現在、ブログリニューアル中なので雰囲気の違う新記事と旧記事が混じっています

衝動買いは【心理学】でやめられる。ストレスでお金を使いたくなる自分を変える方法

ストレス発散できて衝動買いしない自分になった人無駄遣いしない!上手にお金を使うコツ

「また衝動買いしちゃった……。ストレスがたまってるせいかも。」

  • 仕事で上司やお客様に怒られたとき
  • 仕事で失敗したとき
  • 子育てに疲れたとき
  • 恋愛や友人関係がうまくいかないとき

衝動買いでストレス発散してしまう、お金を使いたくなる!!という方へ、お金でストレス発散しないコツを紹介します。

その前に一つ質問します。

どうして「衝動買い」でストレスを発散したくなるんだと思いますか?

スポンサーリンク

衝動買いでストレス発散する理由。お金を使ってしまう「本当の」原因。

なぜ、そんな質問をするかというと、お金でストレス発散する原因を知らないと、ストレスによる衝動買いを減らせないからです。

そもそも、ストレスの発散方法はお買い物だけじゃありません

ぱっと思いつくだけでも、ストレスの発散方法としては

  • 運動(マラソン、ヨガetc)
  • 食べ物
  • カラオケなどの趣味
  • 例はよくないけど、暴力

などがあります。

他にもストレス発散方法があるはずなのに、なんであなたはストレスがたまると「お金を使いたくなる」んでしょう?


その答えは「お買い物をしたときにすっごく幸せを感じやすい」からです。

美味しそうなモノを買ったり、可愛いモノを買ったときの高揚感って、実は脳内麻薬(セロトニン・ドパミンなど)が出てる状態。

その脳内麻薬で現実の辛い気持ちを和らげているんです。

そう考えると、ある意味、健全な精神のためには「衝動買い」って必要な物でもあるんです。

B子さん
でも、金銭的な面から見ると「超」不健康なので衝動買いをやめたい……

実は、ストレスが溜まってもお金を使わない人に大きいヒントが隠されています。

そもそも、ストレスがたまっても衝動買いしない人は「我慢」とか「精神力」があるからじゃないんです。

お買い物じゃない方法で「脳内麻薬」を出すことができるから、衝動買いをしないだけ

ということは、

  • 衝動買いした時に出る「脳内麻薬」を減らす
  • 衝動買い以外の方法で「脳内麻薬」を出せるようにする

この二つのどちらか、あるいは両方できるようになると、衝動買いをしなくなります。

それでは、実際にどんな方法で脳内麻薬をコントロールするか?について説明します。

スポンサーリンク

心理学で変えよう。衝動買いでストレス発散しない方法

衝動買いした時に出る「脳内麻薬」を減らす

ストレスが溜まっても、

  • 衝動買いは楽しくない
  • 衝動買いはしちゃダメと強く思いすぎない

こういう風に思考回路を変えられれば、幸せな気持ちにならないので衝動買いをしなくなります。

衝動買いを楽しくない!と思うには?

衝動買いって楽しくない!って思うためには、買ったけれど使ってない物を捨てましょう

ただし、買った物を捨てると言っても、ちょこっと捨てるだけじゃダメです。

たっぷり捨てる。激しく後悔するレベルで捨てることが大事です(注:売ってもいいです)。

なぜなら、何個も何個も捨てることで「衝動買いしても捨てるだけで楽しくない!もう嫌だ」って本気で後悔するからこそ深層心理に刻み込まれ、楽しくなくなるからです。

実際、読者さんでも同じようなことを言っていた方がいて、

片付けをしてみたら、一度も着てない服や、しばらく使ってない鞄などが出てきて、自分がどれだけ物に溢れた生活をしていたかと目の当たりにし愕然としました。

それからは、物を買うにも無茶買いをしないようになりました。考えて物を買うようになりました。

いいなと思っても、一呼吸おいてからもう一度考えてみるとやっぱりいいやと思えるようになりました(ふわわさん)(みかんさん)

実際、シンプルライフ・ミニマムライフの人たちは「物を捨てる」ことで、衝動買いをしなくなるのはこれが理由です。

「たくさん捨てる」は、思っている以上に効果的なので整理整頓もかねてぜひやってみてください。

ちなみに、読者の方に教わったのですが

物にもパワーがあって、余計なもの多く所有していると良い運気を呼び込めなくなる…と聞いたことがきっかけで、買い物がほどほどになりました。(みかんさん)

これを知ると、またちょっとお買い物欲が減るかも!と思ったので紹介してみました♪

衝動買いはしちゃダメと強く思いすぎない

実は、真面目な人ほど「衝動買いでストレス発散」をしやすいって知っていますか?

なぜかというと「ストレス発散でお金を使っちゃダメ」って強く思うほど、やりたくなるからです。

禁止されるほどやってみたい!「カリギュラ効果」

してはいけないと思うほど、したくなる心理のことを「カリギュラ効果」といいます。

カリギュラ効果(カリギュラこうか)とは、禁止されるほどやってみたくなる心理現象のことである。一例としては、「お前達は見るな」と情報の閲覧を禁止されると、むしろかえって見たくなるなどの心理が挙げられる

出典:カリギュラ効果 | wikipedia

禁止されていることをやるのって実は超気持ちいい(脳内麻薬を出しやすい)んです。

だから、禁止されればされるほどやってみたくなります。

例は悪いけど不倫も同じ。ダメだと思うほどのめりこんじゃうのはそのせいなのです。

(真面目な人ほど不倫にはまると大変なのはこれが原因です。)

これを衝動買いに当てはめると、「ストレス発散でお金を使っちゃダメ」と思っていればいるほど、「衝動買いした時」の快感は強くなります

より衝動買いしやすい深層心理になってしまいます。

そう考えると、実は「ストレス発散でお金を使っちゃダメ」って思ってはいけないんです。

……ここで、もう一つ質問します。

どうしたら「ストレス発散でお金を使っちゃダメ」って思わなくなるんでしょうか……?



「ストレス発散でお金を使っちゃダメ」と思わなくなる方法

答えは「ストレス発散代を作る」です

最初に書いたけれど、衝動買いもちょこっとなら、健全な精神のためにやって悪いことじゃありません。

使い過ぎるからダメなだけなんです。

「ストレス発散代」をあえて作ると、「ストレス発散でお金を使っちゃダメ」から「ストレス発散代を使おうかな?」という「選ぶ気持ち」に変わります。

ストレス発散代を作るとお買い物をしなくなる理由

絶対にダメっていう気持ちが消える=カリギュラ効果がなくなるので、衝動買いしにくい心理になります。

そもそも、いきなり衝動買いを100%減らすのは難しいっていうか、無理です。

まずは「ストレス発散代」を作って「今よりも少なくする」ことからはじめます。

やりくりに慣れたり、いいストレス解消法が見つかればもっと減らせるようになるので、焦らずに少しずつ取り組んでみてくださいね。

衝動買い以外の方法で「脳内麻薬」を出せるようにするには?

ところで、衝動買い以外の方法でストレス発散しよう(脳内麻薬を出そう)と思った時に、

A子さん
ジョギングって気持ちいいって言うし、流行ってるし、ジョギングでストレス発散してみようかな?

っていう感じで探すと、まず失敗します。

なぜなら、ストレスが溜まっている時にやる方法なので、自分が

  • 「ラク」
  • 「気持ちいい」
  • 「大好き」
  • 「楽しい」

って感じないと、絶対にやろうと思えないからです。

ストレスで疲れているときに走るって「本当に走るのが好き」って思えないとまずやれませんよね。

もともと走るのが好きだった、趣味で走っている人ならいいけど、そうじゃないならまず失敗します。

さくら
あ、一緒に走るメンバーにイケメンがいる❤とかなら話は別(笑)

つまり、ストレスがたまって超疲れているときでも

A子さん
お買い物じゃなくて、あの方法をちょっとやってみようかな?

って思えるぐらい、好きなことや楽しいと感じること、あるいは手軽にできることが大事です。

とはいっても、どういう方法がいいかちょっと悩みますよね。

以前、読者の方から「強いストレスがあるとつい衝動買いをしたくなってなかなか貯金ができません。何かいい方法ないですか?」という質問がきたことがありました。

その時、ブログで皆さんにアドバイスを募集したところ、たくさんアイデアをいただいたので、私のアイデアとともに紹介したいと思います。

サードプレイスを持つ

ストレスを感じない、サードプレイス(自分のためだけに使える場所と時間)を持ってるだけで、気持ちにゆとりがでて衝動買いも減らせると思います。

ちなみに、わたしの場合のサードプレイスはヨガです。(はねさん)

ストレスを発散するための呪文(行動)を作る

私の場合、自転車通勤なので仕事のストレスがたまったら無心で自転車をこぐ事で気分転換できると思いこんでいます。

実際、数分でも無心で身体を動かすと少しは発散されている気がしています。

他にも、「お茶を飲んだらリラックスできる」と思い込んだり。

すると、お茶することで上手に気分転換できて、作業効率が上がっている気がしています。(はなみわこさん)

DVDを見て笑いでストレスを吹き飛ばす

私はお笑いが好きなのでお笑いのDVDをレンタルして見まくります。レンタルならお財布にも優しいし。

とにかくたくさん笑ってストレス発散してます。

お気に入りの芸人さんの単独DVD見るも良し、いろいろな芸人さんのネタ見て新境地発掘(?)も良しで楽しんでます。

ときどき笑いすぎて疲れる時もあります(笑)(かのかのさん)

自宅で好きな映画を見る

私はジブリが大好きなので金曜ロードショーで放送されるときは必ず録画しておいて休日に観ます。

1つの映画で1.5~2時間かかるので、結構1日が早く終わります(笑)

買い物に行く時間がなくなれば衝動買いしません。お金もかからないので学生のわたしには合っています。(アスターさん)

本や雑誌を読む(3名)

私はストレスがたまると図書館に行く傾向があります。旅行記やエッセイ、好きなコジーミステリーなど借りてガンガン読みます。

無料だし、家に本が増えていくこともないのでとても重宝しています。(yukoさん)


私も「頭おかしいのではないの?」くらい買い物してた時期があったけど、本で逃げられました。

ジャンルはなんでもいいんです。

最近は、料理本とかなにげな~いコラムばっかりの本とか。物欲をそそる雑誌は読まないです。

本や、いろいろな情報はある意味、現実逃避できるのでお勧めだと思います。(まるえさん)


奥様雑誌の節約ページなんかを見ると、「頑張ろう!」とたるんだ気持ちが引き締まる気もします。(yukoさん)

好きなアロマの香りをかぐ

ストレス解消にいいと言われているアロマや好きな香りのアロマを持ち歩いて、疲れた時にかいでいます。

ちょっといい入浴剤を一つ買ってお風呂に入る

湯船であったまるとわたしは疲れが取れるので(お湯の中に疲れが溶けていくイメージ)、ストレスが溜まった時こそ湯船に入るようにしています。

せっかくなので、ちょっといい入浴剤を一つ買って入れたりして自分を癒しています。

ストレス解消グッズを使う

お土産屋さんでたまたま出会った「スクイーズバナナ🍌」

これ、めちゃめちゃ伸びるので、キーっとなった時は、むかつく人の顔を思い浮かべながら思いっきり引っ張ってます(笑)

ナッツ類を食べる

ストレスがたまると、破壊衝動?のせいなのか「バリバリ」したものが食べたくなるので、ナッツを食べるようになりました。

ナッツは無塩のヘルシータイプではなく、塩分ありのタイプを食べています。(無塩タイプはおいしくなくて続かなかったので)

ナッツはビタミンEが豊富で美肌にもいいし、ガリガリ食べれるし気に入ってます。

(以前はポテチやじゃがりこを食べていたけれど、太ったのでナッツに変更しました。)

目の前のことに集中できること(スポーツジムやパズルなど)に取り組む

スポーツクラブとか、目の前のものに集中しないといけないことをひたすらやる!とか。(よしこさん)

高い場所(展望台や屋上など)に行く

高いところに行く!です。値段じゃなくて場所です。高い場所に行くとなぜか気持ちが落ち着きます。

たまには、高層階にあるちょっといいお店でお茶とかもいいと思います。(naoさん)

衝動買いする前から、居心地の良い部屋づくりをしておく

外出すると何かしらお金を使ってしまうと思うので、衝動買いする前から外出しなくても満足できる部屋を作っておくといいと思います。(はなみわこさん)

我慢するのは大変!単価の低い物を買う(3名)

ドラックストアやバラエティショップで日用雑貨ではないコスメやパック、リラックスグッズを買っています。(yukiさん)


毎週金曜日の夜にデパ地下でおいしいスイーツなんかを買って帰ります。毎週金曜というのがポイントかもです。

ケーキなら高くても1000円以内&甘いものでストレス発散できます♪

お洋服とかは衝動買いしちゃったら、あとあと後悔することもあるし、それがストレスになるんで(^▽^;) (naoさん)


絶対やらないとすると、余計ストレスがたまって他の形で出ると思うので、対象商品を安いのにしたらいいのでは…私はそうしてます。

デパ地下とか、ちょい有名どこのパン屋やケーキ屋で買い物したりかな(yukiさん)


アドバイスの中で、自分に合いそうな方法があったら、ぜひやってみてくださいね。

【いい方法が見つからない方向け】レビューが良い、ストレス解消の本

他にもいろんなストレス解消法を知りたい人は、本屋には「ストレス解消の本」があるのでそういう本をチェックするといいですよ♪

本を選ぶときは、とにかく手軽にできる方法が載っているのを選んでみてくださいね。

参考までに、Amazonのレビューでも比較的いい本を二つ紹介しておきます。

まとめ:衝動買いをしない心は作れます

衝動買いを抑えたいときに、「我慢」「精神力」を頼りにすると失敗してしまいます。

だけど、

  • 衝動買いした時の「脳内麻薬」の量を減らす
  • 衝動買い以外の方法で「脳内麻薬」を出せるようにする

この二点に注目して行動すれば、衝動買いはしなくなります。

お部屋もきれいになるので物を整理したり、「ストレス発散代」を作ったり、衝動買い以外のストレス発散法を探してみてくださいね。

【関連記事】ストレス以外の衝動買いも減らしたい人向け

安さに釣られて衝動買いしてしまう人向け

セールやアウトレットで爆買いしてしまう人は、下の記事を読んでみてください。

セールで無駄な洋服を買いすぎない三つのコツ。後悔しない服だけ買ってセールを楽しもう♪
...

買ったのに着ない服が多い人向け

クローゼットに着ない服が多い、「洋服の衝動買い」が多い人は、こっちの記事も参考になるかも?

「買ったけど着ない服」「捨てるだけの服」はもういらない!着る服だけ買う方法
...