現在、カスタマイズ中のため表示が乱れることがあります。

わたしのサブカードの選び方&Suica付きクレジットカードを選ぶときの注意点

クレジットカードを上手に使うコツ

わたしはメインのクレジットカード(楽天カード)のほかにサブのクレジットカードも持ってます。

サブカードを選ぶ時、いろんな選び方がありますが、わたしはメインカードでポイントがつけられない分野にしました。

ポイントがつけられない分野は、きっぷなどの乗車券代。

電車系のクレジットカードはいろいろありますが、実家暮らしの時、JR東日本沿線だったので、わたしはSuica付きのクレジットカードにしました。

そして、Suica付きのクレジットカードにして本当に良かったな~と思ってます。

なぜなら、昔は首都圏エリアだけだったけど、利用範囲が広がってJR各社と一部の地下鉄やバスなども使えるようになって、転勤先や旅行先でも使える可能性がグッと広がったから。

(ちなみにPASMOも使えるエリアは広いけど、Suicaの方が広いです。例:北海道では、SuicaはKitacaとSAPICA、PASMOはKitacaのみ。)

Suica付きのクレジットカードは、ポイントの貯まり方が二通りあります。

便利なSuica付きカードだけど、実はSuicaの名のつくクレジットカードは大きく分けて二つの種類があります。そして、この二つはポイント還元が全然違うということを知っていますか?

カード一覧:ビューカード
JR東日本のクレジット「ビューカード」の全カード一覧をご紹介します。

ホームページに書いてある「その他カード(iiマークのあるカード)」は、Suicaチャージや定期券購入の場合、1~0.5%還元(提携会社のポイントサービスに基づきます)。

一方、その他のカード「以外」は、VIEWプラスが適用されて1.5%還元です。

1.5~3倍違います。すごく重要なことなんだけど、ホームページを見ても分かりにくいんですよね……。

というのも、ビューサンクスポイントのページには、「その他カード(iiマークのあるカード)」について一切触れていません。

駅でも街でも!ポイントを貯める:ビューカード
ビューカードのご利用で貯めたポイントの使い方、交換できる商品をご紹介します。

(ビューサンクスポイントは提携会社のカード(その他のカード)には関係ないから書いていないのだと思います)

そのため、Suicaの名のつくカードは交通費ならVIEWプラスが適応されると勘違いしやすくなってます。

(例えばANA VISA SuicaやイオンSuicaカードはその他のカードのため、適応されません)。

ちなみに、「その他カード(iiマークのあるカード)」のページでは、

ご利用で貯まるポイントは提携先の各カード発行会社のポイントとなります。ビューカードの「ビューサンクスポイント」は貯まりません。(VIEWプラスも適用されません。)

出典:http://www.jreast.co.jp/card/first/type2/

と書いてあるので、勘違いした方が悪いみたいな感じになっちゃうんですよね……。

結論としては、Suica付きクレジットカードで交通費のポイント還元を目的とするなら、その他のカード「以外」から選ぶのがおススメです。

(VIEW プラス以外の情報は見やすい&分かりやすいので、ホームページを見れば自分に合うのを選べますよ。)

カード一覧:VIEWカード

わたしが選んだのは、実質年会費が無料のビックカメラSuicaカード

VIEW プラスが適応される(交通費が1.5%還元)のSuicaクレジットカードはいくつかありますが、わたしは実質年会費無料の「ビックカメラSuicaカード」を使っています。

なんで「実質」年会費無料かというと、年1回使えば年会費無料になるから。

そして、1.5%還元のSuicaカードの中で年会費無料になるのはこれしかないからです。

わたしは年1回以上モバイルSuicaにチャージする際、このクレジットカードを使っているので、いつも年会費無料です(うれしいことにビックカメラでお買い物をしなくても大丈夫なのです)。

しかも、貯まったビューサンクスポイントはそのままSuicaへのチャージとして使えます

ちなみに、ビックカメラSuicaカードは普通のお買い物ではポイント1%還元。

いいかも!と思ったけれど、ポイントの内訳はビックカメラポイント0.5%+ビューサンクスポイント0.5%。

ビックカメラポイントの使い道がちょっと困るので(Suicaに変えられるけど、そうすると還元率は下がる)、あくまで交通費のためのカードとして使って、普段は楽天カードを使っています。

あ、そうそうビックカメラでお買い物をする時はすごく還元率が良くなるので、そういう時にはおススメですよ。

詳しくはビックカメラSuicaカードのホームページを見てみてくださいね。

ビックカメラSuicaカード

以上が、Suica付きクレジットカードの選び方のポイントと、わたしが使っているSuica付きクレジットカードの紹介でした。

イオンSuicaカードや ANA VISA Suicaカードなどは「その他カード(iiマークのあるカード)」のため、有名なわりに1.5%還元ではないので気を付けてくださいね。