現在、ブログリニューアル中なので雰囲気の違う新記事と旧記事が混じっています

家計簿がめんどくさい人必見!月数回書けばOKのずぼら家計簿のつけ方とは?

家計簿がめんどくさくてレシートがたまってる財布の写真楽しく貯金ができる「しくみ」の作り方

この記事では、家計簿がめんどくさい人向けに、月数回書けばOKのずぼら家計簿のつけ方を紹介します。

  • 「レシートがたまってるから書かなきゃいけないけど、やる気がでない。」
  • 「また家計簿の計算があわない。なんで?!」
  • 「簡単って言われたけど、でもうまくいかない。家計簿向いてないのかも……」

昔のわたしは、家計簿づけが苦手で苦手で10冊以上は余裕で家計簿を捨ててきました……。

(家計簿を買うお金が無駄遣いになってるという…(涙))

だけど、そんなめんどくさがり屋のわたしでも「家計簿のつけ方」を変えたら、あっさり続けられるようになりました。

なぜなら、細かい数字を合わせなくてもいい、さらに月数回しかつけなくてもいい家計簿の方法を見つけたからでした。

家計簿がめんどくさくて続かない原因って、やっぱり書くことが細かい&多くて疲れちゃうからなんですよね💦

日々仕事や家事、育児で疲れているのに、さらにきちんと書かなきゃいけないってかなりキツい。

疲れててもできるぐらい「ラクな」家計簿づけにすることがとっても大事でした。

レシートをついつい貯めてしまう、めんどくさくて家計簿が続かないっていう昔のわたしのような人の参考になったらうれしいです。

スポンサーリンク

家計簿がめんどくさい人向けのずぼら家計簿のつけ方

家計簿づけが面倒くさい女の子

どうしても家計簿がめんどくさくて続かない人は、下の二つの工夫をしながら家計簿をつけてみてください。

  • 計算がめんどくさいなら、100円単位、1,000円単位で家計簿をつける
  • 家計簿づけが面倒なら、家計簿をつける項目、家計簿をつけない項目に分けて、書く量を減らす

家計簿の計算がめんどくさいなら、金額は100円単位、1,000円単位でつける

家計簿と千円札と100円玉

そもそも、家計簿って、お金の使い方を振り返るために家計簿をつけるもの。支出を合わせるものではないんです。

そう考えると、3,980円でも4,000円でもどっちでもいいって思いませんか?

なので、家計簿の金額は100円単位、1,000円単位でつけても実は大丈夫なんです。

それに、正しい金額で家計簿を記入していると、いつの間にか細かい端数が合わないってよくあるんですよね(……ってわたしだけ?(苦笑))

大抵、記入ミスか計算ミスだったりするんだけど、原因を探すのも時間がかかって面倒くさい💦

最初から4,000円にしておけば計算ミスや記入ミスもなくなるので家計簿づけがとってもラクです。

昔のさくら
昔のさくら

でも、あまった20円はどうしたらいいの……?

まね
まね

真面目に考えずに、20円は小銭貯金に入れちゃえばいいよ♪

なので、計算がめんどくさくて続かなかった人は、ぜひ100円単位、1,000円単位で家計簿をつけて見てください。

昔のさくら
さくら

わたしは電卓を使ってもなぜか計算が合わないので、100円単位、1000円単位で家計簿をつけてます。

家計簿をつけるのがめんどくさいなら「家計簿をつける項目」「家計簿をつけない項目」に分けて、書く量を減らす

貯まったレシートの写真

昔のさくら
昔のさくら

家計簿ってめんどくさくて、ついついレシートを貯めちゃう💦あーもうほんとやだー!!

まね
まね

レシートをついつい貯めちゃう人は「家計簿をつける項目」「家計簿をつけない項目」に分けると、レシートが貯まりにくいよ♪

実は、家計簿って全部の項目について家計簿をつけなくても大丈夫だったんです……!!

ちょっとびっくりしませんか?

なので、「家計簿をつけない項目」「家計簿をつける項目」についてちょっと詳しく説明したいと思います。

めんどくさくて続かない、あるいは書く意味がない項目は家計簿をつけない

家計簿をつけない写真

めんどくさくて続かない、あるいは書く意味がない項目は家計簿をつけないようにしましょう。

どんな項目があるのか?というと

  • 固定費(住居費、新聞代、NHK代、保険代、先取り貯金額、月謝他、定期的な支出など)
  • 家計簿に書くことが多すぎるもの(食費、日用品費など)
  • (さくら流の家計簿づけをしている人向け)専用項目(コンタクト代、生協代、まとめ買い代、お酒代、赤ちゃん代、子供費など)

などです。

まね
まね

なんで家計簿をつけなくても大丈夫なのか?について説明するね

固定費(家賃などの毎月「定額」の出費)は書く必要がないから

家賃を払っているマンションの写真

そもそも、同じことを毎月書く必要ってないんです。

家計簿はあくまでお金の使い方を見直すためにつけるもの。収支を合わせるためにつけるものじゃないんです。

同じことをずっと書くなら見直しても見直さなくても結果は同じ。

とはいっても、たまには変更することもあるので、固定費の支出についてはポストイットに書いて、それを表紙の裏とか1ページ目に貼るのがおすすめです。

変更するときは、日付とともにまたポストイットに固定費を書き出して上に貼れば、変化もすぐにわかります。

この方法だと書く手間が減るうえに見直すのもラクになります。

食費や日用品費は家計簿がめんどくさい最大の原因だから

食費で肉じゃがを作った写真

食費や日用品費って実は家計簿が続かない最大の原因。

だから、家計簿をつけません。

食費・日用品費は買う物も多いし、買い物の回数も多い、いろんな店に行きがち……とレシートの増える要素がたっぷりなので、本当に面倒くさいんですよね💦

しかも、食費や日用品費って家計簿をつけたとしても

  • 毎回買った物をきちんと書く→マメな人以外、大変すぎてギブアップ
  • 1回に使った金額だけ書く→中身がわからないと見直せないから書いても意味がない

ので、マメじゃない人にとっては、家計簿をつけてもつけなくても結果は同じになってしまうんです。

だったら、つけない方がラク(笑)

とはいっても、なーんにもしないと予算オーバーしやすいのも「食費・日用品費」

そこで、食費・日用品費の家計簿をつけない代わりに「袋分け家計簿」を使って赤字にならないようにします。

ちなみに、袋分け家計簿とは、「予算を袋(封筒)の中に入れて、その予算内でやりくりすれば家計簿をつけなくていい」という方法なのですが、

袋分け家計簿は「予算を袋の中に入れるだけ」じゃ予算内に収まりません……!!

ちょっとした細かいテクニックが必要なんです。

一つ一つはたいしたことがなくて簡単なんだけど、簡単だからこそ雑誌でうまく伝わってなかったり、逆に読み飛ばしちゃったり。

なので、袋分け家計簿をやってみたけれどうまくいかなかったよ?っていう人は、ぜひ下の記事を読んでみてください。

袋分け家計簿で簡単にやりくりする方法。かわいい封筒テンプレートを使って成功しよう♪
...

(さくら流の家計簿の項目分けをしている人向け)専用の項目

さくら流の家計簿の項目決めをしている人向けだけど、専用の項目(例:コンタクト代、通院代、お惣菜代etc)は、家計簿をつけなくて大丈夫です。

(さくら流の項目の決め方は下の記事で紹介しています。)

これでできる☺︎家計簿の項目の決め方。ざっくり分けでもうまくいかない人必見!費目の分け方一覧。
...

家計簿をつけない代わりに「袋分け家計簿」で管理します。

なぜ、家計簿をつけなくていいかというと、これらの項目で買った物は「無駄遣い」じゃないからです。

お惣菜が無駄なら、そもそもお惣菜代なんて作らないですよね?

でも、無駄遣いって感じるのは、単に使い過ぎ=買う「頻度」と「量」の問題なんです。

買う頻度と量をコントロールするには、家計簿を書くよりも予算内にお買い物をすることを意識した方が効果が出ます。

なので、袋分け家計簿を使って「予算」を守るやりくり方法で管理します。

これだけなら実はめんどくさくない!家計簿をつけた方がいい項目

家計簿の写真

逆に、家計簿をつけた方がいい項目は下のような項目たちです。

例えば、毎月料金が変わるけど月1回しか書かなくていい

  • 水道費
  • 光熱費(電気代、ガス代)
  • 通信費(スマホ代など)

さらに、頻度はさほど多くない

  • 医療費
  • 被服費
  • 交際費
  • 美容費
  • 外食費
  • 趣味費(月謝以外)
  • プレゼント費

などです。

なぜ、これらは書く費目なのかというと、二つ理由があってこれらの家計簿をつけるのはめんどくさくないんです。

だって、毎日洋服なんて買いません。毎日美容グッズも買いません。毎日飲み会もありません。

ちょっと特別な時だけ、家計簿をつければいいんです。だから数日分レシートを貯めたってそんなに量もありません。

それに、これらの費目は頻度が少なくても1回当たりの金額が大きいです。

「月」や「年間」で見ると出費がかなり大きくなっているので、来年の予算を決めたり、見直したりするためには記録しておいた方がいい項目。

だから、家計簿をつけます。

レシートが貯まりにくいから、家計簿がめんどくさい人でも続きます

この記事では、今まで家計簿が面倒くさくて続かなかった人向けに「ラクにできる家計簿のつけ方」について説明しました。

ポイントをおさらいすると、下の通りです。

  • 家計簿は正確な金額ではなくて100円単位、1,000円単位でつけてよい
  • 家計簿は全部の項目について記入しなくていい
  • 家計簿をつける項目は、頻度が少なくて来年の予算を見直すときに必要な項目
  • 家計簿をつけない項目は、面倒くさくて続かない、あるいは書く意味がない項目

家計簿づけって、レシートが貯まっていくとホントめんどくさくてやる気がなくなるんですよね。

結局、最後は「どうせ節約できないだろうし、家計簿なんてつけなくていいやー!!」って辞めちゃう。

だけど、この方法ならレシートの量が貯まりにくいから、ちょっと放っておいても大丈夫なので続けられます。

しかも、家計簿が続くようになると、自分でもできるようになった……!って実感するからやりくりが楽しくなります♪

わたしの方法が、家計簿づけに悩んでいるあなたの参考になったらとっても嬉しいです☺

まね
まね

このページで紹介した関連記事だよ。一緒に読むともっと理解が深まるかも♪

家計管理がラクになる家計簿の項目の決め方については、下の記事で紹介しています。

これでできる☺︎家計簿の項目の決め方。ざっくり分けでもうまくいかない人必見!費目の分け方一覧。
...