【貯金ができるようになった過去話2】はじめての節約生活で貯めたお金は1年間で10万円。

スポンサーリンク

下の話の続きです。

【貯金ができるようになった過去話1】わたしが浪費家女子から抜け出せたきっかけ。
今回は、わたしが浪費家から抜け出せたきっかけについて、お話しします。 わたし自身、いろんな思いもあるせいか一つの記...

やばい!と本気で焦ったわたしは、節約&貯金を頑張ることにしました。

そうはいっても、頑張れば順調に節約できるわけでもなく、失敗もたくさんしました(ちなみに、下の記事は当時の話です)。

失敗を生かす方法は?わたしの家計簿失敗体験談で説明します。
わたしの「かんたん家計簿」は、「家計簿づけに失敗した経験」をもとにしてできたものです。 つまり、わたしの失...

だけど、この時は失敗したからといって、今までのように簡単に諦めるわけにはいきませんでした

何が何でもやらなくちゃ、そう思っていたので、うまくいかなかったら別の方法を考え、無我夢中で試行錯誤してました。

その中で、下の記事で紹介した家計簿づけが出てきました。

挫折しない!簡単&シンプルな家計簿を紹介します。
昔のわたしは、家計簿もよく三日坊主に(苦笑)特に、細かい端数が合わなくなるとやる気が一気になくなってました。でも、家計簿はそもそも無駄遣いを知って自分を変えるためにつけるもの。だったら、端数を合わせなくてもいいはず!と思って、自分なりに改良

家計簿をつけながら、何でこんなの買っちゃったんだろう?と振り返っていたのを今でも覚えています。

ちなみに、当時の目標は1年間で10万円。月9万円の予算なら、1万円ぐらいなら貯金ができるかな?と思って決めました。

本当なら目標は12万円になりますが区切りがいい数字だったのと、ちょっとゆとりをもたせて、目標を10万円にしていました。

1年間節約生活して、はじめて10万円を貯めました

1年間、試行錯誤しながら節約生活した結果、目標額の10万円貯められました。

1年で無事10万円を頑張って貯めた時は、今でも覚えているぐらい本当にうれしかったです。

たった10万円なのに、本当にうれしかった理由。

それまでも、お年玉やバイト代まとまったお金が入れば口座に10万円ぐらい入っていたことはありました。

でも、その10万円が徐々に減ることがあっても、10万円までじっくり貯めたことはなかったのです。

だからこそ、当時のわたしからしたら本当にキラキラした10万円。残高を減らさずに、初めて貯め続けた10万円だから。

「わたしは貯金ができないんだ」と思ってずっと生きてきたわたしにとって、この10万円は「わたしでもできる!!」という自信になった瞬間でした。

10万円がわたしの運命を変えました。

来年は奨学金がもらえない(正確には借りられない、だけど)と知った時は、自分の境遇をかわいそうに思っていました。

そもそも借りてない人だってたくさんいる。なのに、どうして自分だけこんな風なんだろう?って。

だけど、今振り返ると、当時は無我夢中で大変だったけれど、来年は奨学金がもらえないっていう状況になってよかったとこころから思います。

そうじゃなきゃ、わたしはきっと今でも自分のことを貯金できない人だと思い込んで、そういう人生を送っていたはずだから。

あの時、あの頑張りがなかったら今の自分はありません。

当時の自分は、ただただ目の前の10万円を貯めることだけを考えてました。将来の自分が1,000万円貯められるようになるなんて想像すらしてません。

それでも、わたしが気がつかないうちに、この「10万円」がわたしの運命を変えていました。

今、やりくりを頑張っている最中だと、先が長すぎて諦めたり、頑張っても意味がないと思ってしまうこともあるかもしれません。

わたしのように10万円ぐらいじゃ喜ばないですよね。むしろ「1年でたった10万円?」が普通の感覚。

だけど、この出来事でも、わたしのように「きっかけ」にはなれる。花開くための「種」にはなれるんです

頑張っているとこれぐらいじゃ「意味がない」とか「変わらない」と思って諦めたりしやすいけど、種を大事に育ててくださいね。

本当に、わたしは10万円から始まりました。

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
スポンサーリンク

フォローする