【初心者向け】貯金が成功する家計簿のおすすめ項目【失敗しても貯金できる!】

コツさえ分かれば楽しい♪家計管理の方法
B子さん
赤字にならないためには、どうしたらいいんだろう?
C子さん
家計簿の項目ってどう作ったらいいの?

そんな風に家計簿の項目づけに悩んでいる人に、貯金を成功させるために作ったほうがいい家計簿の項目について紹介します。

わたし自身、昔は家計簿をつけても全然貯金ができなかったんだけど、3つのコツがわかってからは貯金ができるようになりました。

すでに、二つのコツについては下のページで紹介しているんだけれど、

家計簿が続かない原因は予算の決め方を知らないから。お金が貯まる予算の立て方。
...
【超簡単】家計管理の方法がわかるとお金が貯まる。出費が多い月でも赤字にならない方法
...

最後の「家計簿の項目」についてはまだ書いてないので、この記事で詳しく説明します。


普通、家計簿の項目って言ったら「食費」「日用品費」「光熱費」「住宅費」「水道代」「光熱費」「通信費」「外食代」などを想像するけれど、

貯金初心者の場合、そういう項目だけだと赤字になりやすいです

定番の項目だけの場合、「失敗しなければ」うまくいくけれど普通に考えて初心者は失敗します。

それって別に当たり前のことで、スポーツでも仕事でも習い事でも初心者って失敗しますよね?

貯金だけ、失敗しない前提で家計簿の項目を考えるのはハードルが高すぎるんです。

わたし自身、成功したのは「失敗前提で」予算を立てるようにしたからでした。

さくら
といっても、何回も失敗したので、もう失敗前提でしか考えられなかっただけという……(苦笑)

なので、わたしの場合、「失敗前提」にした項目にしたきっかけ自体は、たまたま。

だけど、今でもやってるぐらい、本当におすすめな方法です。

とはいっても、実際にどうしたらいいかわからないと思うので、具体的に紹介したいと思います。

スポンサーリンク

貯金を続けるために作る!おすすめな家計簿の項目

そもそも、家計簿づけを頑張っているのに貯金ができない人に共通しているのは

  • 「予算の間」でお金の貸し借りをして混乱
  • 貯金って全然楽しくないって思っている
  • 家計簿づけがつかれる

この三つの点です。

特に、予算の間で貸し借りをしていると、途中でわけわかんなくなっちゃって

B子さん
もうどうでもいいや~!!

ってやけになって、節約しようって気持ちがなくなっちゃったり。

(……って、昔のわたしの話だけど)

どの予算に入るかわからないモノがあると悩む分疲れるし、ひたすら我慢だと楽しくなくてやる気が続きません。

そこで、ちょっと定番じゃない項目を作ることで、3つの原因をなくして貯金を続けやすくしていきます。

「赤字補てん」項目

特に最初のうちは、予算の決め方も慣れていないので赤字になりやすいです。

なので、赤字を補てんするための予算項目を作って対策しちゃいましょう。

予算間でのやり取りがなくなれば、貸したことで赤字になるということがなくなり、どこが本当の赤字かがはっきりわかります

予算が足りない項目、あまる項目がはっきりわかれば

さくら
その予算はアップさせて、他の予算をその分削除できないかな?

って考えたり、

A子さん
予算はアップさせられないから、どういう風に工夫しよう?

って自分にできそうなことを具体的に考えられるようになるので、自分に合った予算に変えられます。

個人的には、予算間でお金の貸し借りをしているなら、貯金額をちょっと減らしてでも作ったほうがいいと思うぐらい、わかりやすくなるので本当におすすめです。

さくら
わたしは残業代を「あまり貯金(後取り貯金)」として貯めながら、赤字補てん用の予算にしていました。

当てはまる項目がない場合

当てはまる項目がないなら、そのままの名前をつけちゃいましょう。

例えば、たまにサプリメント代ってどこに入れたらいいかわからないっていう悩みを見るけれど、それはサプリ代という項目を作っちゃえばOKです。

自分のお金の使い方に合わせた項目を作ることが大事なので、日用品費?病院代?美容費?とか悩まなくて大丈夫。

ちなみに、わたしは独身OL時代、「サプリ代」っていう項目を作ってました。

さくら
月数千円以上の場合は「予算」として名前を作って、それ以下は「雑費」にすると管理がしやすいです♪

息抜きのための項目

無駄な出費がまったくないっていうのは難しいし、できたとしてもストレスがたまります。

だからこそ、息抜きのための「雑費」の項目は大事

独身OL時代のわたしはお財布の中にいつも入れる5,000円を雑費(おこづかい)にしていました。

その予算で、たまにコンビニで飲み物やお菓子を買ったり、本や雑誌を買ってました。

さくら
雑費は息抜きのためなので、赤字にならないなら、この予算は自由に使う!って割り切って家計簿をつけないのもありです。

自分のための項目

貯金しようとするときに、ついついおろそかにしがちなのが「自分のための」予算=趣味や好きなことのための予算です。

この「自分のための予算」は必ず取るようにしましょう。

なぜなら、貯金が失敗する原因の一つが「我慢しすぎるから」なんです。

自分の好きなことを我慢するって、思っている以上にしんどいです。

当たり前です、だって大好きなことだから。

それなのに、頑張って抑えつけるからこそ、ある時「もう我慢ばっかりで嫌だ~!!」って爆発しちゃうんです。

自分の好きなことに使えるお金を、完璧じゃなくても予算化することはとっても大事

そもそも、お金って幸せになるために「貯めたり」「使ったり」するもの。

「貯めることばっかり」で我慢することも、「使いすぎて」お金がない状態もどっちも本当に望んでいることじゃないですよね?

自分が幸せになるためにお金を「貯めたいし」「使いたい」。

そのバランスを忘れないようにするために、「自分のための」予算を立ててくださいね。

趣味代の予算をたてるときのちょっとしたコツ

趣味代の項目を作るときは、「趣味代」という名前よりも、具体的な名前にしちゃいましょう。

例えば、ライブ代とか、○○○(好きなアーティスト名)代などです。

その方が単なる趣味代よりもずーっとやる気が出ます。

ちょっとしたことだけど、ぜひやってみてくださいね。

自分のごほうびのための項目

ごほうび代をつくっておくと、貯金生活中でも自分の欲しいものを買うことができます。

昔のわたしはブランド小物は高いから、欲しくてもずっと諦めていました。

だけど、毎月ごほうび代を貯めるようにしたら、時間はかかったけど念願だったDiorの長財布を買ったんです♪

浪費家時代に買えなかったものが、節約を始めたら買えるという一見不思議なことに(笑)

しかも、コツコツ貯めたお金だと、一生懸命悩んで買うから衝動買いも少なくなりました。

さくら
ごほうび代まで作るとやりくりが大変という場合は、小銭貯金で貯めたりスライド貯金で貯めたりするといいですよ♪

まとめ

節約の本や雑誌は多くの人が読む分、「一般的」なことを中心に書いているので、予算の項目も「一般的」なことしか載っていません。

だけど、自分で「予算の管理がしやすいように」赤字補てん用の項目を作ったり、自分のための項目を作ったりすることで、グッと家計管理がラクに&楽しくなります。

家計管理がラクに&楽しくなれば自然と成功率もアップ!

なので、ここで紹介した家計簿の項目をぜひ作ってみてくださいね。