現在、カスタマイズ中のため表示が乱れることがあります。

袋わけは簡単?大変?袋わけで予算を守るコツ

赤字を減らす方法

わたしは予算管理に「袋わけ」を使ってます。

袋わけとは、各予算ごとに袋に入れて管理するという方法です。

袋わけだと、各予算のお金が見えるので使い過ぎを防ぎやすくなります。

あとどれぐらい残っているかな?とかがリアルにわかるし、少なくなってきたら、ちょっと我慢しようって自然と思えるようになるからです。

とはいうものの、あっさりできたのではなく、わたしなりに工夫してできるようになったので、ここでわたしの工夫を紹介したいと思います。

初めに、わたしが考える袋わけのデメリット

  • 予算を分けても、結局貸し借りをしあって、ごちゃごちゃしてしまう!
  • おでかけする時に、複数の袋を持ち歩かないといけない。

わたしにとってのデメリットは、この二点でした。

例えば、美容院に行ってお買い物するときは、「美容院代」と「お洋服代」と「交通費」はかかります(時間によっては外食費も)。

そこで、この二つの問題を解決するために取った方法をご紹介します。

袋わけを成功させるための方法

給料日に予算全部をおろし、両替する。

ATMからお金をおろしたら、一万円札の両替を同時にしておきます。細かくしないと袋に分けにくいからです。

OL時代、お給料日のお昼休みはいそいそと銀行に行ってました。(引き出した後は、ちょっとリッチなランチを食べに行ってました。楽しかったなぁ……。)

100 円、1000円単位で各予算を管理。

例えば、1,980 円を支払ったら、2,000 円を使ったことにしていました。残りの20円は小銭貯金に回します。

ざっくり分けることで、袋へのお金の出し入れもシンプルに!

よく使う予算は専用財布を作り、お財布から直接支払う。

OL時代、わたしはランチ代はランチ専用のお財布を持っていました。

なぜなら、いつも使っているお財布にランチ代を入れてしまうと、雑費(おこづかい)と一緒になってしまうので使いすぎてしまうのです。

そこで、対策としてランチ用の専用財布を作ったのですが、管理がすごく楽になりました。

というのも、ランチの時に「あとどれぐらいある? 厳しいからお弁当作ろうかな?」など、残りのお金を見てすぐに判断できたから

わたしは、ランチ用のお財布に一ヶ月分のお金をまとめて入れるタイプだったけど、お金があると使いすぎてしまう人は一週間分ずつ、あるいは二週間分ずつに分けてお金を入れるといいと思います。

ちなみに、主婦の今は、食費と日用品のお金を「生活費専用のお財布」に入れてお財布で管理しています。

あまり使わない項目は、「使うときに」普段のお財布に入れる。

専用財布をたくさん持つのも大変。一方、袋わけの袋を使うのも微妙です。

だったら、あまり使わない予算については、予定があるときに普段使うお財布に入れればOK

たまにのことなので、記憶に残りやすいからきちんと管理できます。そして、レシートを取っておいて、家についたら残りの予算を袋に戻していました。

多少金額がずれた場合、あるいは最初から「小銭は小銭貯金に回す」ようにすると、すっきり管理できると思います。

美容費、洋服代などはカード払いにすると、袋わけの管理は楽!

実は、袋分けでは、美容費や洋服代などのたまにしか使わない項目は、カード払いにすると楽です。

なぜなら、家で、ゆっくりお金の整理ができるので、お店でもスマートにお買い物できます。

また、カード払いでは店員さんも必ずレシートを渡してくれるし、自分もレシートもきちんと取っておくから、忘れることがありません。

しかし、支払ったお金の端数が原因で、予算がぐちゃぐちゃになりやすいです。

そこで、カード払いの時はわたしは基本的に「繰り上げて」1,000円単位で管理しています。

そうすることで、すっきり整理できるようになりました。

いつも他の予算から借りて、わけがわからなくなっちゃう場合

いつも他の予算から前借してしまって、わけがわからなくなっちゃう場合は、そもそもの予算の決め方を見直すのをお勧めします。

つまり「袋わけ」より「予算の決め方」の方に問題があるということ。

例えば、「食費」と「日用品」で分けて袋を作っている場合、普段から食費と日用品を別のお店で買っているのなら、袋(予算)を分けても大丈夫です。

でも、食費と日用品を同じ店で買っていたら……ぐちゃぐちゃになりやすいです。

だったら、いっそのこと「食費と日用品」で一緒の予算(袋)にした方が管理は楽になります。

また、ある予算のお金が少なくて毎回前借をしているなら、その項目の予算はアップさせるか、自分でどうしたら節約できるか?と考えて工夫する必要があります。

そうじゃないと、毎回赤字になってしまうだけなので……。

袋わけは、あくまで「予算が目に見えること」で心理的に使い過ぎを減らすことができるツール。どんな予算でも守れるようになるツールではありません。

毎回足りないのなら、それは予算が足りないと考えて増やす。予算を増やせないのなら、しっかりとその予算に関する節約を考えます

袋わけがいいと聞いて、ただ漠然と袋わけをし続けるだけでは、毎回、前借でぐちゃぐちゃになってしまうので気を付けてくださいね。