クレジットカードの使い過ぎ防止に必要な二つのルール【追記あり】

クレジットカードを上手に使うコツ
A子さん
クレジットカードって無駄遣いしそうで怖い!でもポイントがたまってお得だから気になる……

そんな風に思っている方、実はクレジットカードって「二つのルール」を守るようにすると、使い過ぎを防げます。

というのも、わたし自身、26歳まで貯金0っていう立派な(苦笑)浪費家女子だったのですが、このルールを守ることでクレジットカードを上手に使いこなせるようになったからです。

実は、昔のわたしは、自分が信じられなくて社会人になってもクレジットカードを作りませんでした。

だって、絶対使いすぎちゃう!!世の中にはカワイイものがありすぎる!!

でも、お得だよ~って言われるから気になって気になって。

そこで、自己破産したくないから、自分なりに二つのルールを決めて使うようにしたら、今まで一度も「クレジットカードの支払いが怖い!」って思わずに、使いこなすことができました

実は、とっても簡単なルールです。

でも、なんでできるようになったんだろう?って自分を振り返ってみたら、意外と「人のこころの癖」を抑えていたことに気がつきました。

そこで、昔のわたしと同じように悩んでいる人も、この二つのルールでクレジットカードの使い過ぎ防止ができるんじゃないかな?って思ったので、わたしがやってるルールを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

クレジットカードの使い過ぎ防止に必要な二つのルール

クレジットカードの使い過ぎ防止に必要なルールはたった二つ。しかも、どちらもシンプルなルールです。

どんなルールかというと…

  • 支払いは1回払い(手数料のかからない分割払い・ボーナス払いも×)
  • クレジットカードで支払ったお金は、口座にすぐ入金

このたった二つのルールを守ることで、クレジットカードの使い過ぎは防げます。

もしかしたら、あまりにシンプルすぎるルールなので、ちょっと信じられないかもしれません。

そこで、この二つのルールを守るだけで使いすぎないのか?どうして、使い過ぎを抑えることができるのか?の理由を説明したいと思います。

支払いは1回払いを守ると使い過ぎを防げる理由。

「1回払い」のみなのは手数料の問題ではありません(余分な手数料を払うのはもちろんダメだけど)。

だから、ボーナス払いや手数料がかからないことが多い2回払いなどもダメです。

なぜかというと、

分割払い・リボ払い・ボーナス払いは欲望をコントロールしにくくするからです。

分割払い・リボ払い・ボーナス払いは利子が問題というより、欲望をコントロールできなくなることが問題

分割払いやリボ払い・ボーナス払いをするときには、

『しばらく、欲しいものが買えなくても我慢する!!』

こう決意しているはず。これからの支払いがあるから頑張ろう!って。

誰も支払いのことを考えないで買うとはわたしも思いません。

でも……本当に我慢できますか?

残念ながら我慢できるとは限りません。

だって、さっき買ったものより「もっと」欲しいものだったら?

我慢ができませんよね。絶対に買ってしまいます。

実は、分割払いやリボ払い、ボーナス払いを使うようになると、自分の欲望をコントロールしにくくなるのです。

つまり我慢できなくなってしまうのです。今、手元にお金がなくても買えることを味わってしまうと。

だけど、1回払いなら「自分の持ってるお金の範囲」で使うことを意識します。

お金がなきゃ買えません。

そして、「お金がない時は買えない」「買わない」って小さい時からやっていること

つまり、もう身についているため、それは誰でもできます。

なので、1回払い限定で使うのなら、クレジットカードの使い過ぎを防止できます。

分割払い、リボ払い、キャッシングがクレジットカード破産の道につながる理由

意識してないかもしれないけれど、ボーナス払い、リボ払い、分割払いを使うということは、「お給料は下がらない」「ボーナスは必ずもらえる」っていう前提の行動です。

例えば、今年のボーナスがないかも?と思ってる人は、普通ボーナス払いでお買い物はしませんよね?さすがに。

でも、会社の業績=お給料は自分の力だけではコントロールできません。

ボーナスやお給料が下がる可能性はあるのに、分割払い、リボ払い、ボーナス払いをする。

この行動はとっても矛盾しています。

だから、最初はなんとか返せていても、収入が減ってしまったときに、気がついたらクレジットカード破産への道に進んでしまっているのです。

でも、1回払いにする、そんなシンプルなルールでカード破産の危険性を避けることができます。

使ったお金は口座にすぐ入金すると使い過ぎを防げる理由

クレジットカードを使ったらすぐクレジットカードの口座に入金しましょう

そもそもお金は買うときに支払うもの。

本来であれば、品物・サービスを先に手に入れておいて「お給料が入ったから支払います」といって、OKしてくれるお店なんてないです。

しいて言えば、常連になった飲み屋さんのつけぐらい?

つまり、クレジットカードは、普通とは違うお金の支払い方なのです。

これをきちんとわかっていないと、クレジットカードの限度額=自分のお金と錯覚してしまいがち。

そこで、一番シンプルなお金の使い方の基本「物を買ったときは、お金を払う」というルールをクレジットカードに応用すると、

「クレジットカードを使ったらすぐ口座に入金」です。

そういうルールを作ると、お金がない=買えないということになり(そもそも、本来はお金がなきゃ何も買えません。)、使いすぎも防げます。

「クレジットカードの引き落としに入金が間に合えばいい」ではなくて、品物を買ったら今ある手元のお金で支払う。

たまたま、クレジットカードで後から請求が来るだけというようにするのが使いすぎを防ぐコツです。

※ 初めはあまりカードを使ってなかったので、使うごとに入金してましたが、今はカードを使う頻度も増えたので、カード入金用のポーチにお金を入れて月一回まとめて入金しに行ってます

二つのルールでクレジットカードの使い過ぎは防止できます。

クレジットカードを使ったことがないと、

「クレジットカード破産になったらどうしよう!」

「使いすぎたらどうしよう!」

と何となく不安かもしれません。

でも、わたしは上記のルールを守っているおかげで、クレジットカードを使っていても使いすぎず、ポイントでたくさんお得なことがありました。

なので、クレジットカード会社の思惑(リボ払いや分割払いの誘惑)に乗らないためにも、上記のルールを使ってお得なところだけいただいちゃいましょう♪

さくら
追記

クレジットカードをすでに使い過ぎてる人は、2つのルールにプラスして、無駄遣いを減らす方法も知っておいた方がいいと思うので、一緒に紹介します。

下の記事では無駄遣いしなくなるコツについて書いてあるので、よかったら読んでみてください。

クレジットカードを使って小銭貯金♪「おつり貯金」のススメ。
...

それと、クレジット用家計簿のつけ方について知りたい人は、下の記事をどうぞ!

クレジットカード用家計簿のおススメなつけ方。手書き&ノートで支出を管理するコツ
...