければ特に最初のころはつらいと思います。

だって、一番大変な初期の時期に、貯めている人(他人・理想)だけを基準に考えたら、誰だって焦ってしまいます。

その焦る気持ちが貯金を頑張る原動力になるけど、強すぎると自分の首を絞めてしまうので「対自分軸」もとっても大事なんですよ。

「対自分軸」を作るために必要なこと。

「対自分軸」を作るために必要なのは、自分の過去を受け入れること。

だけど、Hさんは、無駄遣いしてばかりで貯金できなかった昔の自分に対して後悔の気持ちが強くて、責めてしまうんだと思います。

でも、責めなくていいんです。だって、お金の使い方って誰も教えてくれなかったんだから、できない人がいたって当たり前なんですよ。

だから、昔の自分を責めないで、過去の自分はこうだったな~とだけ、思うようにしてくださいね。

そうすれば今の自分の見方が下のように変わります。

「あの時の自分より成長したな~。」って。

「節約する!」と決心して半年も頑張ってるって本当にすごいこと。半年間、苦しいながらも続けられるって、誰でもできることじゃありません。

現に、今までHさんだってここまで頑張れなかったはず。

つまり、昔の自分ができなかったことが、今できているんです。だから、ちゃんと自分を褒めてくださいね。

これが「対他人(貯金額)」でしか評価ができなかった自分を、「対自分」の軸で見るということ。

そうすると焦りが少し減ると思います。

貯金額がまだ小さくても、自分がやってきたことは小さくない。だから、自分のやってきたこと・自分を変えられたことは正しく認識して褒めてくださいね。

以前書いたことがあるけれど、自分を褒めるって実は本当に大事なことなんです。

自分を褒めると節約できる?!貯金を成功させる考え方のコツ。

ただ、これだけだとまだ「焦り」の気持ちは取れないかもしれないと思ったので、あわせてもうちょっと客観的な事実を書きますね。

人生はまだまだ長い。だから焦る必要はないです。

Hさんは、今30歳手前ということなので、大学卒で働き始めたとして約8年ぐらいですね。仕事ではベテラン扱いかもしれません。

そして、周りは貯金している感じだし、自分は貯金がゼロだったからすっごく焦っているんですよね。30歳にもなって貯金がゼロって……!!

30歳=30年も!!って思ってしまいがちだけど、よく考えると働き始めてからまだ8年。

これからの長ーい人生を考えると、8年はいくらでも取り返すことができます。だから、今すぐ追いつこうと考えなくていいと思いませんか?

だから長い目で見ると、そんなに焦る必要はありません。

「今」と「未来」が幸せでいるために、Hさんは貯金や節約を頑張っているはず。

「今」の幸せのためにちょこっとお金を使う。「未来」の幸せのためにちょこっとお金を貯める。

こう考えると、辛く感じないで、いいお金の使い方ができるかな?と思ってます。

まとめ

「自分の過去を受け入れて、きちんと自分をほめる」「人生は長い。だから「今すぐ」貯金が追いつかなくても大丈夫」と思うことができれば、焦りも減ってくるのでは?と思いました。

以上が、Hさんの質問へのお答えです。

Hさんの性格が全く分からない中でのお返事なのでピントがずれているかもしれないのですが、参考になったらうれしいです。

コメント