現在、カスタマイズ中のため表示が乱れることがあります。

コツコツ貯めて買うって大変!面倒くさい!と思ってる人へ。楽しいと感じるこころの作り方。

貯金できるマインドの作り方

「コツコツ貯めて」買うって、どんなイメージがありますか?

昔のわたしは、大変、めんどうくさい、辛い、しっかりしている人ができる……こんなイメージでした。

でも、実は「楽しいこと」!

そういわれても、とてもそんな風には思えませんよね。

そこで、「コツコツ買い」がどうして楽しいのか?楽しく思える話をしたいと思います。

スポンサーリンク



頑張って貯めたお金で買うから、うれしくて、楽しい。

わたしは、自分の好きなブランドでお洋服を買いたい。だから、毎月お洋服代としてコツコツお金を積み立ててます。

でも、十分な金額だとは思ってません。やっぱり思い通りに買うには足りないです。

だけど、一つお気に入りのものが増えるたび、わたしはすごく幸せです。だって、ようやく手に入れた、かわいくて素敵なお洋服だから。

浪費家時代に買っていた時より、ずっとうれしい。

それは、頑張って貯めたお金で買うから、うれしくて楽しいんです。

だから「次は何を買おうかな?」「頑張ろう!」って前向きになれるんです。

たくさん買っても、幸せにはなれないと気がつきました。

わたしは、「自分の欲しいモノをたくさん買えれば幸せだろうな」とずっと思っていました。だけど、それは違いました。

好きな物をたくさん買っても、自分が思っているほど幸せにはなれませんでした。

浪費家OL時代にたくさんの服を買いましたが、思っていたほど幸せじゃなく「普通の日々」。

びっくりするぐらい、普通の日々。

だから、もっとお洋服があれば幸せになれると思って、必要以上にお洋服を買っていました(この辺りの話は、下の記事で詳しく書いています)。

5)買い物大好きOLからやりくりOLになったきっかけ
...

たくさん買っても幸せじゃない理由

つまり、たくさん買えることは、実は幸せとはあまり関係ないんです。

なぜかというと、自分が欲しいと思ったときに買えることが「当たり前」になっちゃうから。

そして、「当たり前」なことにうれしい!とか楽しい!って人は感じにくいんです。

スペシャル感があるからこそ、うれしいと思ったり楽しく感じます。

もうちょっと具体例を出すと、例えば、一緒に住んでいるカップルを思い浮かべてください。最初は、二人とも幸せでラブラブです。

だけど、多くのカップルは、いつの間にかラブラブ感が少なくなっていきます。それは、その状態が日常で当たり前になるから。

それと同じで、たくさん買ってもその日常に慣れて、幸せを感じにくくなっちゃうのです。

欲しいものを自由に買えれば幸せだと思っていたけど、実はそうじゃありませんでした。

おまけ:サイバーエージェントの藤田社長のはなし

「お金どうしてるんですか?」嫌がる藤田晋に無理やり資産運用について語らせた|新R25
塩対応から飛び出したマネーの金言

上のインタビューの中で、藤田社長が

もう本当にお金に興味がないし、欲しいものもほとんどない。なかなか理解してもらえないと思うけど、欲しいものがあるというのは幸せなことだと思うよ。

という発言も根っこは同じ。

何でも買えるようになったからといって「幸せ」にはなれないんです。

コツコツ貯めて買うと、うれしい!楽しい!と感じる理由

じゃあ、うれしい!楽しい!と感じられるようなお買い物をするには、どうしたらいいのか?なのですが、人のこころの癖をちょっと利用します。

人は「簡単に手に入れたものより、苦労して手に入れたものの方に価値がある」と感じます。

同じものを買ったとしても、サラッと買うよりもコツコツお金を貯めて買うと、とっても嬉しく思うのは上の心理が働いているから。

頑張って買ったモノだから、同じものでもずっとキラキラして見えるんです。

だから、大事にしよう。大切にしよう。

そんな風にして買ったモノだからこそ、スペシャル感がでてうれしく楽しい。

「コツコツ貯めて買う」ってすごーく地味で辛いことに見えるけれど、本当はこんな気持ちになれるお買い物の方法なのです。

さらに、コツコツ貯めたお金で買うと思うと、お買い物も慎重になります。

だって、失敗したくないから。

その結果、さらに自分に合ったものが買えるようになって、もっと楽しくうれしくなります。

わたしが、昔より洋服に使えるお金が減ったのに幸せを感じるようになったのは、この「コツコツ買い」のおかげでした。

一見地味な買い方だけれど、数は少なくても、お気に入りのモノたちばかりが手に入るから、思っている以上に幸せになれます。

そして、いつの間にか楽しく節約している自分に気がつくようになりますよ♪