現在、カスタマイズ中のため表示が乱れることがあります。

育英会の奨学金が500万もあったのにお気楽OLだったわたしの話

浪費家時代の思い出話

わたしは卒業時に日本学生支援機構(旧育英会)の奨学金返済が全部で500万円ぐらいありました。

だけど、卒業してもその重みに全く気がつかないお気楽OLでした(苦笑。だから、お買い物にはまってました……。)

なんで500万円の借金を抱えているのにお気楽OLでいられたのかというと、「ある考え方」をしていたせいでした。

スポンサーリンク



お気楽OLでいられた原因

それは何かというと、「みんな大丈夫なんだから、わたしも大丈夫。」という考えでした。

みんな返せているんだから、わたしも返せるでしょと。

(わたしが卒業した当時は返済できない人たちのニュースがあまり出てなかった頃でした。)

自分は普通だから、みんなと同じ。だから心配いらない。」と思っていたのです。

自分は普通だという自信、そのせいで返せなくなるかも?なんてイメージできなかったのです。

この言葉のせいで、わたしは借金の重みに気がつきませんでした。

いつか返せるでしょ~と思っていたOL時代

サークルのOB会で、先輩にわたしの奨学金の話をしたことがありました。

すると、先輩は「それ、自己破産するときの目安の金額を超えているよ。」と言ったのです。

さすがのわたしもびっくりしました。

びっくりはしたけど、「大げさだな~先輩!奨学金だし大丈夫でしょ。」としか思いませんでした。

だって、奨学金なんて借りている人が多いし、皆返せているんでしょ?わたしも働くんだから返せるよ~とお気楽に考えていたのです。

(その頃は、返済できない人たちのニュースがあまり出てなかった頃だったので、今とは状況が違うけれど。)

それに、両親も「働きながらゆっくり返せばいいんだよ。」と言っていました。

なので、全然借金の重みを感じていなかったのです。いつか返せるでしょ~って。

お気楽OLから目が覚めたきっかけ

だけど、貯金が少しできるようになってから気がついたのです。

夫(当時は彼)は転勤族だから、わたしはきっと仕事を続けられない。

奨学金の返済はどうする?さらに、結婚資金だって貯めなきゃいけないでしょ?

わたし、どうするの?やばくない?!

貯金がちょっとできるようになって初めて、本当に頑張ってお金を貯めなくちゃいけないことがわかりました。

そして、「みんなが大丈夫だからと言って、自分も大丈夫かどうかはわからない」という当たり前のことに気がつきました(苦笑)

そもそも、わたしのように女性で、夫が転勤族……。

それって奨学金を借りる人の中では、どう考えても「みんな」「普通」というより「マイナー」な方です。

それで、ようやく「みんな大丈夫だから、わたしも大丈夫。」「わたしは普通だし。」の言葉から目を覚ますことができました。

今は、奨学金も完済したし、へそくりもしっかりあるけれど、昔のわたしは先輩が忠告してくれたにもかかわらず、500万円の借金の重みに気が付けないほどおバカでした。

さくら
あまりにもおバカすぎて書くのも本当に恥ずかしいんだけれど、こんなおバカでも変われるんだ……!って思ってもらえたら幸いです(苦笑)