家計管理&貯金に役立つ無料テンプレート

【初心者向け】クレジットカードの使い過ぎ防止に必要な2つのルールとは?【練習方法も紹介】

おすすめクレジットカード&使いすぎないコツ
昔のさくら
昔のさくら

クレジットカードを使ってみたいけど、使い過ぎとかやっぱり怖い💦。なんかいい練習方法とかあればいいんだけど

まね
まね

クレジットカードは2つのルールさえ守れば使い過ぎないから大丈夫だよ。不安なら、固定費の支払いのみにして練習するといいよ。

実はクレジットカードは、2つのルールさえ守れば使い過ぎません。

そうはいっても、初めてだしちょっと不安……という人は、固定費専用のカードにして練習から始めれば安全。

というのも、固定費=家賃、水道光熱費、定期代などは、クレジットカードでも無駄遣いが増える出費じゃないし、クレジットカードを持ち歩かなくてもいいからです。

なので、クレジットカードを使ってみたいけど使い過ぎが心配っていう人は、二つのルールを守りつつまずは固定費で練習するのがおすすめです。

そこで、このページでは

  • クレジットカードを使い過ぎない2つのルール
  • クレジットカードの練習(固定費の支払い)におすすめのクレジットカード

この二つを紹介します。

わたし自身、浪費家だったにもかかわらずこの2つのルールのおかげで使い過ぎずにクレジットカードが使えるようになりました✨

ルールと言ってもホントに全然難しくないので、ぜひやってみてくださいね。

クレジットカードの使い過ぎ防止に必要な二つのルール

使い過ぎ防止の2つのルール
  • 支払いは必ず一括払い(手数料がかからないボーナス払い、2回払いなども不可)
  • クレジットカードを使ったら、その分のお金はすぐに抜く

実は、クレジットカードはこの二つのルールさえ守れば、使い過ぎません。

昔のさくら
昔のさくら

えー。こんなことで大丈夫なの?

まね
まね

大丈夫だよ。なぜならこの二つのルールは「人のこころの癖」を抑えているからね

では、なんでこの二つのルールを守るだけで使いすぎないのか?の理由を説明します。

1. クレジットカードの使い過ぎを防止したいなら、一括払いを必ず選択する

クレジットカードで「一括払い」のみに限定する理由は、手数料がかからないからではありません。

実は、一括払い「以外」の支払い(分割払い・リボ払い・ボーナス払い)は欲望をコントロールしにくくするからです。

というのも、分割払いやリボ払い・ボーナス払いをする時って

昔のさくら
昔のさくら

支払いも続くし、当分の間は節約して我慢しなくっちゃ💦

こう決意します。支払いも続くから頑張ろう!って。

誰も支払いのことを考えないで買いません。

まね
まね

でも……本当に我慢できるのかな?

残念ながら我慢できるとは限りません。

だって、さっき買ったものより「もっと」欲しいものだったら?

……我慢ができませんよね。絶対に買ってしまいます💦

つまり我慢できなくなってしまうのです。手元にお金がなくても買えることを味わってしまうと。

だけど、一括払いなら「自分の持ってるお金の範囲」で使うことを意識します。

お金がなきゃ買えません。

「お金がない時は買えない」「買わない」って小さい時からずーっと、それこそ20年以上やっていること

もう身についているため、分割払いなどを経験さえしてなければ誰でもできます。

そのため、一括払い限定で使うとクレジットカードの使い過ぎを防止できます。

【断言】クレジットカードを使い過ぎて破産する原因は、分割払い、リボ払い、ボーナス払い

クレジットカードで破産する原因は、ボーナス払い、リボ払い、分割払いです。

なぜなら、ボーナス払い、リボ払い、分割払いは、「お給料は下がらない」「ボーナスは必ずもらえる」っていう前提の行動だからです。

例えば、今年のボーナスがないかも?と思ってる人は、ボーナス払いでお買い物はしませんよね?

でも、ボーナスやお給料って、自分の想像通りにはいかないです💦

突然下がったり、最悪もらえない……ということがありえます。

ボーナスやお給料が下がる可能性はあるのに、分割払い、リボ払い、ボーナス払いをする

The 矛盾。

この矛盾のせいで、運が悪いことが重なるとクレジットカード破産への道に進んでしまうんです。

でも、「一括払いにする」そんなシンプルなルールでカード破産の危険性を避けることができます。

クレジットカードの使い過ぎ防止をしたいなら、カードを使ったらすぐ口座に入金する

クレジットカードを使ったらすぐクレジットカードの口座に入金しましょう

なぜなら、お金は買うときに支払うもの。

本来であれば、品物・サービスを先に手に入れておいて「お給料が入ったから支払います」といって、OKしてくれるお店なんてないです。

しいて言えば、常連になった飲み屋さんのつけぐらい?

つまり、クレジットカードは普通とは違うお金の支払い方なので、これを普通の現金払いと同じにすればOK。

そのために、「クレジットカードを使ったらすぐ口座に入金」することが必要なんです。

このルールがあれば、お金がない=買えないということになり(そもそも、本来はお金がなきゃ何も買えません)、使いすぎも防げます。

「クレジットカードの引き落としに入金が間に合えばいい」ではなくて、品物を買ったら今ある手元のお金で支払う。

たまたま、クレジットカードで後から請求が来るだけというようにするのが使いすぎを防ぐコツです。

まね
まね

ちなみに、使うたびに入金でもいいけど、頻度が多くなったらカード入金用のポーチを用意して月1回まとめて入金するとラクだよ。

本当にシンプルな二つのルールなのですが、このルールさえきっちり守れば使い過ぎを心配しなくても大丈夫。

わたし自身、ルールを決めてからかれこれ10年以上たっているのですが、支払いに困ったとか一切ありません

クレジットカードの練習のためにも、固定費の支払いの時にはぜひこの二つは守るようにしてみてください。

クレジットカードの使い過ぎ防止の練習(固定費の支払い)におすすめな初心者向けのクレカは?

クレジットカードの練習(固定費専用)にぴったりカードの条件は下の4つ。

  • 年会費無料
  • できれば高還元(せっかく作るので)
  • クレジットカードを持ち歩く必要がない
  • ついクレジットカードを使いたくなるような仕組みになってない

いろんなクレジットカードがあるけれど、この条件を一番満たすのはリクルートカードです。

リクルートカードがおすすめな理由
  • 年会費無料カードの中で一番高還元(1.2%)
  • ポイントを使う時でもクレジットカードを持ち歩く必要がないので、お財布にカードを入れなくても大丈夫
  • 楽天カードよりも無駄遣いしにくい

リクルートカード公式サイト

  • 年会費:無料
  • ポイント還元率は1.2%
  • ポイントの使いやすさ:pontaポイントに交換、リクルートサービス(hotpepperなど)のみ
まね
まね

年会費無料カードの中で最高還元率の1.2%なので、初心者向けだけどポイントも貯まりやすいよ。

年会費無料カードの中で一番高還元(1.2%)

リクルートカードは還元率1.2%。年会費無料の中では一番高還元です。

まね
まね

固定費の支払いだけ比較するなら、楽天カード(1.0%)よりも貯まりやすいよ

ポイントを使う時でもクレジットカードを持ち歩く必要がない

リクルートカードで貯まる「リクルートポイント」は

  • リクルートのサイトで予約時にポイントを使う(hotpepper、hotpepper beauty、じゃらんなど)
  • pontaポイントに交換(webサイトから、pontaカードに移行)

上の2つの方法で使います。

そのため、ポイントを使う時でもリクルートカードが不要=お財布に入れておかなくていいので、ついカードを使っちゃった💦ということが起きません。

まね
まね

お財布にクレジットカードが入ってるとちょっと誘惑されやすいけど、そもそも入ってなければ使えないから、現金生活と一緒だね。

【参考】リクルートカードのデメリット。ポイントの使い道が少ない

ちょっとここでリクルートカードの唯一のデメリットを紹介すると、ポイントの使い道が少ないこと。

というのも、リクルートポイントの使い道は「リクルートサービス」と「Pontaポイント交換」のみ。

使い道の少なさは、他のカード(例えば楽天カード)と比べても、正直見劣りします💦

ただ、Pontaポイントは、ローソンでのポン活ができる……!!

ポン活とは

少ないポイントでお菓子やのみものが買えたりする(例:50ポイントで200円相当)、ローソンでのポイント活動のこと。

ローソンが職場や家の近くにあるなら、超お得✨

また、ポン活ができなくてもpontaは1ポイント=1円で

  • ローソン(普通にお会計時に利用する場合は1ポイント=1円)
  • ライフ(スーパー)
  • ケンタッキー
  • ココス
  • すき屋
  • GEO(レンタルショップ)
  • シェル(ガソリンスタンド)
  • 丸善ジュンク堂書店

などでも使えるので、貯まったポイントが無駄になっちゃった💦ということにはならないかなと思います。

ついクレジットカードを使いたくなるような仕組みになってない

楽天カードは楽天で使えば使うほどお得=固定費専用にしてても使いたくなるので、実はクレジットカードの練習には向きません。

まね
まね

楽天カードは、キャンペーンを組み合わせるとポイント10倍、20倍になったりするからね💦

一方、リクルートカードは、リクルートサービスでちょこっとお得だけど、使う場面がそもそも少ないし、アップするポイントも数%

なので、ポイントのためにカードを使いたい!っていう気持ちになりにくいので、固定費専用のカードに向いています。

まとめ:クレジットカードは2つのルールを守れば使い過ぎない。お得なところだけカード会社からいただこう

クレジットカードって使ったことがないと「使い過ぎるかも」ってつい避けてしまうけど、2つのルールさえ守れば使い過ぎは心配しなくて大丈夫!

このルールのおかげで、わたしは、クレジットカードのおトクなところだけをちゃっかりいただいてるので、ぜひ真似してみてください。

最後に、クレジットカードの練習用(固定費専用)のカードとしては

  • 年会費無料
  • できれば高還元(せっかく作るので)
  • クレジットカードを持ち歩く必要がない
  • ついクレジットカードを使いたくなるようになってない

という4つの条件を満たすのが大事(特に3番目と4番目)。

他のカードでもいいけれど、この条件に一番当てはまるのが#リクルートカードなので、迷ったらコレにすると安心して練習できるかなと思います。