現在、カスタマイズ中のため表示が乱れることがあります。

お金がかからず、誰でも気軽にできる幸せなこころの作り方。

貯金できるこころの作り方

お金がかからず、誰でも簡単にできる、幸せなこころを作るコツを紹介したいと思います。

きっかけから読んだ方が理解しやすいと思うので、よかったらわたしの体験談から読んでみてくださいね。

きっかけは、わたしの夫の一言でした。

わたしの夫は付き合っていた当時、一緒にご飯を食べると「今日も無事に夜ごはんが食べられてよかった。」とよく言いました。

これを初めて聞いたとき、わたし、びっくり!

言われてみれば「無事にご飯食べられてよかった」とは思うけど、そんなの意識したことない。

おいしいご飯を食べた時は幸せ♪って思うけど、そうでないときは、かなり残念な気持ちになります。

だけど、これを聞いた時、夫の考え方は幸せになれるなと思ったんです。

毎日のご飯でも、「感謝しながら」食べる夫。一方、「当たり前」だと思ってしまって、普通に食べるわたし。同じご飯を食べてても幸せ度が違うと気がついたんです。

幸せかどうかは、感じ方によって違う?!

この時、幸せかどうかというのは「どういう生活を送っているのか」も大事だけど、その人の「感じ方」にも依存してるのでは?と思いました。

例えば、愛されていても実感ができなければ、ないのも同然。そう考えると「愛」があるかどうかの前に、自分がそのことに気が付けるかどうか?です。

「しあわせはいつもじぶんのこころが決める」相田みつをさんの有名な言葉ですが、本当にその通りだと、その時にはっきり意味が分かりました。

それに気づいてから、わたしは「今の生活から幸せなことを見つける」ということをやるようになりました。

自分のこころの感度が低いと、例え自分が考える「幸せ」に近づいたとしても、幸せを感じることができない、と思ったから。

わたしがやっていること。

そういうわけで、わたしは一日の最後に「いいこと」を振り返るようにしています。

わたしなりのポイントは二つあります。

1:「いいこと」を探し出す。

「嫌なことがあっても前向きに考える」ではなく、「自分がちょっとでも幸せ」と思えるようなことを探します。

なぜなら、辛いことを前向きに考えるより、いいことを探し出すことの方が精神的に楽だから(楽じゃないと続けられないし)。

正直、普通の日々から探すとなると時間がかかったりするんですけど(笑)、でも、宝探し的な気分で楽しくやってます。

2:「特別なこと」より「小さなこと」の方がGOOD!

「特別なこと」は誰でも幸せを感じます。例えば、宝くじが当たったり、上司に褒められたら誰でも幸せですよね。

一方、「ささいな・小さなこと」は幸せを感じにくいこと。

だからこそ、そういうことで幸せを感じられるようになれば、幸せの感度が上がったということになるので、「小さいこと」の方がいいのです。

とはいうものの、宝くじが当たったのに、わざわざ「小さなこと」を探すのは不自然(笑)。「特別なこと」もちゃんと喜ぶのが健全なこころ。無理はダメです!

ただ、やってみると分かるけど、普通の人にはそうそう「特別なこと」なんて起こりません。

そういう時に、「何にもない」で止まっちゃったり、「こんな小さなことでいいのかな?」と思ったり。

だけど、「小さな・ささいなこと」を見つける方が難しい&価値が高い。目的は「幸せを感じやすくする」自分になることだから。

だから、「何にもない」「こんな小さなことでいいのかな?」じゃなくて、小さなことを発見できたら、むしろ「やったー!」と思ってほしいのです。

ちなみに、昔は毎日やっていたんだけど、最近はこころの余裕のある時に減ってきました(出産・育児でボロボロ……)。

だけど、この習慣をやっていたおかげで、昔のわたしよりもちょっとのことで喜べるようになってきています。

(すごく久しぶりに大学時代の友人にあったら、雰囲気が柔らかくなったと言われたんだけど、このせいかも?とふと思いました。)

これは、お金もかからないし気軽にできるのでおススメです。よかったらやってみてくださいね。