現在、カスタマイズ中のため表示が乱れることがあります。

頑張って貯金していたけどリバウンド。その原因は「間違った赤字補てん方法」かも?

無駄遣いを減らす方法

貯金を頑張ってやってきたけど、ある時我慢ができなくなってリバウンド!

そんな経験はありませんか?

もしかしたら、そのリバウンドの原因は「赤字の補てん方法」にあるかもしれません。

リバウンドしやすい赤字補てん方法とは?

やりくりをしていく中で、「○○予算が赤字」になることがあると思います。

その時に、やってしまいがちなのは、「洋服代」「美容費」「趣味代」と言った「大好きなモノ」たちの予算から赤字を補てんすること。

実は、この「赤字の補てん方法」がリバウンドの原因なのです。

というのも、これらの項目を犠牲にばかりしていると、ストレスがたまって、思わず衝動買いをしてしまいやすいからです。

大好きなモノの予算を守る努力をしないと、リバウンドしやすい理由

とはいうものの、赤字になったら、大好きなモノの予算を削ろうと考えるのが、普通だと思います。

なぜなら、「絶対に必要なものではない。」と分かっているから。

だけど、そのせいで「悪いサイクル」に入りやすくなります。どういうサイクルかというと……

これを繰り返すうち、「我慢ばっかりで節約なんてできない!」になっちゃうんです。

なので、楽しく貯金をするために「大好きなモノの予算」はきちんと決めて、その予算は絶対に死守しようと思ってほしいのです。

なぜなら、「かわいいお洋服のため」「大好きな趣味のため」、絶対この予算は死守するぞ!!そのために、他では無駄使いしないように頑張るぞ!っていう気持ちなら、他のことを我慢しやすいと思いませんか?

大好きなモノを簡単に犠牲にしないことが大事

「大好きなモノたち」は必要なモノではないから、赤字が出ると真っ先に&簡単に犠牲になります。

「ここの予算を減らせばいいか。」って。

でも、我慢すべきは「大好きなモノたち」の予算じゃない。努力するべきなのは、他の予算で赤字を出さないように工夫すること

好きなモノの予算を決めたのなら、好きなモノの予算は絶対赤字の補てんにしない!と強い気持ちを持ってほしいです。

「大好きなこと」のためになら、きっと頑張れるはずだから。

もっと言うと「大好きなこと」のためじゃないと、頑張るのは難しい

だから、一見逆にも思えけれど「好きなモノの予算を死守しようとすること」こそが、他の予算の赤字を防げるコツです。

「大好きなモノのために頑張る」ということを忘れないでくださいね。

追記

万が一予算が赤字になった時はどうしたらいいの?と思ったと思うんですが、そういう時は「赤字補てん用」として用意した予算から出します。

下の記事に赤字補てん用の予算について書いたので、興味がある方はどうぞ♪

貯金が成功する近道はゆとりの予算。やる気があってもゆとりを作ろう。

コメント