現在、カスタマイズ中のため表示が乱れることがあります。

【お悩み相談】節約にはまってしまって何となくケチに。どうしたらいいですか?

節約・貯金の悩み相談

ここのブログを読んでいる人たちは、節約をはじめたばかりの人から、途中の人、ベテランさんまでいろいろだと思います。

そんな中、「お金が使いにくい!」ということになっちゃった方から質問がありました。

「節約にはまってしまって、なんとなくケチになってしまった気がしてるのですが、どうしたらいいですか?」

お金を使いにくい!って言うのも、それはそれで問題ですね。

なぜなら、死んでもお金は持っていけないし、お金を使うことで、楽しい・うれしい・美味しい思い出ができる。

お金がなくてもそういう思い出は作れるけど、お金を使うことでできる思い出もあります。

なので、お金を使うことも大事にしてほしいな~と思うので、わたしがやっていることを紹介したいと思います。

スポンサーリンク



目的のためにお金を貯めるとお金は使いやすい。

節約しすぎてしまう人の場合、目的ごとにお金をためるといいと思います。

「冠婚葬祭代」「旅行代」「洋服代」「(相手への)プレゼント代」「(自分のための)ごほうび代」、そうそう社会人なら「飲み会代」があってもいいかも。

飲み会に行きたいけど、もったいないという気持ちがチラッと出てきちゃう……とかなら。

そうすると、それは「使うための」予算だから、お金を使いにくくならないと思います。

そして、予算があれば「使いすぎる」こともないです。というのも、今回はやめておこう、今回は参加しようって自分で予算の範囲で考えるようになるから。

そうすると、どの飲み会に行こうかな?って考え方になるから、「飲み会=無駄=お金がもったいない」みたいな考え方にはなりません。

スマイル貯金@予備費のすすめ

目的別の貯金(積立)の他におすすめなものは「予備費」=「スマイル貯金」

というのも、やっぱり予想外の出費って出てくるんですよね。すべての出来事に対して準備はできないから。

「スマイル貯金」を用意しておくと、そんな急な出費が出たときの緩衝材となってくれて、自分がこつこつ貯めたお金を崩さなくてすむようになります。

わたしの場合、

  • 独身時代は「あまり貯金(残業代)」の一部
  • 結婚後は「毎月の余ったお金」「ボーナスから帰省代・貯金などを除いたお金」など

がスマイル貯金(予備費)です。

スマイル貯金さえあれば、予想外の出費があってもためらいにくくなります。

そうなれば、きっと「貯めすぎ?」とか「ケチになった?」って自分を責めなくなりますよ♪

スマイル貯金の意味

ところで、予備費をわざわざスマイル貯金と言いかえているかというと、予備費だと堅いし、全然楽しそうじゃないな~と思って。

この予備費は、貯金をしつつ自分が笑顔でいるために使うお金。そういう風に使ってもらえたらいいなという意味を込めて「スマイル貯金」と名付けてみました。

(マックのスマイル0円に影響を受けてるだけ?(笑))

最後にお金って本当に難しいですね。「使いすぎても」「使わなさ過ぎても」それぞれ悩むというか……

きっと、ずっと自分を振り返りながらの勉強ですね。こんな感じなのですが、参考になったらうれしいです。

参考:予備費についての記事

予備費については、別の記事で改めて紹介しています。参考になればうれしいです。

貯金が成功する予算項目の作り方。定番以外の家計簿のおススメ項目はコレ!
家計簿の予算の項目って何を作ろう?って悩みますよね。定番の項目だけでもやりくりできる人はいるけれど、慣れてない人は定番以外の項目も作っちゃいましょう。いえいえ、自分が楽するためと、楽しみのためなので作ると貯金の成功率がアップします。ぜひやっ