現在、カスタマイズ中のため表示が乱れることがあります。

挫折&成功したからわかる、目標を立てて貯金ができる人とできない人の違い。

貯金できるマインドの作り方

節約や貯金をするときに、目標を立てると上手に貯金できます!ってよく言われます。

でも、昔のわたしは、何回目標を立てても、節約できませんでした(涙)

だけど、目標を立てて節約できた人がいるのも事実。

目標を立ててできる人と、できない人の違いって何だと思いますか?

スポンサーリンク



目標を立てて成功するために必要なこと

わたしなりに考えた結果、目標を達成するのに一番大事なのは「諦めの悪さ」でした。

例えば、節約のためにお弁当を持っていこうと目標を立てました。だけど、やっぱりお弁当を続けるのが大変で無理。

こんな時、「諦めの悪い人」なら、必ずその分どうやったら他のことで浮かせられるのか?を考えると思うんです。

例えば「他の予算を削る」でもいいし、あるいは「少しでも楽なお弁当作りの方法を考える」でもいいです。

ちなみに、わたしの周りでお弁当を作ってる人は下の方法で工夫しているようです。

  • おにぎりだけ持っていく
  • 朝や夜ごはんの残りのおかずだけ持っていく(おにぎりは買う)
  • 夜に作っておいておく(わたしの職場はこれが多い)

とにかく一度の失敗であきらめないことが大事。とはいっても、うまくいかない方法に固執してもダメです。

難しいかもしれないけど、自分で「どうやったらできるんだろう?」って考え、常に改良していくことが成功するコツなのです。

成功率の高い目標とは?

そう考えると、目標はお金をためる「方法や手段」より「金額」のほうが成功確率は高くなっていきます。

「毎日お弁当を作る」だと、やったことがない人はまず挫折しやすいし、あっさり目標は無理だったで終わってしまいます。

他によくありがちなのが「無駄遣いをしない」という目標

この目標は、「無駄遣いをしなければいいだけ」なので、簡単にできそうです。

でも、この目標は実はとても難しい。だからこそ、貯金に挫折する人が多くなります。(ちなみに、下の記事に書いてあるコツを知ると乗り越えやすくなります。)

【タイプ別】無駄遣いをやめる7つの方法。原因を知って貯金できる人になろう
...

だけど、「金額」なら手段は問わないので(悪いことはだめですよ(笑))、たくさんの節約テクニックから、自分に合うのを探すことができるし、自分流にカスタマイズしていいのです。

わたし自身、貯金ができるようになったきっかけの目標は「年10万円貯金」でした。

頑張る中で、自分に合った方法が簡単に見つかることもあるし、そうじゃないこともあります。

だからこそ、「諦めの悪さ」だけは、成功するには絶対に不可欠なことなので、これだけは忘れないでくださいね。

わたしは、かなり諦めが悪かったですよ(笑)