おススメの小銭貯金2:小銭貯金をするなら「貯金シート(ぬりえ貯金)」がおススメ。

スポンサーリンク

やっている人も多い小銭貯金。

そのまま貯金箱に入れるだけでもいいけれど、いつの間にか忘れてやらなくなっちゃう、という人には「貯金シート(ぬりえ貯金)」を使って貯金するのがおススメです。

貯金シート(ぬりえ貯金)とは?

貯金シート(ぬりえ貯金)とは、1~好きな数字まで(例えば1~250)を書いた紙を用意し、貯金箱に入れた金額と同じ数字分を塗りつぶすという小銭貯金方法です。

1~250と書いたけど、数字は1~300でも、1~200でも、1~365でも好きな数でOKです。

実際のやり方としては、50円入れたときは、「50を塗りつぶす」「26と24を塗りつぶす」など、合計で50の数字になるように塗りつぶします。

貯金シート(ぬりえ貯金)がおすすめな理由1:達成感があるので、続けやすい。

この方法をおススメするかというと、何となく貯金箱に小銭を入れるより、貯金シート(塗りつぶし貯金)の方が、はっきり目に見えるので達成感があって楽しいから。

ちなみに、1~250の数字で全部塗りつぶすと、31,375円貯まります。

約3万円とちょっとした金額になるのと、大きすぎない数字なので達成しやすく、バランスがよくて、わたしはこの数字でやることが多いです。

貯金シート(ぬりえ貯金)がおすすめな理由2:やろうと思ったときに、すぐできます。

500円玉貯金だと、500円玉がなければできません。でも、この貯金シートは財布の中の好きな金額を適当に入れればOK。

だから、やりたいな~。やろうかな~と思ったときに、すぐできるので「やり時」を逃しません。これって続けるうえではとっても大事なことなんです、意外と。

貯金シート(ぬりえ貯金)を成功させるコツ

誰でもできる、簡単な貯金シート(ぬりえ貯金)ですが、うまくつづけるにはコツがあります。

それは、初めの時(やる気があるとき)は、大きめの数字を先に塗りつぶしていくこと。

例えば170円なら、先に170を塗りつぶす。そうすると、残っていくのは小さい金額なので、辛いときや、中だるみの時でも小さい金額が残るから続けやすくなります

逆に、先に小さい数字を積極的に塗りつぶしていくのはおススメしません。一見、同じ金額でもたくさん塗れて、達成感がすぐ出やすいと思っても。

なぜなら、少額のお金を入れるときに、塗りつぶす項目がないということになってしまい、実は続けにくくなってしまうからです。

(つまり、小さい数字はなるべく塗りつぶさないように大切に取っておくのがポイントです。)

その点だけ注意すれば、楽しく貯金できると思います。よかったら、やってみてくださいね。

追記

筆記用具メーカーのZEBRAさんで、365日貯金というかわいい貯金シート(ぬりえ貯金)がありました。1~250も作ってほしいな~。

ZEBRA手描きで楽しむ「ぬりえ貯金」
もぐさんとコラボレーションしたオリジナルの「365日貯金シート」と「200日貯金シート」の 2種類を公開中。

365日貯金という名前だと毎日やらなきゃいけない?と思っちゃうけど、それは気にせずに、数字だけお借りする感じでOKです♪

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
スポンサーリンク

フォローする