現在、カスタマイズ中のため表示が乱れることがあります。

電子マネーを使いすぎてしまう人へ。使い道を限定して、無駄遣いを防止しよう。

赤字を減らす方法

わたしは楽天Edy、Suica、WAONの電子マネーを使っています。

だけど、使ってみて改めて思うのは、電子マネーってお金を使った感覚があまりないですね。

「お財布のお金が減らないから、使い過ぎちゃう」ということを避けるために、ちょっとだけ工夫していることがあります。

それは、各電子マネーは、一つの用途のみに限定していること。

各電子マネーを一つの用途のみに限定して使っている理由。

電子マネーはお金を使っている感覚がなくなりやすいけれど、それは「何でも」買えることが原因の一つです。

使えるからと言って電子マネーで「何でも」買ってしまうと、結局、お金を「何に」「いくら」使ったのかが見えにくくなります。

見えにくくなると管理がしにくくなって、無法地帯になります。すると、それが使い過ぎの原因になりやすいのです。

さらに、電子マネーは少額の支払いに使うことも多いです。だから、余計に無法地帯になりやすいのです。電子マネーの分まで細かく家計簿をつけている人も少ないし。

(わたし自身、面倒くさがり屋なので電子マネーの分までは家計簿をつけていません。)

だから、家計管理しにくくなるので電子マネーを使わないという選択もあるのですが、やっぱり「ちょっとだけ」とはいえ、お得なのも気になる(笑)

そんな葛藤の中、こうすれば大丈夫!とわたしが工夫して考えたのが「各電子マネーを一つの用途」に限定して使うこと。

わたしが実際にどんな風に使っているか?を知ったほうがイメージしやすいと思うので、わたしの使い方を紹介します。

さくら流の電子マネーの使い方

楽天Edy

楽天Edyは現金をチャージして使うのではなくて、楽天カードや楽天市場のポイントをチャージして使っています。

使い始めて数年たっているけれど、いまだに現金チャージは1度もしていません(楽天会社からすると、いいお客さんじゃないかも(苦笑))。

なぜかというと、楽天Edyはわたしのちょっとした支出用のためだから。

なるべくコンビニでは買わないようにしているけれど、たまに飲み物を買ったりおにぎりを買ったり。そういう時に、ポイントならおこづかいを減らさずに買えるからうれしい!

楽天ポイントは、(期間限定ポイントはできないけれど)楽天Edyに変えると、コンビニなどいろんなところで使えるので便利に使っています。

Suica

JR、バスなどの交通費のみにしています。

Suicaでジュースや本等も買えるけど、お金で払うようにしています。というのも、交通費は必要経費。ジュースや本などは「必要経費」じゃない。

必要経費の中に必要経費じゃないのが入ってくると、混乱のもと。ちょっとだけと思っていても、ちりも積もればでいつの間にか1,000円、2,000円に。

交通費だけなら使い過ぎを心配する必要はないので、5,000~10,000円分をまとめてチャージしています。

WAON

主にイオン系スーパーを利用しているので、WAONを使っています。スーパー用なので食費&日用品費限定。コンビニなどいろんなところで使えるけど、使わないようにしています。

チャージするときは大体5~7日分ぐらいの金額をまとめてチャージしています。というのも、1か月分まとめてチャージすると、気が大きくなって使いすぎてしまうからです。

まとめ:電子マネーを使って損をしないために

電子マネーがいくらお得と言っても、だいたい200円で1円分のポイント。0.5%のお得です。

銀行の利子に比べたらすごくお得だけど、1,000円使っても5円、10,000円使っても50円分のポイントです。

冷静に考えると、「お金の管理がうまくできなくて、使いすぎてしまう方がよっぽど損」だと思いませんか?

だから、わたしの場合「電子マネーで払えるけど、あえて払わない」ということも多いです。それは一見、損しているように見えるかもしれません。

だけど、それは「損ではなくてちょっとお得じゃなかった」だけ。

お金の管理がしやすい方が使い過ぎを防げて、ずっとお得です。

電子マネーを使っているけど、使いすぎてしまってうまく使いこなせないという人は、この点を見直してみてくださいね。