現在、カスタマイズ中のため表示が乱れることがあります。

わたしの銀行口座の使い分け:全部で5つ。すべて必要な口座です。

日記

わたしは全部で5つの銀行口座を持っています。

5つと聞くとちょっと多いと思うかもしれませんが、「独身時代のお金」と「結婚してからのお金」「引き落とし口座」を完全に分けているために、この数になりました。

せっかくだから銀行だけじゃなくて、わたしが「なぜその口座を作ったのか?」「どういう風に使っているのか?」も一緒に書くので、参考になったらうれしいです。

スポンサーリンク



引き落とし用の口座(ゆうちょ銀行

独身時代からずっと持っている口座。ちなみに、なんで引き落とし専用の口座を持っているかというと、二つ理由があります。

理由1:貯金と分けたかったから

普通預金のお金が足りなくなった時に、自動的に定期預金から補てんしていつの間にか貯金が減っていく……というのを避けたくて(なんといっても、元浪費家だから、自分が信じられなくて(笑))。

理由2: 他の銀行印と完全に分けたかったから

クレジットカードや引き落とし口座の書類を書くときに押印しますが、定期預金と同じ印鑑にしたくありませんでした

銀行印を持ち歩いてなくすことだってあるかもしれないし。

この二つの理由で、独身時代からクレジットカード専用口座をつくっています。

ところで、この口座には災害時用に+10万円ぐらい入れています

なぜなら、ゆうちょ銀行では災害時にちょっとだけ引き落とせるし、日本全国どこにでもある銀行。転勤族には心強いです。

ゆうちょ銀行及び郵便局では、被災者の皆さまに対する非常取扱い(通帳・証書等や印章を無くされた方に対する、おひとりさま20万円を限度とした通常貯金の払戻しなど)を実施しています。

引用元:http://www.jp-bank.japanpost.jp/information/news_index.html

あと、もう10万円入れておこうかな……と思いつつ、まだ10万円です。

結婚してからのお金:銀行口座は二つ

結婚してからのお金=家庭のお金を入れる口座たちです。とはいっても、わたしの収入分のみ。

つまり、わたしの独身時代のお金は含まないし、夫の収入も含みません。

お給料口座(みずほ銀行

わたしの「結婚後」のお給料はみずほ銀行に入ります。ある程度たまったら定期預金の口座(住信SBI銀行)に預けかえています。

50万円以上の預金があれば振込手数料が月1回無料。これはとっても便利。

例えば、月1回、立て替えた分を「家で」自分のおこづかい口座(楽天銀行)に振り込む(みずほのインターネットバンク経由)なんてことができるから。

ちなみに、三大メガバンクで振込手数料無料の条件が一番ゆるいのは、今のところみずほ銀行です。

定期預金の口座(住信SBI銀行

結婚後(家庭)の定期預金は、住信SBI銀行に預けています。

他行宛ての振込手数料が条件によって月1回~無料なので、お金の移動が必要な時は振り込みで対応します。

スマートプログラム - ランク判定条件|住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行のスマートプログラムにおけるランクの判定条件について。まずは簡単に自分のランクがわかる、「判定チャート」をお試しください。

わたしのお金(へそくり口座):銀行口座は三つ

わたしの独身時代の貯金&おこづかいを管理している口座たちです。

独身時代の定期預金の口座(ソニー銀行

独身時代のへそくりは、ほぼソニー銀行にまとめています。

引き出したいときはソニー銀行のwebサイトから楽天銀行に振り込んで、楽天銀行から下ろすようにしています。

月1回までなら振込手数料は翌月キャッシュバックなので、1回なら手数料がかかりません♪)

普段持ち歩いているキャッシュカードの口座(楽天銀行

普段持ち歩くキャッシュカードは楽天銀行のキャッシュカード

そして安全対策のために一緒にスキミング防止カードを入れています。

普段の銀行口座の使い方

基本的には、楽天銀行とゆうちょ銀行を主に使っています。

そして、月1回みずほ銀行のwebサイトにログインして立て替えた分を振り込むという使い方なので、そんなに大変じゃないです。

住信SBI銀行とソニー銀行は、定期預金キャンペーン時&必要な時のみ気にしています。

こんな感じなのですが、参考になれば幸いです。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
日記
わたし*スタイル