車の買い替えに悩んでいる人へ。車を長く乗ると「お金」のほかにも「ステキなモノ」が貯まります。

節約上手な人の「お金の使い方」

車検の時期は特に車の買い替えって悩みますよね。

もちろん、買い替えた方がお得なら、買い替えちゃう方がいいと思うけれど、実際のところは、買い替えるとやっぱりお金がかかります。

C子さん
お金がかかるけど、買い替えようかな~。でも、もったいないかなぁ。

そんな風に悩んでいる方に、もったいないよ!って背中を押したくて、今回の記事を書くことにしました。

(なので、買い替えたい方は読まない方がいいかも……)

記事を書く前に一つ質問。

車に長ーく乗ると、「お金」だけじゃなくて、もっと「ステキなモノ」も貯まる!って知っていますか?

本当にボロボロになるまで乗ったからこそ気がついたことについて、ご紹介します。

スポンサーリンク

ボロボロになるまで乗った車のはなし

わたしの実家の車は今は3台目。どれも長ーく乗っているけど、教育費がかかる時期だった2台目の車はかなり乗っていました。

単に買い替えられなかっただけなんだけど(苦笑)

何年ぐらいだろう……?年数まではちょっと思い出せないんだけど、ある時「車の天井から雨漏り」しました。

弟が友人と雨の中、旅行に行く~と車を持って行ったら、突然引き返してきて、「雨漏りしたから帰ってきた!」って。

車って長く乗ると雨漏りするんだねぇ……っていう知識がつきました(って正しい知識かどうかは謎だけど)。

見かけはそこまでボロボロではなかったけど(へこみなどはない)、本当に古い車。

さすがに、この「雨漏り事件」が2台目を買い替えるきっかけになったんだけど、みんなこの車には愛着があって、売るときには記念写真を撮りました。

家族5人で車に乗った思い出が一番詰まった車。わたしたち家族とって、この車の思い出は別格だったのです。

1台目の車も3台目の車も思い出はあるけど、2台目の車の思い出が一番多いから。

(3台目は今も現役だけど、子供がみんな大きくなって買った車だから、思い出はちょっと少なめ。だけど最後の家族5人の旅行の思い出があります。)


一方、わたしの夫も、独身時代にボロボロの車に乗っていました。

義父→義兄→夫の順に譲り受けた車。あれも何年たっていたんだろう?

夫にとっては、実家で初めて買った新車。憧れの車だったんだそう。だから、見た目ボロボロでも夫は大好きだったのです。

(へこみとかはないけど、色褪せとかで古い車なのはすぐわかりました。)

結婚前、わたしが夏にはじめてデートで乗った時、冷房が完全に壊れてたぐらいボロボロでした(笑。修理に出したけど直らない~と言ってました。)

だけど、それはそれでまた楽しかったし、我が家のボロボロ車の自慢もしたり(そういえば2台目の車は冷房は壊れてなかった。)、そんな思い出を話してくれる夫がかわいかったです。

ボロボロになるまで乗った車だからこそ、思い出がたくさん!

そんな、ボロボロ車の思い出を持っているわたしだから思うんだけど、やっぱりボロボロになるまで乗った車だからこそ、思い出がたくさんあります。

(あ、ちなみに、ボロボロと言っても、経年劣化でのボロボロと考えてくださいね。事故車みたいなのではないです……。)

もちろん、数年で買い替える人に比べたら、格好良さはありません。

でも、1台に対して思い出がたくさんあります。だから、いつの間にか「かけがえのない車」になりました。

車が単なる道具じゃなくて、思い出の品になるんです。

「車が好きで、たくさんの車に乗りたい!」と思う人は、数年で買い替えるというのは、自分の家計と判断して問題がなければそのままでいいと思います。

「いろいろな車に乗る」というのが「幸せ」だから。

だけど、そこまで車好きじゃないけど、なんとなくそろそろ買い替えようかな……?という人は、一度考えてみませんか?

なぜなら、今の車を大事に乗れば乗るほど、今の車は「思い出がたくさん詰まった車」になる上に、その間に新しい車のお金を貯めることができるからです。

そうすれば、新しい車を買う時、ローンで無駄な金利を払う必要がありません。

さらに、「頑張ってお金を貯めて買った車」という「自分の頑張った証」としての思い出がついた車を買うことができます。

つまり、車を大事に長く乗るって、幸せな気持ちで暮らしていける「しくみ」の一つです

車のローンを組もうと思っているのなら、本当にそのローンで幸せになれるのかどうかをよく考えてくださいね。

今、車を持っているのなら、もうちょっと乗ってお金と思い出を貯めるのは、本当におすすめですよ♪