昔のわたしは見栄っ張り。見栄消費が治った「ある考え方」とは?

浪費家時代のエピソード

昔のわたしは見栄っ張りでした。

なんで見栄を張っていたのかというと、周りからお金がないって思われないようにするため。

お金がない=貧乏=かわいそうって思われたくなかったのです。

なので、お金を使うことで、お金があるように見せていました

「お金はないけど、貧乏とは思われたくない。かわいそうに思われたくない!」

これがわたしのこころの叫びでした。

だから、なんとなくお金を使うことが多くて、何に使ったのか?ってあんまり思い出せないタイプの浪費家でした。

スポンサーリンク

見栄消費が治ったきっかけ

でも、今のわたしはちょっと違います。

お金がないって思われても別にいいかな~という気分なのです。

どうしてそう思うようになったかというと、

さくら
「お金がある」と思われるとトラブルに巻き込まやすいから、ないと思われていた方がいい

って気がついたから。

だって、テレビでお金を貸したばっかりに殺されるニュースってみませんか?

金銭関係のトラブルで、貸した側が殺されるニュース。

お金があると思われてるから、借りに来るんですよね。そして、貸したのに殺されるなんて嫌!

しかも、100万円とかの変に身近な金額。

だから、このブログでは貯金額を正直に書いたけどリアルでは絶対に言いません。言っていいことなんて何もないって思うから。

そう思うようになったら、見栄消費がなくなって無駄遣いも減ってきました。

見栄消費をなくすために、こんな風に考えてみるとよいかも。

なので、周りの目を気にして買っちゃうって言う方は、ちょっと自分のことを見つめ直して見るといいと思ってます。

「お金がないって思われたって別にいいかな~」とは思えなくても、「お金があると思われると、トラブルに巻き込まれやすい」って知ると、

「そもそもお金があるように見せる必要ってある?!」と思いませんか?

それに、お金遣いが荒く見える子よりも、「結婚を考えると」堅実に暮らしている子の方が好きという男性の方が多そうですよね?

そう思い始めると、少しは見栄消費もなくなるかな~と思ってます。

なので、昔のわたしのように「周りから貧乏だと、かわいそうだと思われたくない。」と思っている人は、

  • 「そのためにお金を使う必要がある?」
  • 「どんなメリットがあった?」

と、一度自分を振り返ってみてくださいね。

落ち着いて考えてみると、思っているよりメリットはほとんどないので見栄消費も少しは減りますよ♪

参考:わたしが見栄っ張りになった原因

わたしがこんな見栄っ張りだったのは、自分の過去が原因だったって気がつきました。

同じような人もいると思うので、参考までにわたしの過去について紹介します。

見栄っ張りな自分を作っていた原因は小さい頃の出来事。もしかしたら、あなたも同じ理由かも?
...