【結婚前の貯金どうする?】独身時代の貯金は共有しない。自分の貯金にした方がいい3つの理由

結婚後の貯金・家計管理
B子さん
結婚前に貯めた、独身時代の貯金はどうしたらいいんだろう?
C子さん
やっぱり二人で生活していくわけだし、共有してふたりのお金って考えた方がいいのかな?彼にも言われたし……

ちょ、ちょっと待って……!!

独身時代の貯金は共有しないで、自分のモノとして持っておきましょう。

A子さん
でも、なんか自分がケチみたいじゃない?

全然ケチじゃないです。

仲良く暮らすためにも、万が一のリスクを考えても、共有しない方がいいと経験上実感しています

我が家は、結婚前の貯金は共有してないのですが、本当にそれでよかったな~ってわたしも夫も思っています。

さくら
夫はもともと共有派だったのに。

ではでは、「結婚前の貯金を共有しない方がいい理由」について詳しく紹介するので、お役に立ったらうれしいです。

独身時代の貯金を共有しない方がいい3つの理由

1. 離婚

離婚する気はないけれど、人生何が起きるかわかりません。

万が一、離婚するときには自分のお金を持っていた方が絶対にいいですよね。

そもそも、結婚前に貯めた、独身時代の貯金を個人の財産にするのは法律的にもまったく問題がありません。

結婚「後」に築いた財産は二人のモノ=離婚時の財産分与の対象になるけれど、独身時代のモノは財産分与の対象にはならないんです(参考:下の裁判所のサイト)。

そう考えると、むしろ共有しない方がいいんですよ♪

ただし、注意点が一つあって独身時代に貯めたお金と結婚後のお金は明確に分けた方がいいです。

なぜかというと、一緒にしていると共有財産扱いにされることがあるからです。

参考までに弁護士さんの意見と実際にそういう目にあった方のブログを紹介します。

個人的な経験になりますが、裁判所は、婚姻前から保有していた預貯金であっても、生活費の出し入れに使っている口座に移した場合には特有財産性を失うと理解して分与対象財産に加えました。

不合理な扱いですが、裁判所の現状はそのようなものであると考えておいた方が無難です(このような考え方を採用しない裁判官に当たれば、ラッキーです。)。

出典:婚姻前の貯金が財産分与で取られるケース

A銀行、B銀行の口座は、夫婦の生活費や、車、家、つまり共有資産を購入するのに使ったものですね。

これらの残高は、夫婦で分割することになってしまうんですよ。

結婚前から貯蓄していたB銀行のお金は、私が結婚前に貯めていたものなのに!

共有財産とみなされて、分割されてしまったのです。

出典:財産分与で結婚前の貯金を分割された結果、貯金が27万円減った話

さくら
なので、独身時代のお金と結婚後のお金は一緒にしないようにしましょう

ちなみに、わたしは独身時代のお金と結婚後のお金は銀行口座を使い分けて区別しています。どんな風に使い分けているか気になる方はどうぞ♪

わたしの銀行口座の使い分け:全部で5つ。すべて必要な口座です。
...

2. 夫と死別(子供がいない)

子供がいない夫婦で夫と死別した場合、夫の財産は夫の両親(両親がいなければ兄弟姉妹)と妻で分けることになります。

もし、自分の独身時代の貯金を「共有口座(夫名義)」に入れてしまったら、そのお金は夫の遺産扱いされてしまいます。

しかも、「妻に全財産を相続させる」という遺言書があっても無理なんです。

配偶者の両親は遺留分の請求ができるためです(兄弟姉妹は不可)。

夫の独身時代の貯金ならしかたがないけど、自分の独身時代の貯金は絶対いやですよね。

ただでさえ心労で辛い時にそんな悩みを抱えたくありません。

なので、独身時代の貯金を共有しない方がいいです。

ちなみに、子どもがいる場合は「配偶者(妻)と子供が相続人」なのでこの問題は大丈夫です。

3. お互い仲良く暮らすために、自由に使えるお金があったほうがいいから。

すでに結婚した友人たちに独身時代の貯金はどうしたらいいか、聞いたことがありました。

すると、全員から「お互い独身時代の貯金はそのまま自分で持ってた方がいいよ!」と力説されました。

さくら
本当に、ものすごく力説されました(笑)

それは、離婚のためではなくて「自分の自由に使えるお金がないのはつらい」から。

確かに、ちょっと高い○○を買いたい、友人と旅行に行きたい、そういう出費にいちいち夫にお伺い立てるのなんて面倒くさそう。

しかも、自分が独身時代に稼いだお金なのに……。

わたしは、夫に反対されずに自由に使えるお金があったほうが絶対いいと思っているので、独身時代の貯金は共有せず、各個人のモノとしました。

結婚前に「独身時代の貯金も共有したい!」というカレを説得した話

そんなことを考えているわたしなので、もちろん独身時代の貯金はそれぞれのモノ派です。

ところが、夫は「独身時代の貯金も夫婦の貯金に!」派だったので、結婚前に少しだけもめました。

わたしの貯金を狙っているわけではありません。

「どうして分けるの?これから二人で暮らして、将来は家を買ったりするときにでも使うでしょ?」という、昔風の考え方の持ち主だったから。

だけど、独身時代の貯金を共有して夫婦の貯金にするのは、わたしにとってデメリットしか考えられません。だから、説得しようと思って離婚の話をしました。

そしたら「離婚するつもりなのか?」と怒られ、失敗(苦笑)

だけど、負けるわけにはいかないので、次に「自分の自由に使えるお金がないのはつらいよ」と説得したら、ようやく納得してくれました。

やっぱり決め手は「自由に使えるお金」ってところ。

夫も、いちいちわたしの許可がないと……というのはちょっと嫌だったみたいです。

結婚前の貯金を結婚相手に話すかどうか問題について

結婚前に、独身時代の貯金を相手に話すかどうか?もすごく悩みますよね。

わたしと夫はそもそも独身時代の貯金を共有していないから、話す必要がありませんでした。だから、きちんと話していません。

ただ、結婚生活も長くなり会話の中でポロポロ出てくることがあって、なんとなくお互いイメージはついています。

でも、そうなったのはお互いの金銭感覚が分かっているから。

結婚前とか結婚直後にいうのは、相手の金銭感覚がまだよく分からないのでちょっと怖いですよね。

そして、それは相手もきっと同じ気持ち。

だから「お互いに聞かない」という形が一番楽ですよ♪

【おまけ】結婚前の貯金を共有する派だった夫の「その後」の話

結婚して8年以上たった今、結婚前の貯金を共有する派だった夫でも

「独身時代の貯金は共有しないで自分のモノにしてよかった~」

と実は言ってるんです。

結局、あんなに反対していた夫にとっても「いいこと」だったっていう(笑)

やっぱり、自由に使えるお金があるって精神的にいいみたいです。

最後に、女性は何かあると経済的に弱い立場に追い込まれてしまいやすいので、独身時代の貯金を守ることは自分を守ることにつながっています。

だからこそ、結婚前の貯金は自分のモノにしていいんです。

もし、どうしても自分のモノに出来なかったら少なめに申告して、残りのお金をイザという時用にしておきましょう。