現在、カスタマイズ中のため表示が乱れることがあります。

食費・日用品が赤字になる!赤字を防ぐ「ちょっとしたコツ」を紹介します。

結婚後の貯金・家計管理

主婦になって実感したのは、「食費・日用品費」の節約って難しい!ということ。

だけど、一般的に食費・日用品費の節約が難しいとはあまり思われていないように思います。

どちらかというと、「家事(特に料理)が苦手だから、食費や日用品費が節約できない」と思っている人が多いと思います。

でも、違うんです。料理が苦手だから、節約料理ができないからではありません。

正確にいうと、月1万円の食費でバランスよく!おいしく!ってなると確かにスキルがないと難しいです。

でも、普通の「食費・日用品費」レベルの管理なら、料理のスキルよりもっと原因があります。

食費・日用品費は支出が安定しないから節約が難しい

食費・日用品費の節約が難しい理由は、支出が安定しないからなんです。

例えば、日持ちする食品や日用品が底値になっていると、まとめ買いをする。当たり前ですよね、安く買えて節約できるんだから。

だけど、これを頻繁かつ無計画にやってしまうと、「節約」になったとしても「家計管理」のハードルがグンと上がります

そして、「これを分かっているかどうか?」が、上手に家計管理できるかどうかの大きい分かれ道になります。

なぜかというと、これを分かっていないと、下のような行動をとってしまいがちだからです。

……うーん、これってどう考えても、うまくやりくりできないサイクルだと思いませんか?

食費・日用品費をうまく管理するコツ

上のサイクルを抜け出すためには、食費・日用品費の支出を毎月、安定させることがとっても大事。そのコツをご紹介したいと思います。

1. まとめ買い・ストック用の予算を取っておく

普通の食費・日用品費でカバーすると厳しくなる、まとめ買いやストック用の予算を取っておきます。

安い時、あるいは在庫がなくなる時は、自分でタイミングを選べません。そのため、対応できるように予算を取っておくのです。

まとめ買いの時はそのお金を使えばいいし、まとめ買いをしない余裕のある時はその予算を補充するようにお金を回します。

こうやって別にお金を取っておくことで、予算を使ったときに「来月は補充しなきゃな~」って思います。

すると、お給料が入ったらすぐ補充するため、「余裕があるから、ちょっと○○買っちゃおうかな♪」なんて思わなくなります。

さらに、まとめ買いで予算が苦しくなりすぎないので、ストレスもたまりません。

結果、無駄遣いをしにくくなるんです。

2. ストックは持ちすぎない

ストックは持ちすぎないというのも大事。

極論ですが、例を出したいと思います。

安い~と言ってたくさん洗剤を買いました。いずれ使うから無駄ではないし、お得!!

だけど、次の日の食費がもうありません。

そんなことをする人はいませんが(笑)、突き詰めて考えればまとめ買いやストックをたくさんして、家計が苦しいと言っている人は上記と似たことをしている人なんです。

お金がたくさんあるなら別ですが、入ってくるお金には限りがあるので、今、使うものにお金を使った方がいいですよね?

なので、よく節約系の雑誌でストックをたくさん持っている家庭に対して、ストックを使っていきましょう。ストックはあまり持たないようにしましょうと言っているのは、そういうこと。

ついついストックを買いすぎてしまうという人は、安い時に買うのは大事なことだけど、お金で持っておくのも大事ということを忘れないようにしてくださいね。

ここをしっかり分かってないと、ストックを持ちすぎてしまっての赤字!になりやすいです。

そして、今、流行りののシンプルライフ・ミニマムライフを目指したら、家計管理が楽になった!赤字にならなくなった!というのも、この点が改善されるからです。

食費・日用品費は丸山さんの5週間やりくりが便利

上記のことを考えると、食費・生活費の管理は丸山晴美さんの1ヶ月を5週間で考えて予算配分する、5週間やりくりが一番やりやすいと思ってます。

5週目は予算が余るので、自然と1.のまとめ買い・ストック用のお金にとっておくことができます。

また、週で予算が決まっているので、予算内に収めようとするから、ストックを買いすぎることがないからです。

ちなみに、わたしは「1ヶ月を10日ごとに分ける+まとめ買い・ストック用の予算を取っておく」でやりくりしています。

ただ、最近、丸山晴美さんの5週間やりくりはいい方法だな~って思っているので、来月から変えてやってみようかな?と思ってます。

おまけ:小さい赤ちゃんがいる方へ

小さい赤ちゃんがいる方は、赤ちゃん関係の予算は日用品費ではなく「子供費」として別枠で考えた方がやりやすくなります。

普通の食費、日用品は一つ辺り数百円ですが、おむつとか粉ミルクなどは一つが千円~数千円。扱うお金の桁が違います。

扱うお金の桁が違うと、予算でどれぐらい買えるかがイメージしにくくなります

例えば、日用品の予算に子供費を入れていた場合、予算が余っているように見えても、粉ミルクを1~2個買っただけで数千円が簡単に吹っ飛び、一気に予算がなくなる……というようなことが起こります。

そのため、赤ちゃん関係は食費や日用品と一緒の管理は難しいので、分けるのをお勧めします。

以上が食費・日用品費が難しい理由と、うまくやりくりするコツを紹介しました。今まで苦手だった方の参考になったらうれしいです。

コメント