お金の使い方が下手だったわたしの家計簿から学ぶ、上手なお金の使い方【体験談】

お金が貯まる人の考え方
さくら
上手にお金を使うにはどうしたらいいんだろう?。なかなかうまくいかないし。

昔のわたしは無駄遣いだらけで、気をつけているはずなのにいつも金欠状態でした。

そんなわたしも今では貯金できるようになったのですが、昔の「家計簿」が一部だけ見つかりました。

下の写真がその家計簿です。

全部捨てたと思っていたんだけど一部生き残っていました。

家計簿は適当なノートでいい!と書いたけど本当に家にあったノートで始めました。

(真ん中のノートなんて、小さくお料理用と書いてある(笑)。はじめはお料理ノートだったのにレシピはほぼ増えず、家計簿ノートになりました)

ところで、このノート達を見て改めて

さくら
昔のわたしって『正真正銘の』無駄遣いをしていたんだな~。

と実感しました。

しかも、中身を見ずに家計簿ノートの外観だけでそう思いました(苦笑)

B子さん
ええ?どういうこと?!

ちょっと意味が分からないですよね……。

実は、この家計簿の外観だけで「無駄遣い」ばかりで上手にお金を使えてないことがわかるんです。

そこで、わたしの体験を反面教師にした「上手なお金の使い方」を紹介したいと思います。

お金の使い方を変えるきっかけになったらうれしいです。

スポンサーリンク

お金の使い方が下手だった、昔のわたしの話

貯金ができなかった当時のわたしは、ノートを見てかわいい!と思うと、すぐ買ってばかりでした。

なので、いろんなタイプのノートが家にありました。

写真のようにシンプルに目覚めたときは無印のノートの時もあり(筆ペンで書いたから和テイストになってる(苦笑))、逆にもっとガーリーなノートを買ったり。

ノートは何かに役に立つでしょ~って感じで、「必要かどうか?」をあまりを意識することもなく買っていたのです。

その時、その時にときめいた物を買っていました。

そのため、集めたノートの統一性はなく、ノートだけ見てもあんまりセンスがない感じに……(涙)。

在庫はたくさんあったけど。

そして、「いつか使うでしょ?」というわりに買ったノートを使ってないので、「どんなノートが自分に使いやすいか?」もよくわかってませんでした。

実は、わたしはリング式のノートが好きじゃありません(書き手にリングが当たって書きにくいから)。

だけど、買ったノートを使っていないから、リング式が好きじゃないことに気がつかず、かわいいと思えばよく買っていました。

リング式が好きじゃないと気づいたのは、家計簿としてリング式のノートを使うようになったからでした。

……どう考えても、お金、貯まらなさそうですね。

当時のわたしは考えているつもりだったけど、第三者から見ると、

「どんなノートが自分にとって使いやすいかも知らず、なんとなく良いと思ったノートを買ってる」人。

どう考えても「考えてない人」です……。

これぞ、The「正真正銘の」無駄遣い。

お金の使い方がめちゃめちゃ下手くそです。

でも、当時のわたしはときめいたお気に入りものを買っているし、ノートなんていつか使うだろうから無駄遣いだとはまったく思っていませんでした

反面教師にして学ぶ。上手なお金の使い方にする方法

ということは、The 正真正銘の無駄遣いと逆のことをすれば、上手にお金を使えるっていうことになります。

そこで、わたしが自分の体験を反面教師にして学んだことを紹介したいと思います。

物を見抜く目を養うために、買った物は使う

お気に入りだったりちょっと高かったりすると、もったいなくてあんまり使わないってありませんか?

でも、それだと「本当に自分に合った物」なのかどうかがわかりません

使いこなすからこそ、その物がお値段「以上」「並み」「以下」なのかも判断できます。

その結果、物を選ぶ基準の目が養われるんです。

使いもせずに、買うだけじゃ自分の経験になりません。

わたしも可愛いモノを買うと「もったいない」って大事にし過ぎる派だったのですが、「使わないとわからない!」っていう言葉を合言葉にして、今は積極的に使うようにしています。

「いつか使う」じゃなくて「○○な時に使う」

「いつか」じゃなくて「○○な時」ってはっきりイメージできたときに買うと、無駄遣いになりにくいです。

収入は誰しも限られています。

いつかのために買ってばかりいると、「本当に必要な時」に「必要な物を買うためのお金」がなくなってしまい、後で困ることに気がつきました。

なので、今は「○○な時」に使おうってイメージできるものを買うようにしています。

「同じような物」を買うときは「今ある物」をどうするのか具体的に考える。

昔のわたしもそうだったんだけど、例えばなんか似たような服って集まりませんか?

黒のトップスが妙に多いとか。

どれもちょっと違ってカワイイ!

……なのに、またかわいい黒のトップスを買っちゃう地獄(汗)

わたしがこれをやめられるようになったのは、「今あるもの」をどうするのか具体的に考えるようになったからでした。

例えば……

  • ちょっと気に入らない服がある
    →買い替えとして購入
  • 全部お気に入りの服の場合
    →新しい服を買ったら、今持っている似たようなテイストの服は出番が減る。それでもいい?
    →それでもいいなら買う。もったいないって思ったら買わない。

ポイントは「買おうとしている服の着回し」を考えるんじゃなくて(←似たような服だから、着回しはできるから)

今持っているお気に入りの服を押しのけてでも欲しいのか?を自分に聞くことです。

すると、「まあ、買わなくてもいいかな。他に欲しい物もあるからそっちにお金を使おう。」っていう気分になることがあります。

つまり「欲しいのに我慢した」っていうツライ気持ちにもならず、ストレスフリーで買わないようになりました。

好きなテイストは合わせていかないとセンスがない感じになる

好きなテイストがガチっと決まっている人はいいんだけど、わたしみたいに

  • 無印のシンプルな感じも好き
  • ローラアシュレイやジルスチュアートのガーリーな感じも好き
  • バーバリーなどのトラッドな感じも好き
  • 実はキティやミッフィーも好き

っていう、こころが揺れ揺れタイプの人はトキメキのままに買うと、統一感がなくセンスがない感じになります。

洋服は単価が高い分、みんな「着回し」を自然に考えるからテイストがバラバラって多くないと思うんだけど、雑貨や小物系が危険なのです……!

つまり、わたしのノートのように!!

なので、買うときはテイストを合わせるようにしていくと、違うテイストの誘惑に負けないし統一感が出てセンスアップします。

まとめ

「必要かどうか」だけで考えると、「きっと使えるし!」っていう気持ちを抑えきれないことがあります。

でも、「必要かどうか」にプラスして、上の4つの考え方や行動を組み合わせると、無駄遣いを防げる確率がグッとアップします。

特にわたしと同じような無駄遣いをする人には効果抜群だと思うので、ぜひやってみてくださいね。

さくら
追記

よくある無駄遣いのタイプについて下の記事でまとめたので興味があったらどうぞ♪

【目からうろこ】無駄遣いをやめる7つの方法。我慢が苦手だったわたしでも成功したコツ
...