現在、カスタマイズ中のため表示が乱れることがあります。

タイプ別!共働き・DINKS夫婦の家計管理方法。貯金・生活費の折半方法を紹介します。

結婚後の貯金・家計管理

結婚生活を始めるとき、DINKS(共働き)夫婦の貯金や生活費の負担はどうしたらいいのか、悩みますよね。

女性も一生働き続けよう。女性も輝ける社会にというけれど、女性は妊娠、出産、夫の転勤などで急に働けなくなるリスクが高いのも現実です

そのため、結婚した時からこのリスクを踏まえた方法を考えないと、女性が働けなくなった時に、急に家計がピンチになってしまいます。

そこで、どういう点を踏まえて貯金や生活費の分担を決めていけばいいのか?について、そのポイントを紹介したいと思います。

スポンサーリンク



共働き夫婦やDINKSで理想的なのは、夫の収入・妻の収入両方から貯金

DINKSや共働き夫婦の場合、「妻の収入分は貯金、夫の収入が生活費」という分け方をする場合があるけれど、夫の収入・妻の収入両方から貯金する方が安心です。

というのも、この方法だと、妻が働けなくなった場合に貯金がまったくできないというリスクを持っているからです。

ただし、妻の状況によっておススメする妻側の貯金額も変わっていきます。

仕事が続けられないリスクが高い妻の場合

特に、仕事を続けられないリスクが高い

  • 転勤族の妻
  • 妊娠、出産を希望している派遣社員さん

などの場合、妻の収入がなくなっても、夫の収入で「貯金して」暮らしていけるように、夫の収入からも貯金します

そのうえで、妻の収入の使い道は「予備費」+「貯金」

この方法が一番ベストです。なぜなら、妻が仕事を辞めざるを得なかった時に、急に生活を絞ろうと思っても難しいからです。

もしかしたら最初は大変で、予備費で生活費を補てんすることがあるかもしれません。

だけど、どう工夫したら赤字にならないのかな?とやっていけば、ちょっとずつ赤字を減らせるようになります。

すると、本当に仕事を辞めるときにはある程度準備ができているので困りにくくなります。

一方、DINK時代はお金に余裕があって楽しい時代。貯金ばかりじゃなく楽しむのも大事。

そんな時は、妻の「予備費」で楽しめます。

仕事を続けられる妻の場合

妻が仕事を続けられる場合、DINKSでずっと暮らすか、子供を持つかで大きく変わります

DINKSでずっと過ごす場合

DINKSでずっと暮らす場合、こども関係のリスクがありません。そのため、夫婦別財布のままでずっと生活しても大きい問題は起きにくいです。

ただし、DINKSでずっと暮らす場合は

  • 夫も妻もそれぞれ貯金する(どちらかだけにしない)
  • 配偶者の結婚「後」の貯金額を定期的に教えてもらうこと

が大事です。その理由について説明したいと思います。

夫も妻もそれぞれ貯金する(どちらかだけが貯金担当にしない)理由

子供がいない場合、夫だけ妻だけ貯金というのは、配偶者がなくなった時に相続の問題が起きるからです。

例えば、子供がいない夫婦で、夫と死別した場合、夫の財産は妻と夫の両親(両親がいなければ兄弟姉妹)と分けます。

つまり、夫だけ貯金しているという状態で夫が死亡した場合、夫の貯金の相続人は妻と夫の両親(あるいは兄弟姉妹)。

……これ、すごく困りますよね。なので、必ず夫も妻も貯金するように、そしてお互いそれなりの貯金をするようにしてください。

(ちなみに、遺言書があれば全財産を相続できるかというと、そうとは限りません。配偶者の両親は遺留分の請求ができるためです(兄弟姉妹は不可))

 

配偶者の結婚「後」の貯金額を定期的に教えてもらう理由

夫婦別財布の時の一番のリスクは、お互いが本当に貯めているのかどうかがわからないということ。

「貯めていると信じていたのに、相手は全然貯金していなかった」って……意外とありがちなんですよね。

「マイホームを買おう」となった時に、急に「なんで貯金してないの~!」となっても遅いです。

そういうリスクを減らすために、結婚「後」の貯金額は、名義はそれぞれでもどれぐらい貯めているのか?をきちんと共有するのがおススメです。

現在DINKSだけれど、将来、子供を産みたいと思っている場合

正社員でも子供がいる生活を望む場合はリスクがあります。

なぜなら、切迫早産・流産になりそうで退職(本来は退職せず、休職対応もできます)などの可能性などがあるからです。

そういうことを考えると、「夫の収入で生活費&貯金」「妻の収入は予備費&貯金」が一番ベスト。

ただ、仕事を辞めるリスクはあるといっても働き続けている人も多く、夫が転勤族の妻に比べればリスクはずっと低いです。

そこで、必ず起きるリスクに備えるのが現実的

それは何かというと、妻の収入減です。産休、育休、時短勤務になると妻の収入は必ず減ります

そのため、妻側の収入の支出は、多くても「出産、育児休業給付金で暮らしていける分の生活費の負担」まで

そこまでなら、子供を妊娠・出産して収入減の時は「妻の収入からの貯金はいったんお休み」でやりくりできるからです(夫の貯金は継続しつつ)。

参考までに、出産手当金は

もらえる金額は、日給の3分の2×休んだ日数分

育児休業給付金は

月給×0.67×育休として休んだ月数分(暦日ではなく1カ月30日で計算するので30日×6カ月=180日)。181日からは、月給×0.5×育休として休んだ月数分。最後の1カ月未満の月は日数分。受け取り上限額は支給率が67%の期間(180日・6カ月まで)は1カ月当たり28万4415円、支給率が50%の期間(181日以降)は1カ月当たり21万2250円となっています。(2016年10月現在)

出典:たまひよnet

これ以上の生活費の分担は分担しすぎです。

なぜかというと、産休・育休・時短で妻側の収入が減ったのに、夫がカバーしてくれないというケースが意外と多いからです。

夫側の気持ちを察すると、おそらく下のような気持ちなんだと思います。

  • 仕事に復帰するんだし、短期間だから別にいいよね?
  • 自分の自由に使えるお金が減るのが嫌

でも、産休・育休・時短勤務まで考えると、1年とかの短期間じゃありません。もっと長いです。

だから、産休・育休・時短勤務の収入減まで考えた分担は、自分のためにとっても大事なんです。

ちなみに、この方法のいい点はもう一つあって、生活費の分担割合に根拠があるため、説得しやすい点です。

ただし、場合によっては夫の分担がかなり多くなって説得が難しいかもしれません。

その場合は、「産休・育休・時短中に収入が減った時、助けてくれる?」という約束を会話の流れでしちゃいましょう。

約束が取れれば、独身時代の貯金を崩す可能性は低くなります(0と言えないのが悲しいけれど)。

話の中で、子育てが落ち着いてきてお給料も増えてきたら、夫側の分担部分を引き受けることを伝えれば、きっとわかってくれると思います。

DINKSの貯金額の平均は?

DINKS の世帯収入に対する貯蓄の割合の平均は約30%だそうです。

わたしたちは平均より貯蓄率は高いです。

ただ、個人的に心配しているのが、平均値って安心しがちで「これだけ貯めていれば大丈夫」って思ってしまうんですよね……。

でも、子供ができたら確実に支出は増えるのに、仕事を続けられるか?というと人それぞれ。

なので、平均値に安心せずに、仕事を続けられるリスクを含めて計画を立てるのがおススメです。

参考:わたしがした夫の説得

夫が転勤族なので、わたしは転勤妻。

結婚当初、夫の住んでいるところに引っ越したので寿退社をしました。ただ、幸い前の職場から仕事をもらって在宅で働けたので、いわゆる「DINKS」。

ただし、わたしの仕事は、仕事があれば1年ごとに契約更新するけれど、そうじゃなきゃ切られる不安定な仕事。ただし、それなりのお給料はいただいていました。

そして、ある時……

さくら
わたしの収入は予備費+貯金、あなたのお給料からも○万円貯金しようと思っているんだけど、どう思う?

と夫に切り出しました。夫の返事はというと

夫「そんなに貯金をしてどうするの?楽しむのも大事だよ?」

夫の考えは「わたしのお給料をほぼ丸ごと貯金していれば、夫のお給料で赤字にさえならなければそれで十分」でした。

夫の気持ちもよくわかります。わたしだって本音はそうしたい。でも、将来を考えるとどうしてもYESと言えませんでした。

さくら
ねえねえ、わたしの給与「だけ」を貯金源にしたら、わたしの収入が途絶えたら貯金ができなくなっちゃうよ?

わたしの仕事は基本的に在宅の仕事だったけれど、飛行機での出張も普通にありました。妊娠・出産になっても続けられるか、契約更新してくれるかは疑問でした。

さくら
わたしの仕事がいつまで続くかわからないのは知ってるよね?だから、仕事が続けられなくなった時のことを考えたい。
さくら
「楽しむお金」は「予備費」扱いでわたしのお給料から出せばいいでしょ?それなら、わたしの収入が途絶えた時に、「楽しむための費用は今はちょっと無理だよね」と言えるし、収入が減っても節約しやすいよ

わたしは転勤族の妻。今の仕事を辞めたら派遣やパートが精いっぱい。

いつまで働けるかもわからないし、出産後だって働けるかわからない。収入減のリスクは常に付きまとっています。

さくら
今は「共働きで子供なし(DINKS)」という一番お金のかからない時。ここで夫だけの給料で貯金ができなきゃ、子供ができたらもっとできないよ。だから、「わたし(妻)の収入がない前提」での生活にしたい。

ここまで話したら夫も納得してくれました。

夫がなかなか納得してくれなかった理由

やり取りをみてると、わたしが畳みかけるように夫を説得してます。つまり、夫の説得には苦戦したということです。

夫が納得しなかった理由はいくつかあると思うのですが、わたしが気がついた一つの理由に「共働きの夫婦の貯金の平均は30%」があります。

夫は、それで充分と考えていたため、わたしに貯金をしすぎと言っていました。

だけど、子どもができたら支出が増える上に、わたしも働けなくなるかもしれない(転勤族だから保育園も確保できるか微妙)。

そのことを分かっている?と伝えたら、そこで、ようやく平均よりも貯めなくてはいけないかも?と思い直してくれました。

平均って便利なんだけど、暮らしが「平均的」じゃない場合に大変。でも、みんな自分のことを普通だと思っているから、平均を信じちゃいがちなんですよね。

最後に、まとめ

結婚すると、お互いに自由に使えるお金が少なくなります。

最初に適当に決めてしまうと、環境が変わってもうちょっと負担してほしいとなった時に夫と妻で揉めることが多いです。

今も我慢しているのに、もっと我慢しなきゃいけないの?って。

だからこそ、新婚生活したての時期にしっかり決めるのが大事。

この時期は幸せな新生活のために必要なら納得しやすいのです。分担の根拠を持って話せば、夫も受け入れやすくなります。

「働けなくなる」「収入が減る」ことを考えながら、貯金額や生活費の分担を考えてくださいね。

そうすれば、実際にそうなった時にも慌てずに暮らせるから、幸せな家庭が長く続けられますよ♪