わたしのバッグの選び方。断捨離したからわかった、わたしがヘビロテするバッグ

お気に入りのかわいいバッグの写真 シンプルライフ

わたしは、たくさんのバッグを断捨離したのですが、たくさん断捨離したおかげで自分がヘビロテするバッグがよくわかるようになりました。

実は、バッグってついつい「カワイイ!」と思うと、「このサイズは持ってないし、使えるかも?」って買っちゃいがちじゃないですか?

さらに、使うモノと使わないモノの差が(人によっては)洋服よりも激しい、タンスの肥やしになりやすいアイテムです。

そこで、「わたしがヘビロテするバッグの特徴」を紹介することで、

A子さん
そういえば、わたしもこの手のバッグが好きかも。
B子さん
確かに、このタイプのバッグは使いにくいって思ってた。

そんな風に気づくきっかけになるといいかな~って思ってます。

さくら
もちろん、わたしと反対意見でもOKです。

かわいいと思って買ったのに、使わない!っていうバッグを減らすきっかけになったらうれしいです。

(ちなみに、断捨離して「自分の好き」を見つける方法については下の記事に書いているので、よかったらどうぞ!)

買ったけれど着ない服ばかり。着る服だけお買い物をするコツ
...
スポンサーリンク

断捨離でわかった!わたしが一番バッグ選びで大切にしていること

わたしにとって、バッグはかわいいだけじゃダメで使いやすいことが実はとっても大事でした。

いくらかわいくても、使いにくいと使わなくなっちゃうのです。

さくら
なのに、買う時はなぜか「かわいさ重視」でした……(苦笑)

「使いやすさ」が大事だとわかっていれば、いくら可愛くても使いにくいバッグは買わなかったのに、なんで気がつかなかったのか(苦笑)

そのせいで、タンスの肥やしになっちゃったバッグが多かったんだなぁとしみじみ思いました。

さらに、断捨離して分かったのは「使いやすい」にも実はいろいろあるっていうことでした。

そこで、人によって違う部分もあると思うのですが、わたしが考える「使いやすい」と思っているバックの条件を紹介します。

さくら
かわいいけれど、なんか使いにくくて使ってないっていうバッグがある人は参考になると思います。

使いやすい!ヘビロテするバッグの選ぶコツ by さくら基準

縦長より横長

日常使いなら、縦長バッグより、横長バッグのほうが使いやすいです。

というのも、同じ容量でも縦長バッグだと底面積が狭いので、モノが重なって収納されてしまいます。

そのため、モノを探す時にごそごそしなくちゃいけないです。

一方、横長バッグなら横に広がる分、見やすい&取り出しやすいです。

それと、縦長バッグの場合、(バケツ型ならそうでもないですが)形が崩れてしまいやすいことも。

そのため、特別な用途がない限り横長バック派です。

普段使いなら自立するバッグ、小さく折りたたむときは自立しないバッグ

わたしは、自立するバッグ、自立しないバッグなのかは必ず確認します。

特に大きめバッグで軽さを追求すると、自立しないバッグになりやすいです。

でも、大きめで自立しないバッグは、荷物がいっぱい入ってない状態でバッグを置くと、バッグがクタッとなってしまって、モノがごちゃごちゃしてすごく使いにくいです。

たくさん入るのに整理しにくいからすごいストレスでした。

ところで、バッグってお店では掛けてあったり、中に詰め物をしたりして、自立しそうに見えることも多いです。

なので、わたしは、自立するかどうかはお店でしっかり確認しています。

自立しないバッグの方がいい場合は……?

荷物が多い時に使う、折り畳み式のサブバッグだったら自立しなくていいと思います。

というより、自立しない方がかさばりにくく鞄自体も軽いことが多いので、バッグの中に折りたたんで入れても邪魔にならなくて便利!

なので、自立する、しないは目的に合わせて選ぶようになりました。

ボタンやファスナーが使いやすいかどうか

鞄のボタンの写真

かわいいけど、開け閉めしにくいバッグってあるんですよね。

それは、上の写真の「ねじをくるっとまわして開閉するボタン」。

ぴったり合わせないと開かない、閉じられないから、やっぱりひと手間かかる!と使ってみてほんとよくわかりました。写真、ちょっと傷がついてて恥ずかしい……

一方、ボタンは下の写真の磁石の力を使ったボタンだとすっごく楽です。

磁石で止めるボタン

大体の位置が合うと、すっと磁石の力で止まるので、ぴったりあわせなくても大丈夫なんですよ~。

ちなみに、ちょっと高めのカバンは、磁石の力を使ったボタン留めが多いような気がします。

ねじをくるって回す……と見せかけて、裏は磁石ボタンっていうパターンだったり。

それと、ファスナーの滑らかさも見ています。

細かいことのように思うかもしれないけれど、実際使うときは片手で開け閉めすることが多いから、簡単に開け閉めできないと本当に使いにくい!

特に急いでいるときにはイライラしちゃうんですよね……。

それと、たまにファスナーを開けた時に中が全部見えない(死角がある)バックも、使いにくいので選ばないようにしています。

バッグの重さは大きければ大きいほど、軽さ重視

わたしは、バッグが重いと結局あんまり使わなくなるタイプでした。

特に、ちょっと大きいバッグは重いとダメ。

というのも、大きいバッグはモノを入れるので重くなりやすいのに、その上バッグ自体が重いとさらに疲れます。

ところで、軽い方がいい!っていうと、ナイロンバックしか使わないの?ってたまに思われるんだけど、革バッグでも革の種類やデザインで重さが違うんですよね。

なので、まずは持ってみて使いやすい重さかどうかを一番最初に確認してます。

ちなみに、重いバッグと言えば、母からもらったCHANELのマトラッセ(上の写真のようなバッグ)。

すっごくかわいいんだけど、金チェーンのせいで重い……。

これは母からもらった特別なバッグなので断捨離しないけど、でも使うときは気合が入ってるときだけになってます(苦笑)

CHANELのマトラッセ、かわいくてすっごくわたしの好みなんだけど、自分では買わないな……ってしみじみ思いました。

さくら
でも、わたしと逆で「重くてもかわいいとすっごく使うタイプの人」だったら、重さにはあまりこだわる必要はないですよ~。

実際、マトラッセってすごく人気だから、重さよりも可愛さっていう人も多いはずなんです。

大事なのは、あくまで「自分の基準」を見つけることなので、わたしの基準は自分の基準を見つけるためのヒントにしてくださいね。

リュックサックを選ぶ時

わたしの場合、リュックサックも使いやすさ重視なので、下のようなリュックを基本的に選んでいます。

何がポイントなのかというと、ファスナーで開け閉めがすぐできるからです。

というのも、リュックの場合、下のような感じになっているモノがあります。

こういうタイプだと、中を取り出すときにステップ数が多くて面倒くさくてストレスがたまる~!

とはいっても、本格的な山登りをするときは、下のような「面倒くさい」タイプの方がいいです。

なぜなら、万が一山でファスナーが壊れたら、上のタイプは閉じなくなっちゃうからです。

でも、普通の日常に使う場合とか、高尾山などの簡単な山登りなら、ファスナーからすぐに物を取り出せるタイプが楽なので、そういうリュックを選んでいます。

さくら
ちなみに、最近人気なのが背面ファスナー&ポケットがあるリュック。背面にあると背負ったままお財布を取り出せるので便利です♪

背面ファスナーで一番人気なのは、上のアネロのリュックかな?街中でもすっごくよく見ます。

大きめバックを買うときは底を確認

ちょっと高めの大きめバックの時には、必ず底に鋲打ちがされているかどうかを確認してます。

その分、カバンは重くなるかもしれないけど、痛まないために重要です。

特に、かごバック系はこすれて痛みやすいので、ちょっと高めのを買うなら絶対あったほうがいいです。

まとめ

以上、わたしがバッグをたくさん断捨離して見つけた「使いやすいバッグの特徴」です。

わたし自身、使いやすいバッグの特徴をはっきり意識するようになったら、バッグの買い物の失敗がグンと減って、ヘビロテするバッグばかりになりました。

自分がどういうモノが好きかって、はっきり意識していないと忘れて同じ失敗を繰り返しがちです。

なので、わたしの経験がバッグを買うときの参考になったらうれしいです。

さくら
追記

断捨離でどうやって「使いやすいバッグの特徴」を見つけたかというと、下の記事の方法で見つけました。

買ったけれど着ない服ばかり。着る服だけお買い物をするコツ
...

自分でもやってみたい方はよかったら読んでみてくださいね。