現在、カスタマイズ中のため表示が乱れることがあります。

4)月6万円のやりくり学生生活。意外と楽しい日々でした。

貯金ができるようになったきっかけ

10万円を貯めたその後、神様は頑張ったわたしを見捨てなかったのか?!なんと、返済不要の奨学金があたりました。

それで学費とわたしの生活費の大部分が出せることになりました。

結局、当時の親から援助してもらう生活費は定期代とご飯代の2万円のみ。

その結果、奨学金と親からの援助をあわせた月6万円でやりくりすることになりました。

月9万円時代は予算を決めていなかったんだけど、月6万円になって余裕がなくなったので予算を決めて生活するようになりました。

そこで、当時の予算の内訳を紹介したいと思います。

スポンサーリンク



月6万円の収入生活

わたしの当時の収入は月6万円~(時々バイトをしていたので、6万円を超えるときも)でした。その収入と内訳をご紹介します。

当時の収入と支出の内訳

月6万円で基本的にやりくり。(当時の家計簿より抜粋)

食費:10,000円

お昼はお弁当だったので、主に夜ご飯@学食代。あまったら「ほしいもの貯金」へ。

ケータイ代:10,000円

当時は安いプランがなかったんです(涙)。あまったら「ほしいもの貯金」へ。

定期代:10,000円

定期は毎月購入してました。まとめて買った方が安いけど、一度なくして痛い目をみたので。

美容費:5,000円

基礎化粧品や美容院代など。

ゼミ旅行代積み立て:5,000円

ゼミ旅行代。残りはゼミ雑費+「ほしいもの貯金」に。

こづかい:8,000円

ここから雑費などもまとめてやりくり

洋服代(友の会):5,000円

友の会のお金です。

貯金:5,000円

卒業時にお金がかかるので、貯金

ゼミ雑費:2,000円

ゼミの飲み会など。

臨時収入(時々、模擬試験の採点のバイト。1回5,000円〜10,000円ぐらい)

彼へのプレゼント、ゼミ雑費、「ほしいもの貯金」へまわす。

「ほしいもの貯金」とは?

ちょくちょく出てくる「ほしいもの貯金」。

これは何かというと「臨時収入や各予算のあまったお金を集めた貯金」です。

当時のわたしは、この欲しいもの貯金で自分の好きなお洋服などを買っていました。

わたしの予算には洋服代はあるけど、友の会のお金なので使えない(スプリングコート代のために貯めてました)。

なので、別に予算を取りたかったんだけど、どこにもそんな余裕はないため、なんとか編み出したのが「ほしいもの貯金」でした。

当時のわたし、本当に本当に「ほしいもの貯金」を頑張りました!

というのも、お洋服が買えるかどうかは、日々の節約にかかってたから。

あまれば、欲しいもの貯金にすぐまわしました。ゼミの飲み会も予想よりお金がかからなかったら、すぐ回す。

当時の家計簿見ると、本当にすぐあまると回してて、ちょっとおもしろかったです。

そして、この時の経験で、「欲しい○○を買うためなら我慢できるし、意外と楽しい。」とすごく実感することができました。

そのあたりのことについては、下の記事でもちょこっと書いています。

貯金できる家計簿にしたい人へ。失敗ばかりの人でも必ず変わる家計簿で貯金するコツ。
家計簿をつけても貯金ができない原因は、家計簿のつけ方じゃなくて家計簿の見直し方に原因があります。どんな家計簿づけでもダメだった人は「見直し方」に気をつけてみませんか?絶対に変われます!

予算のやりくりについて、少し補足

美容費はこの予算じゃきつかったけど、足りなかったら「ほしいもの貯金」で補填したりで何とかやりくりしました。

(美容院は、カットモデルをやったり、hotpepperのお世話にもなりました)

一方、デート代は当時の彼(今の夫)が社会人だったので、ほとんどおごってもらってました。

わたしが払うのはお茶代、誕生日・バレンタインデーデート時のごはん、誕生日・クリスマス・バレンタインのプレゼントぐらい。

なので、「おこづかい」と「臨時収入」でなんとか対応できました。

月6万円生活、実際はどうだったか?というと

月9万円時代より減ってるにもかかわらず、意外とやりくりができるようになってました。

10万円を貯めたことで、なんとなく自分に合った節約生活がみえつつあったことと、「予算をあまらせれば洋服が買える!」この気持ちがすごすぎて、やる気に燃えてたせいだと思います。

とはいっても、最初の月は1万円赤字でした。

ただ、父がわたしのやりくりが厳しそうなのを察してくれて、一万円くれました。それで、挽回できてほっとしたのを覚えています。

(そうじゃなかったら、せっかく貯めた10万円を使う羽目に……!)

ちなみに、毎月くれるかな?と淡い期待をこっそりしていたけれど、それはなかったです(笑)

1年間限定の月6万円生活は、とにかく「洋服を買うぞ!」と燃えていて、意外と楽しかった時代でした。

5)買い物大好きOLからやりくりOLになったきっかけ
...